御案内へ戻る  裏花神へ戻る



『無敵超人ザンボット3』


「さあて、どう闘い抜くか・・・。」


道路交通法違反を問われる主役メカ・・・・・。
ロボットの戦闘で焼け出される人々・・・・・。
戦火の責任を問われ非難される主人公達・・・・・。
そして・・・人間爆弾・・・・・・・。


 『無敵超人ザンボット3』は日本サンライズ(現サンライズ)第1回作品として、1977年10月7日〜1978年3月24日(関東地区)に放映されたロボットアニメです。
原作があの『機動戦士ガンダム』の富野喜幸(今は富野由悠季)、キャラクターデザインが安彦良和です。
 私が初めて見た時は再放送だったと思いますが、かなり強い印象が残ってます。

主人公の一族は江戸時代にビアル星からやってきたビアル星人の末裔。一族に伝わる古文書から、ビアル星を滅ぼした「ガイゾック」の地球侵略に備え、駿河湾、東京湾、諏訪湖においてそれぞれ「ビアルT世・U世・V世」と「ザンバード」「ザンブル」「ザンベース」を発掘し、「ガイゾック」のメカ・ブーストに立ち向かう・・・。



ここで主人公一族&主要人物を紹介しましょう。

●神ファミリー
合体基地:キング・ビアル
駿河湾基地東京湾基地信州基地
ビアルT世ビアルU世ビアルV世
神勝平(パイロット)・12歳
愛犬:千代錦(秋田犬)
兄:一太郎(戦闘司令官)・17歳
父:源五郎(船長・ビアルT世キャプテン)・48歳
母:花江・35歳
祖母:梅江・68歳
神江宇宙太(パイロット)・15歳
弟:和行(海洋少年団)・10歳
妹:きいろ・8歳
父:大太(医師・ビアルU世キャプテン)・46歳
母:すみ江・43歳
神北恵子(パイロット)・14歳
祖父:兵左衛門(一族長老・総司令)・75歳
妹:公子・9歳
父:久作(牧場主・ビアルV世キャプテン)・50歳
母:由美子・45歳
ザンバード
(ザンボエース)
ザンブルザンベース
無敵超人ザンボット3


ブスペア(勝平の親衛隊)香月組ガイゾック
アキ(人間爆弾にされ爆死)
ミチ(勝平が好き)
香月真吾(勝平のライバル)
林(人間爆弾にされ爆死)
山田(行方不明)
浜本(人間爆弾にされ爆死)
健太(何したっけ・・・??)
キラー・ザ・ブッチャー(殺戮が趣味のガイゾックのキャプテン)
ガイゾック(ブッチャーに指令を出す謎の存在)
バレター(ガイゾックの武器指揮官)
ギッザー(ガイゾックの作戦指揮官)
ズブター(メカ・ブースト製造指揮官)
戦闘員(間抜けです・・・)



で、私の感じた「無敵超人ザンボット3」の特徴?は・・・

  1. 主役メカが道路交通法違反領空侵犯に問われた。
  2. ロボットが戦うことにより町や一般人に被害が出る。
  3. そのため主人公達が非難される。
  4. 子供向けアニメなのに残酷な方法で人が死ぬ。
  5. 主要人物の死に様の激しさ人数。



1.について、このようなアニメは見たこと無いよねぇ。。。(笑)
2.について、これは当然ありえることでしょう。昔、「ウルトラマン」見てて似たような事思ったことあります。。。。(笑)
 『ザンボット3』では、焼津港周辺、四日市、東京、仙台、札幌などが被害にあってます。
3.について、「みんなの為」に、「地球の為」に戦う主人公達に対して周囲の人々は「お前達が戦うからこんなことになるんだ!」「日本から出て行け!」と石を投げつけられたりします。(笑)
4.について、和平交渉にきた政府高官を風船にぶら下げて狙撃をしたり、キラー・ザ・ブッチャーは遊びながら人を殺しています。
しかし、残虐さNo.1は何といっても人間爆弾でしょう。何の変哲も無い人々が突然爆発する・・・・。
人間爆弾の恐怖は主人公の身近な人々にも訪れます。そのほとんどが勝平の目の前で起こります。
これほど残酷な兵器が登場するアニメもなかなか無いですよねぇ。。。
5.について、神ファミリーの人々は死に様が凄まじいです。。。

神北兵左衛門(祖父)ビアルU世で敵母艦に特攻
神梅江(祖母
神江宇宙太(ザンブルパイロット)最終話にてそれぞれの乗機で敵母艦に特攻
神北恵子(ザンベースパイロット)
神源五郎(勝平の父)ビアルV世で敵最終兵器へ特攻
神一太郎(勝平の兄)大気圏を落下する勝平を救うために大気圏内で燃え尽きる
神江大太(宇宙太の父)
神北久作(恵子の父)
千代錦(勝平の愛犬)大破した敵母艦からの攻撃で消滅・・・

さすが『皆殺しの富野』ですよねぇ・・・・(爆)
特に宇宙太と恵子の特攻シーンでは思わず涙が・・・・(笑)




ラストシーンも非常に感動的ですが、それはご自分の目で確かめて下さい。





御案内へ戻る  裏花神へ戻る