Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
☆ せっせん つきおか 月岡 雪僊浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
(泉山松月・月岡幡羽(ばんう)参照)
   ☆ 天保四年(1833)    ◯『無名翁随筆』〔燕石〕③320(池田義信(渓斎英泉)著・天保四年成立)   (「堤等琳」の項、三代目堤等琳門人)
    「堤等琳系譜」 (クリックすると系譜が出ます)     〝雪僊【本町一丁目、本宅ト云、泉山松月】〟    ☆ 天保十五年(弘化元年(1844))    ◯『増補浮世絵類考』(斎藤月岑編・天保十五年序)   (「三代堤等琳」の項)
    「堤等琳系譜」 (クリックすると系譜が出ます)     〝月岡幡羽 本町住 字本庄と云、盃猪口の画をかけり 川島雪斎門人となる 天保四年春なり 後月岡         雪僊と改む 久世侯の絵師となる 画法師等琳の筆意をつたふ          金吹町住 嘉永中剃髪〟  ☆ 嘉永三年(1850)    ◯『【江戸文人】芸園一覧』「画家」〔人名録〕②322(畑銀雞編・嘉永三年三月刊)   〝金吹町 月岡雪僢〟      ◯『【現存雷名】江戸文人寿命付』〔人名録〕②347(畑銀雞編・嘉永三年刊)   〝月岡雪僢 月雪のながめにまさる君が画は江戸の花ともいふべかりけり 大極上々吉、寿九百年 金吹    町〟    ☆ 没後資料      ◯〔「国書基本DB」収録なし〕    〈「国書基本DB」は雪仙名で二作品をあげている。文化四年序、芳宜陸可彦著・飯田備編の随筆『有の儘』(東春嶺     と共作)と文化九年の『筆花芳叢』である。作画は前者のみ。後者は書である。この雪仙は月岡雪仙と同人ではある     まい。また『近世人名録集成』所収『【安巳新撰】文苑人名録』(安政四年刊)等に「画雪僊【名潔、字伯直、号清     乎堂】浅草南馬道 月岡雪僊」と記載される雪仙とも別人であろう。こちら浅草の雪仙の『近世人名録集成』記事に     ついては同項目の「せ」を参照のこと〉