Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
☆ ほくしゅう かつしか 葛飾 北秀浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
   ☆ 文政四年(1821)    ◯『洒落本大成』二十七巻   ◇洒落本(文政四年刊)    北斎・北秀画『東海探語』署名 口絵「前北斎為一筆」美芳埜山人著                   挿画「かつしか北秀筆」「戴藻舎北秀筆」    ☆ 天保二年(1831)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(天保二年刊)    葛飾北秀画『養生一言草』初編一冊 葛飾光秀画 景山八隅中立述〔漆山年表〕            〈〔目録DB〕初版は文政八年刊とする〉    ☆ 没後資料    ◯『古画備考』三十一「浮世絵師伝」中p1410(朝岡興禎編・嘉永三年四月十七日起筆)   〝戴藻斎北秀 前北斎門人、神田社頭〟    ◯『葛飾北斎伝』p330(飯島半十郞(虚心)著・蓬枢閣・明治二十六年(1893)刊)   (葛飾北斎の門人)   〝葛飾北秀 江戸の人。名は経正。『絵入養生一言草』を画く〟    〈『養生一言草』は天保二年(1831)刊〉    ◯『浮世絵師便覧』p206(飯島虚心著・明治二十六年刊)   〝北秀(ホクシウ) 葛飾を称す、北斎門人〟    ◯『浮世絵師伝』p178(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝北秀    【生】           【歿】    【画系】北斎門人      【作画期】文政~天保    葛飾を称す、名は経正、如柳及び戴藻舎と号す、摺物あり、北斎が戴斗時代の門人なり〟    ◯『浮世絵年表』(漆山天童著・昭和九年(1934)刊)   ◇「天保二年 辛卯」(1831) p209   〝正月、葛飾北秀の画ける『養生一言草』出版〟     △『増訂浮世絵』p242(藤懸静也著・雄山閣・昭和二十一年(1946)刊)   〝北秀 名は経正、江戸の人。北秀成一と署名したものがある〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   〔葛飾北秀画版本〕    作品数:2点    画号他:葛飾北秀     分 類:洒落本1・医学1    成立年:文政4年・天保2年(2点)      『東海探語』 洒落本 美芳野山人作 葛飾北斎、葛飾北秀画 文政四年(1821)刊    『養生一言草』医学  八隅立翁著  葛飾北秀画      天保二年(1831)刊