Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ しげきよ うたがわ 歌川 重清浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
 ☆ 慶応元年(元治二年・1865)    ◯『歳成記』風鈴山人著 玉家如山蔵板 乙丑仲秋(慶応元年八月)刊   (国立国会図書館デジタルコレクション)◎は難読文字( )は本HPの注記   〈当時人気のあった浮世絵師や戯作者などを吉原細見に擬えて格付けしたもの〉   〝浮世屋絵四郎 〈浮世絵師〉    (一段目)清満(不明)   貞秀 おふなぐら 芳虎 京ばし   芳艶 ほん丁         国貞 ほんじよ  広重 中はし   芳幾 すは丁   国周 ひもの丁    (二段目)芳藤 下や    芳年 中はし   国輝 おふなぐら 房種(不明)         芳豊 ◎大き◎丁 芳春 あさくさ  芳盛 下や    国久 やなぎ原         国孝 やなぎ原    (三段目)国時 芳富 重次 重清 芳延 芳滝 艶豊 艶政 幾丸 幾年     やくしや/にがほ/むしや/めい/しよ/けしき/女ゑ/合くはん     かはりゑ/ゑでほん/かき入/きはもの/かんばん/あふぎ     (役者 似顔 武者 名所 景色 女絵 合巻 変わり絵 絵手本 かき入? 際物 看板 扇)     やりて せり(遣手 ?)〟    〈明治元年刊『歳成記』参照〉  ☆ 明治元年(1868)    ◯『歳成記』風雷山人著 玉家如山蔵板 戊辰仲冬(明治元年十一月)刊   (国立国会図書館デジタルコレクション)※◎は難読文字( )は本HPの注記   〝浮世屋絵四郎    (一段目)貞秀 芳虎 芳幾 芳年 国周 国輝 国貞 国明    (二段目)芳春 芳盛 芳藤 房種 重次 広重 重清 国久 一豊 国歳 芳富     (三段目)芳延 国時 国玉 芳豊 芳信 艶長 幾丸 年晴 周延 年次     かぶろ/おい/らん/どう/ちう/すがた/大に/しき/がう/くわん     げたい/なかみ     (禿 花魁 道中姿 大錦 合巻 外題 中味)     やくしや/にづら/大くび/丸◎/めい/しよ/けしき〟     (役者 似顔 大首 丸◎? 名所 景色)     やりて く◎り(遣手 ?)〟    〈慶応元年刊の『歳成記』より格付けが上がっている〉  ☆ 明治七年(1874)  ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」明治年刊(国立国会図書館)    重清画『近世義士銘々伝』口絵・挿絵 重清 川村敬一郎 豊文堂(7月)    ☆ 没後資料    ◯『浮世絵師人名辞書』(桑原羊次郎著・教文館・大正十二年(1923)刊)    (国立国会図書館「近代デジタルライブラリー」所収)   〝重清 一世広重門人、栄斎と云ふ〟    ◯『浮世絵師伝』p80(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝重清    【生】           【歿】    【画系】初代広重門人    【作画期】安政~明治    野沢氏、俗称定吉、一栄斎、或は栄斎と号す、浅草吉野町二十五番地に住せり。東京市街の風景画あり〟    ◯「幕末明治の浮世絵師伝」『幕末明治の浮世絵師集成』p89(樋口弘著・昭和37年改訂増補版)   〝重清(しげきよ)    野沢定吉、栄斎と号す。広重の門人、その作画期は相当の長いらしいが、今日残されている作品は極め    て少ない。しかし価値高い明治開化絵がある。没年不明であるが、明治十七、八年頃まで生きていたら    しい〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    収録なし