規 約・規 定
規約規定

新日本スポーツ連盟京都テニス協議会規約

名 称

 本会は新日本スポーツ連盟京都テニス協議会(略称 : スポーツ連盟京都テニス協)とする。

目 的

 本会は連盟規約に則り、テニス界の民主的発展に寄与することを目的とする。

活 動】

1.       職場・地域・学園でのテニス活動を活発にする。

2.       各種競技大会・テニス教室・講習会等を開催する。

3.       指導者・指導員・審判員の養成を行なう。

4.       すべてのテニス愛好者と協力して、施設・用具等の諸条件の改善をはかる。

5.       他の種目協協議会との交流・共同をはかる。

6.       機関紙等を発行する。

7.       その他

【組 織】

1.       本会は当規約を認めるクラブ、及び個人によって構成される。

2.       本会への加入、及び脱退は自由であるが、所定の手続きに基づかなければならない。

また、年度ごとの更新にあたっては更新手続き期間中に所定の手続きをしなければ脱退したものとみなす。なお、どうしても遅れる理由のあるときは、この限りではない。

 3. すべての会員は本会の行事や事業、各種資格の習得、役員の選出と被選出など、本会のすべての活動に参加できる。

【機 関】

本会の機関は総会、クラブ代表者会議、及び常任会議である。

1.       総会は本会の最高議決機関で、原則として1年に1回開き、会長が招集する。      

臨時総会は2/3以上のクラブが必要と認めたときに開催する。

総会は代議員制とし、選出基準は常任会議で別途定める。

総会に付議しなければならない事項は次のとおりである。

(1)    規約及び各種規定の改定と変更の発議。

(2)    活動方針、及びスケジュールの決定。

(3)    決算、及び予算の決定。

(4)    常任会議メンバーの選出。

(5)    その他、常任会議で必要と認めた事項。

2.       クラブ代表者会議は総会に次ぐ議決機関である。

クラブ代表者会議は必要に応じて開催し、会長が招集する。

3.       常任会議は総会、及びクラブ代表者会議の決定に基づき日常業務を執行する。

常任会議は会長、副会長、事務局長、同次長、各専門部部長、全国テニス協理事、京都府連盟理事で構成され、会議には誰でも自由に参加することができる。

4.       各機関の会議は定数の半数以上の出席(委任状も可)で成立し、決議は出席者の半数以上で決定する。

5.       会計監査は総会ごとに選出され、監査の結果を総会に報告する。

【財 政】

1. 本会の財政は分担金(年会費)、大会参加費によってまかなう。

2.       分担金(年会費)、及び各種参加費は別に定める。

3.       会計年度は1月1日から12月31日までとし、会計報告は総会の承認を必要とする。

【付 則】

  1. 本規約の改廃は、総会の2/3の多数決でもって決定する

  2. この規約は第23回定期総会で改定し、1999年4月1日より発効する。