Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ あしゆき ぎがどう 戯画堂 芦雪(芦幸)浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
 ☆ 文化十一年(1814)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(文化十一年刊)     『璃寛帖』一冊 河内屋太助板〔漆山年表〕     狂画堂主人・芦幸写・寿公写・芦舟画 暁鐘成著    ☆ 文政八年(1825)    <三月 見世物 江戸力持 大坂難波新地>  ◯「見世物興行年表」(ブログ)   「樽の曲もち 江戸木村与五郎」錦絵 署名「芦ゆき画」板元未詳   「北スケ 浪花 八重垣弥太郎 俵舛かけ・曲ばかり」錦絵 署名「芦ゆき画」綿屋喜兵衛板     ☆ 没後資料    ◯『近古浮世絵師小伝便覧』(谷口正太郎著・明治二十二年(1889)刊)   (名前のみ、記事なし)   〝浪速     一峯斎馬円・春好斎北洲・歌川広貞・長谷川貞信・柳斎重春    浪速    歌川国広・歌川芳国・戯画堂芦雪・青陽斎春子・五瓢亭貞芳〟    ◯『浮世絵師便覧』p204(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)   〝蘆雪(セツ)      大坂の人、戯画堂と号す〟    ◯『浮世絵師伝』p2(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝蘆幸    【生】          【歿】    【画系】         【作画期】文化~文政    大阪の人、文化の十年頃より役者絵を画き、長国と云ひしが同十一年より蘆幸と改め戯画堂と号す、其    の後また前名(長国)を用ひしこともあり、蘆幸を「蘆ゆき」とも「蘆雪」とも落款せり、役者絵頗る    多し、居所道修町御霊筋〟    △『増訂浮世絵』p203(藤懸静也著・雄山閣・昭和二十一年(1946)刊)   〝(蘆国門人)蘆幸 又は蘆ゆき、又蘆雪、又長岡、戯画堂〟
    青陽斎蘆国系統図    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    収録なし