Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
☆ びざん たけのうち 竹内 眉山浮世絵師名一覧
〔天明元年(1781)~ 嘉永7年(1854)7月21日・74歳〕
 ☆ 天保初年(1830~)    ◯『江戸現存名家一覧』〔人名録〕②308(天保初年刊)      〈当時現存の「画家」として名があがる〉    ☆ 天保三年(1832)    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(天保三年刊)    竹内眉山画『俳諧歌彼賀古登集』一冊 竹内眉山画 淮南堂・秋長堂・四方滝水撰〔目録DB〕      ☆ 天保四年(1833)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(天保四年刊)    竹内眉山画『戯劇百人一首闇夜礫』一冊 画工眉山竹孫 四方滝水序 鱗斎鱸戯述 保永堂板〔漆山年表〕           (天童按 眉山ハ竹内也、保永堂主人ならん、述者越谷大人)     ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇合巻(天保四年刊)※角書は省略    竹内眉山画『御大相志目多発鬻』眉山画 十返舎一九(二世)作 竹内孫八〔目録DB〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』)   ◇狂歌(天保四年刊)    竹内眉山画『狂歌百人一首闇夜礫』一冊 葦原眉山画 越谷山人編 保永堂版〔狂歌書目〕     ☆ 天保八年(1837)    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(天保八年刊)    竹内眉山画『職人尽花月集』一冊 眉山画 四方滝水・風月庵編〔目録DB〕     ☆ 天保年間(1830~1843)    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』)   ◇狂歌(天保年間刊)    竹内眉山画『俳諧歌六々画像集』一冊 眉山画 秋長堂・四方滝水編 六船亭版〔狂歌書目〕    ☆ 嘉永二年(1849)    ◯『【現存雷名】江戸文人寿命付』初編〔人名録〕②335(嘉永二年刊)   〝竹内眉山 面白く画かける筆のはたらきは東一とや人のいふらん 極上々吉、寿七百五十年 霊岸嶋〟    ☆ 没後資料    ◯『浮世絵師伝』p124(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝東一 眉山の別号〟      ◯『浮世絵師伝』p163(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝眉山    【生】           【歿】    【画系】          【作画期】天保    竹内氏、俗称孫八、別に東一と号す、江戸霊岸島塩町に住し、地本錦絵問屋を業とせり、即ち彼の広重    の傑作「東海道五十三次」の版元保永堂の主人なり。     彼が画く所の人物画(大錦横絵)数枚及び、天保三年版の『俳諧歌六々画像集』、同四年版の『御大相    志目多発鬻』、同年版の道化百人一首『闇夜礫』等を見るに、其の画風四條派の影響を受けたるが如き    点あり、且つ時勢粧を主とせざる画風なれば、これを浮世絵師とするは当を得ざれど、少数ながら版書    の作もあり、又広重との関係もあれば、姑くこゝに収録しつ。彼の作品は天保三年乃至同七八年頃に止    まり、風景を主としたるものは殆ど絶無なり、唯だ一つ「江戸名所の内、隅田堤のさくら」と題する大    錦三枚続は、例外として広重風の手法を模したり。     天保八年平亭銀鶏の著せし『【現存雷名】江戸文人寿命附』初編には彼を左の如く紹介せり、以て多少    画名ありしを知るべし。     『画』竹内眉山     面白く画かける筆のはたらきは東(アヅマ)へとや人のいふらん     極上々吉寿七百五十年〟    ◯『浮世絵年表』(漆山天童著・昭和九年(1934)刊)   ◇「天保四年 癸巳」(1833) p211   〝正月、竹内眉山の画ける『戯劇百人一首』出版〟    〈『戯劇百人一首』とは「日本古典籍総合目録」の『狂歌百人一首闇夜礫』(越谷山人編・葦原眉山画)に相当するか〉    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    作品数:5点    画号他:竹内眉山・葦原・葦原眉山・眉山    分 類:狂歌4・合巻1    成立年:天保3序・4・8年(4点)(天保年間合計5点)      〈竹内眉山は広重の「東海道五十三次」を出版したことで知られる保永堂の経営者〉