Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ えいこう こばやし 小林 永興浮世絵師名一覧
〔明治元年(1868)9月~昭和8年(1933)2月13日・66歳〕
 ☆ 明治二十六年(1893)
 ◯『明治廿六年秋季美術展覧会出品目録』上下 志村政則編 明治26年10月刊   (日本美術協会美術展覧会 上野公園桜ヶ岡 10月1日~10月31日)    (国立国会図書館デジタルコレクション)   〝新画部 小林永興 須賀宮図〟  ☆ 明治二十七年(1894)  ◯ 第三回 日本青年絵画協会(明治二十七年四月開催 於上野公園旧博覧会跡五号館)   (『明治期美術展覧会出品目録』より)    小林永興 諾尊擲桃図 三等褒状 東京    ☆ 明治二十八年(1895)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(明治二十八年刊)    小林永興画『神部名勝誌』六巻 米僊・広業・鮮斎永興・半古画 東吉貞著 吉川弘文館版〔漆山年表〕   ◯ 第四回 日本青年絵画協会(明治二十八年四月開催 於上野公園旧博覧会跡五号館)   (『明治期美術展覧会出品目録』より)    小林永興 雷公 三等褒状  ☆ 明治三十二年(1899)  ◯『東京専門書画大家一覧表』番付 東京 市橋安吉編集・出版 明治三十二年六月刊    (東京文化財研究所「明治大正期書画家番付データベース」)   〝南北画 小林永興 下谷区根岸御行ノ松〟  ☆ 明治年間  ◯『明治世相百話』(山本笑月著・第一書房・昭和十一年(1936)刊   ◇「絵双紙屋の繁昌記 今あってもうれしかろうもの」p128   〝〈明治初期〉両国の大平、人形町の具足屋、室町の秋山、横山町の辻文などその頃のおもなる版元、も    っばら役者絵に人気を集め、団菊左以下新狂言の似顔三枚続きの板下ろしが現われると店頭は人の山。    一鴬斎国周を筆頭に、香蝶楼豊斎、揚洲周延、歌川国重あたり。武者絵や歴史物は例の大蘇芳年、一流    の達筆は新板ごとにあっといわせ、つづいて一門の年英、年恒。風俗は月耕、年方、永洗、永興といっ    た顔触れ。新年用の福笑い、双六、十六むさしまで店一杯にかけ並ぺた風景は、なんといっても東京自    慢の一名物〟    ◯「幕末明治の浮世絵師伝」『幕末明治の浮世絵師集成』p86(樋口弘著・昭和37年改訂増補版)   〝永興(えいこう)    小林貞吉、象斎と号した。永濯の養子となり、鮮斎の号を襲う。その作画期は明治二、三十年代である〟