Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ いちらく 一楽浮世絵師名一覧
〔未詳〕
 ☆ 安政元年(嘉永七年・1854)     ◯「合巻年表」(〔東大〕『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(安政元年刊)※角書は省略    一楽画(見返しの画工担当)    『釈迦八相倭文庫』二十九編 歌川国貞画 見返し 一楽    万亭応賀作 上州屋重蔵板     『教草女房形気』  十三編 国貞画   見返し・袋 一楽画 京山老人作 山田屋庄兵衛板    〈この国貞は二代目。この一楽は歌川の門流、初代国貞の門人か。二代目歌川国清に一楽斎の号がある。     同人のような気もするが判然としない〉    ☆ 安政二年(1855)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(安政二年刊)※角書は省略    歌川国清画(見返し・袋の画工担当)    『釈迦八相倭文庫』三十二編 歌川国貞画  見返し 国清 万亭応賀作    『足利絹手染紫』  十六編 歌川国貞画  見返し 国清 仙果作                十七編 一寿斎国貞画 袋   国清 松亭金水作    〈以下は確信はないが、国清と同人の可能性もあるので載せた〉    一楽画(見返しの画工担当)    『釈迦八相倭文庫』三十編 一寿斎国貞画 見返し 一楽 万亭応賀作    『教草女房形気』 十四編 国貞画    見返し 一楽 京山    国喜世画(袋の画工担当)    『教草女房形気』 十五編 梅蝶楼国貞画 袋 国喜世 京山     〈袋の画工「国喜世」を国清と同人とみて載せた〉    喜世画(見返しの画工担当)    『釈迦八相倭文庫』三十一編 歌川国貞画 見返し 喜世 万亭応賀作             三十二編 歌川国貞画 見返し 喜世 万亭応賀作             三十三編 歌川国貞画 見返し 喜代 万亭応賀作    楽斎画(袋の画工担当)    『足利絹手染紫』十六編 歌川国貞画 袋 楽斎 仙果作    〈国清・国喜世・喜世・一楽・楽斎、すべて同人と思われるが、確証はない。参考までに載せた〉  ☆ 明治二十年(1887)  ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」(明治二十年刊)    一楽画『敵討天下茶屋』口絵・挿絵 一楽 編者不詳 春雲堂他(4月)    〈上掲の一楽と三十年以上もの開きがあり同人とも思えないが、参考までに載せた〉  ☆ 明治二十三年(1890)  ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」(明治二十三年刊)    一楽画    『若緑』二冊 口絵・挿絵 一楽  曲山人 金盛堂(4月)