Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
☆ えいり れきせんてい 礫川亭 永理浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
 ☆ 天明八年(1788)    ◯『洒落本大成』第十四巻   ◇洒落本(天明八年刊)    礫川亭永理画『青楼五雁金』署名「礫川亭ゑひりのふて」梅月堂梶人(梅暮里谷峨)作    ☆ 寛政二年(1790)    ◯『洒落本大成』第十五巻   ◇洒落本(寛政二年刊)    礫川亭永理画?『染抜五所紋』署名なし 礫川亭永理画? 梅月堂梶人(梅暮里谷峨)作    ☆ 文化四年(1807)    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』)   ◇狂歌(文化四年刊)    礫川亭永艃画    『狂歌蓬莱集』二冊 武川永艃・後素亭空言画 玉光舎占正撰 和泉屋庄次郎外五名連記〔狂歌書目〕    ☆ 文化六年(1809)    ◯「艶本年表」(「国文研・艶本」は「艶本資料データベース」)   ◇艶本(文化六年刊)    礫川亭永理画『図本婦美枕』色摺 大判組物 十二の内九枚〔国文研・艶本〕    ☆ 文化十四年~十五年(1817~18)    ◯『【諸家人名】江戸方角分』(瀬川富三郎著・文化十四年~十五年成立)   (「小石川」合い印「画家 本」)   〝永理 礫川、(又)一指ト改 丸田橋 宇田川五左エ門〟    ☆ 没後資料    ☆ 明治年間(1868~1911)    ◯『古代浮世絵買入必携』p2(酒井松之助編・明治二十六年(1893)刊)   〝礫川亭永理    本名〔空欄〕   号〔空欄〕   師匠の名〔空欄〕   年代 凡八九十年前    女絵髪の結ひ方 第八図 (国立国会図書館 近代デジタルライブラリー)    絵の種類 並判、中判、小判    備考   落款を仮名にて(エひり)と一字の如く書きたるものあり〟    ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)   〝永理(リ)    礫川亭と号す、一に永艃、永春門人か、◯文化〟     ◯『浮世絵師便覧』p203(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)   〝一指(シ)      小石堂、又礫川堂と号す。◯享和〟    〈『【諸家人名】江戸方角分』の記事に拠って、この一指は永理と同人とみなした〉    ☆ 昭和年間(1926~1987)    ◯『浮世絵師伝』p21(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝永理    【生】           【歿】    【画系】栄之門人      【作画期】寛政~享和    藤原姓(印文にあり)、初め(寛政六年頃)栄里といひ、別号を鳥橋斎または鳲鳩斎といふ(共に肉筆    美人画に其例あり)、尋で勿用斎永犁とし、更に礫川亭永理と改む、落款を「礫川亭ヱひり」と假名書    にしたるものは、寛政末期以後享初年間の作なるが如し、頗る美人画を得意とせしが、特に其が栄里落    款の錦絵中「三ヶ津草嫁美人合」と題する江戸、京都、大阪の三美人を三圖に画きしもの、及び山東京    伝の肖像(口絵第四十九図參照)・宮本豊前太夫(二代目)の肖像等は、彼の傑作と認むべきものなり。    また永理落款のものにては「入れぼくろをする美人と若衆」(口絵第五十図参照)の一図最も優れたれ    ど、他に「御殿女中見立登城行列」(五枚続)の如き作例もあり、栄之門下に於ては特色ある一人と謂    ふべし〟    △『増訂浮世絵』p184(藤懸静也著・雄山閣・昭和二十一年(1946)刊)   〝礫川亭永理    歌麿栄之などの影響をうけ、黄金時代の末に出たものに、礫川亭を名乗るものがある。永理は又は永艃    或は永犁と署名し、仮名のエひりを一字に花押のやうに書いたものもあるが、この画風の上から比較す    ると同一人でらう。遺作は肉筆画が往々あるが、同一の印章を用ひて居ることから見て、同じ人の色々    文字をかへたものと思はれる。版画と肉筆方面の筆の執れる作家である。歌麿や永之の風の影響を受け    て居る。エひりと落款のあるもので姿のすらりとしたものがある。また永艃と落款あるものに、見立琴    高仙人があるが、可なりの手腕家である。    なほ遊女に禿の図を写し、禿が袂の袖口から両手を出して組み合せてゐる所を巧に画き、遊女の相貌も    美しくよく写したものがある。それには礫川亭永艃がとあつて印には永犁とある。    永理の作例として、風流十二月芸者名取合を載せた。歌麿晩年の作風を以てしたもの、相当の画技をも    つてゐることが知られる〟    ◯『浮世絵年表』p147(漆山天童著・昭和九年(1934)刊)   「天明八年 戊申」(1788)   〝此年、礫川亭永艃の画ける『青楼五ッ雁金』出版〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   (永理名の作品)  作品数:2    画号他:永理・礫川亭・礫川亭永理    分 野:洒落本2    成立年:天明8年(1点)寛政2年(1点)     (永艃名の作品)    作品数:2    画号他:永艃・武川永艃    分 野:黄表紙1・狂歌1    成立年:文化1・4年(2点)     (一指名の作品)    作品数:1    画号他:小石堂一指      分 類:読本1      成立年:文化5年(1点)   (栄里名の作品はなし)    〈一指名の作品は蒿窓主人作・曲亭馬琴校訂『雙名伝』一点のみ〉    
Top浮世絵師総覧浮世絵師名一覧