Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ はるあき 治明浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕 (石斎国保参照)
 別称 石斎国保 通称 瀬尾文五郎  ☆ 明治十七年(1884)  ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」(明治十七年刊)    治明画    『御伽話因果小車』 口絵 治明・挿絵 治明 年信 関屋孝橘 金桜堂(3月)    『七種草紙温故実譚』口絵・挿絵 治明 何誰亭今夢 武田平治(9月)  ◯「近代書誌・近代画像データベース」(明治十七年刊・国文学研究資料館)    治明画『本朝名将鑑』挿絵 治明 菅谷与吉 日吉堂(5月届)〈表紙木板色摺・挿絵銅版・豆本〉  ☆ 明治十九年(1886)  ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」(明治十九年刊)    治明画    『雲切仁左衛門之記』口絵・挿絵 治明 編者不詳 誾花堂(11月)(角書「大岡仁政録」)    〈初版は明治18年か。これはその別製本〉  ☆ 明治二十六年(1893)  ◯『浮世絵師便覧』p204(飯島虚心著・明治二十六年刊)   〝治明(ハルアキ) 瀬尾氏、名は文五郎、後に国保、◯明治〟    ☆ 明治三十一年(1894)  ◯『浮世絵備考』(梅本塵山編 東陽堂 明治三十一年六月刊)   (国立国会図書館デジタルコレクション)(89/103コマ)   〝石斎国保【明治元年~三十年 1868-1898】    瀬尾氏、通称文五郎、初名治明、後ち国保と改む〟  ◯『浮世絵師伝』p59(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝国保    【生】       【歿】    【画系】      【作画期】明治    瀬尾氏、俗称文五郎、石斎と号す、初名治明、深川西森下町に住す、俳優似顔絵あり〟  ☆ 昭和以降(1926~)    ◯「幕末明治の浮世絵師伝」『幕末明治の浮世絵師集成』p91(樋口弘著・昭和37年改訂増補版)   〝治明(はるあき)    瀬尾文五郎、日清戦争の絵を描く。その後は国保と改めた〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    収録なし