Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ あしまろ とよかわ 豊川 芦麿浮世絵師名一覧
(寿好堂よし国〈よしくに〉参照)
 ☆ 文化十二年(1815)    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   ◇滑稽本(文化十二年)    豊川蘆麿画    『【芝翫当り評】真寿加賀見東俤』蘆麿(豊川蘆麿)画 南笠房丸作 文化十二年序 河内屋太助他板    ☆ 没後資料    ◯『浮世絵師伝』p2(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝蘆麿    【生】   【歿】    【画系】  【作画期】    一に蘆丸、よし国の前名なり〟   〈「よし国」の項目の方は以下の通り〉   ◇p207   〝よし国    【生】           【歿】    【画系】蘆国門人      【作画期】文化~天保    大阪の人、高城(木)氏、豊川を称す、文化十年頃より役者絵を画き、初めは蘆麿(一に蘆丸)又は寿    好といひしが、文化十三年より「よし国」と改め、寿好堂と號せり。尚ほ「芳洲画」と落款せる例もあ    り、但し、文政末か天保の初め頃には「岡丈堂蘆丸」と号せしこともあり、居所博労町〟
 △『増訂浮世絵』(藤懸静也著・雄山閣・昭和二十一年(1946)刊)   ◇p204   〝よし国    初め蘆麿又は蘆丸と称し、蘆国の門下である。寿好堂と号し、豊川氏又高氏を称す。後よし国と改む。    文政十三年の中村歌右衛門の絵に蘆丸改よし国画とある。また寿好堂よし国画、豊川よし国画、高よし    国画、浪花よし国画と署名したものがある。その門下は多く、益々蘆国の画系を盛んならしめた〟    〈蘆麿の読みは「一に蘆丸」とあるので、あるいは「あしまる」か〉     ◇p203   〝蘆麿 蘆丸と同人か〟   〝蘆丸 後よし国、寿好堂、豊川、又は高となのる
   青陽斎蘆国系統図    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    蘆麿名の作品は上掲文化十二年の『【芝翫当り評】真寿加賀見東俤』一点のみ