Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ ぶんめい おく 奥 文鳴浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
 ☆ 寛政六年(1794)    ◯「読本年表」(寛政六年刊)    奥文鳴画『源平盛衰記図会』西村中和・奥貞章(文鳴)画 秋里籬島作〔目録DB〕    ☆ 寛政九年(1797)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(寛政九年刊)    奧村文鳴画『東海道名所図会』六巻 秋里籬島編 小林新兵衛他板〔漆山年表〕     浪速竹原春泉斎画・江戸蕙斎政美・法橋艸偃・石田友汀写・下河辺維恵写・法橋中和     金門画史狩野縫殿助藤原永俊・原在正写・小斎素絢・訥言・栢友徳画・駿陽張安画     洛東大雅堂餘夙夜。円山主水・木応受・月渓写・文鳴・画所預土佐守光貞     泉州池田之士幣垣図・駿府鬼卯写・光安画・駿府陶山平知白写・蘇英林・東渓     伊予権守専顕・高若拙・蒲生踊魚    ☆ 寛政十一年(1799)     ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(寛政十一年刊)    奥文鳴画    『都林泉名所図会』五巻 法橋佐久間草偃 法橋西村中和 奥文鳴源貞章 秋里籬島著 吉野屋為八他板〔漆山年表〕    ☆ 文化六年(1809)     ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(文化六年刊)    奧村文鳴画『孝悌喩草』二冊 文鳴 児島頤斎著 娑々岐摠四郎板〔漆山年表〕     〈〔目録DB〕は書名を『喩草』とし「明和序・文化六刊」画工名は不記載〉    ☆ 文化十一年(1814)     ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(文化十一年刊)    『京城画苑』一帖 吉田新兵衛板〔漆山年表〕     素絢・原在明・豊彦・江漢司馬・芦洲・法橋正胤・応受・景文・松堂・白瑛・岸卓堂・     孝敬・南岳・玉◯・文鳴・琦鳳・壺仙・珉和・竹堂・古秀。月峯・応瑞・呉春    ☆ 没後資料     ◯『増補浮世絵類考』(ケンブリッジ本)(斎藤月岑編・天保十五年(1844)序)      〝奥村文鳴  名 万禩  京師人  応挙に学ぶ  高手也〟    ◯『古画備考』三十上「近世二」中p1257(朝岡興禎編・嘉永四年四月二日起筆)   〝奥文鳴 字萬キ(衣偏+冀)、平安人、受業於応挙、謹守其法、精密細工、有師風、嘗写源氏譚図、賦    色美麗、布置有来歴【画乗要略】    赤松氏、名貞章、字叔凞、号栖霞【名字録】    能書ナリシガ、惜哉早ク没セリ【天保二八、田中氏話】    (補)[署名]「文鳴」〟    ◯『古今墨跡鑒定便覧』「画家之部」〔人名録〕④231(川喜多真一郎編・安政二年春刊)   〝奥文鳴【字ハ万キ、平安ノ人、応挙ニ画ヲ学ンデ能ク其法ヲ守レリ】    〔署名〕「文鳴」    〔印章〕「文鳴」・「貞章之印」    ◯『本朝古今新増書画便覧』「フ之部」〔人名録〕④346(河津山白原他編・文化十五年原刻、文久二年増補)   〝文鳴【奥氏、字ハ万キ、号ハ(空欄)京師人、画ヲ応挙ニ学ビ、能ク其法ヲ守ル】〟    ◯『新増補浮世絵類考』〔大成Ⅱ〕⑪234(竜田舎秋錦編・慶応四年成立)   〝奥村文鳴    名は万キ(示+冀)、京師の人、画を応挙に学ぶ〟   〝浮世画師にあらねども、(中略)名所図会の指画ある故に爰に録す〟    ☆ 明治以降    ◯『扶桑画人伝』巻之四 古筆了仲編 阪昌員・明治十七年八月刊   (国立国会図書館デジタルコレクション)   〝文鳴    奥氏、名ハ貞章、字ハ万キ(示+冀)、陸沉斎文鳴ト号ス、通称順蔵ト云フ、京師ノ人ナリ。応挙ニ学ン    デ能ク其画法ヲ守レリ〟  ◯『日本美術画家人名詳伝』上p125(樋口文山編・赤志忠雅堂・明治二十五年(1892)刊)   〝奧文鳴    名ハ貞章、字ハ萬キ(示+冀)、文鳴ハ其号、陸沉斎ト号ス、通称順蔵、京師ノ人、円山応挙ニ学ビテ、    其ノ画法ヲ得タリ(画乗要略)〟    ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)   〝文鳴(メイ)    京師の人、奥村氏、応挙の門人、名所図会、◯文化〟    ◯『狂歌人名辞書』p193(狩野快庵編・昭和三年(1828)刊)     〝奥文鳴、名は貞承、字は万禧、通称順蔵、京都の画家、応挙門下十哲の一人なり、文化十年十月廿三日    歿す〟    ◯『浮世絵年表』(漆山天童著・昭和九年(1934)刊)   ◇「寛政九年 丁巳」(1797)p161   〝十一月、北尾政美・竹原春泉斎・其他浮世絵師にあらぬ、石田友汀・西村中和・原在正・山口素絢・田        中訥言・円山応挙・同応受・月渓・奥文鳴・土佐光貞・佐久間艸偃・下河辺維恵・狩野永俊・        大雅堂余夙夜の挿画に成れる『東海道名所図会』出版〟        〈大雅堂余夙夜は二世大雅堂・青木夙夜〉    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   〔奥文鳴画版本〕    作品数:2点    画号他:貞章・奥貞章・奥文鳴    分 類:読本1・地誌1    成立年:寛政6・11年(2点)      『源平盛衰記図会』読本・秋里籬島作・西村中和、奥貞章画       寛政六年 (1794)刊    『都林泉名勝図会』地誌・秋里籬島作・西村中和、佐久間草偃、奥文鳴画 寛政十一年(1799)刊