by 米倉史隆





キコンバの青空市場は活気があり古着と笑顔が溢れている。



布切れや紙の山で遊ぶ子どもたち。
実はこの山はただのゴミではなく、マットレスの中に使われている。
ここは、仕事場であり遊び場でもある山なのだ。




キコンバの一角にはストリートチルドレンだった人たちが集団生活をしてるセンターがある。
芸達者な者が多く、なかなかのタレントぞろいだ。



キコンバの清掃屋の「TAPA TAPA」のお兄さんたち。
彼女さんが通りかかり仕事中にチューしてしまった。



ハエの大群と一緒に何キロも離れた屠殺場から牛などの骨を運ぶ男。
骨はキーホルダーなどのお土産に加工される。



もともと海岸部からやってきた人々が多いキコンバはイスラム教とが多い。
モスクはみんなの安らぎの場である。
この日はラマダン明けで多くの人が集まった。



ラマダン明け、なんにもなかったいつもの広場が遊園地になり賑わう。



仕事の合間の一勝負なのか、仕事が無いからなのか? 
多くの古着屋が並んで活気のあるところだが、失業者が多いのも事実だ。



キコンバを歩くとたくさんの子どもたちが興味津々でやってくる。
笑顔もはずかしがりやさんもどっちもかわいい。



夕食後も団欒の時間は続く。ヘナのデザインに興味津々な年頃のアビバちゃん




このページの写真の無断転載なさらないでください。
転載なさりたい方、また、作者に連絡なさりたい方は
次のアドレスにご連絡下さい。
米倉史隆:fumitakayonekura@hotmail.com





TOP