今日の禁断 シースルー


 この間、NHKのBSで今年のバイロイトの公演を放送してましたね。あれは録画でしたが、確か、ちょっと前までは「生」でやってましたよね。当然リアルタイムですから、オペラが始まる前や幕間の時間をつぶすためにスタジオにゲストを集めて、聴いている方が恥かしくなってしまうようなしょうもないトークをやらしたりとか、それなりに(無駄な)力が入っていたようでした。なにしろ、日本語の字幕も「生」で入れるのですから、大変だったでしょうね。
 でも、最近ではとんと「生」にはお目にかかれなくなり、みんな録画に替わっていますね。それも、去年あたりは1ヶ月ぐらい経ったところで放送という、まあギリギリ同じ頃ではあるタイミングでの放送でしたが、今年は夏に上演したものが殆ど冬になってからの放送ですから、なんだか白けてしまいます。そうなってくると、放送よりもDVDやBDの方が先に出回ってしまう、なんてことになってしまうかもしれませんね。まあ、そういう「製品」の方が音はずっと良くなっていますから、それだけの価値はありますが、やはり少しばかり音は悪くても「タダ」で同じものを見れるというのは、魅力がありますからね。いや、場合によっては製品には日本語の字幕がなかったりしますから、そうなると放送の方が断然メリットが高くなります。確か、去年の「オランダ人」が、そんな、中国語まで入っているのに日本語の字幕はなかったという「欠陥商品」だったはずですからね。ちなみに、それを販売していたのは、CDやDVDなどに添付されている日本語の「帯」も誤記と誤植だらけの欠陥品ばかりという「ナクソス・ジャパン」です。
 BSでやっていたのは、「タンホイザー」でした。最近のバイロイトでは、もはやオーソドックスな演出は影を潜め、あえて過激な「読み替え」を施した「前衛的」なものが上演されています。去年の「オランダ人」もかなりのものでしたが、「タンホイザー」になるともうとてもついていけないほどになっていましたね。いや、私は別に新しいものが嫌いなわけではなく、なんだって受け入れるだけの柔軟さを持っているつもりですが、それはあくまで納得のいく整合性が取れている場合に限ります。はっきり言って、観客をないがしろにしてひたすら自分の世界におぼれてしまっているようなこのセバスティアン・バウムガルテンの演出は、許しがたいものです。一番腹が立ったのが、幕間の茶番劇です。それぞれの幕の間で、朗読会みたいなもの(これは、劇場ではどのように見えていたのでしょう)や、いかにもな「ミサ」もどきをやらせていたことです。こんな「アングラ」な世界がワーグナーの音楽と共存できると考える神経が、とても幼稚に思えます。というか、音楽以外のものを持ちこむことは、ワーグナーの作品を貶めるものでしかないことに気づくべきです。
 と、邪魔ものだらけの中での「タンホイザー」でしたが、トリステン・ケルルのとことん情けないタンホイザーはなかなか魅力的でしたし、なによりもヴォルフラムのマルクス・アイヒェのハイ・バリトンが、とても心地いいものでした。最後にはこんなサービス・カットもありましたし。
 さて、来年3月に予定されているモーツァルトの「レクイエム」のための練習も、2回目を迎えました。昨日と今日の2日連続での練習です。この2日間は、基本的に同じ部分を練習するということなので、一応どちらかだけに出席すればOKだということになっているのですが、きのう行ってみたらテナーは4人だか5人という恐ろしいことになっていました。名簿上は20人ぐらいいるというのに、歌ったことのある人はもっと本番近くになって顔を出すのでしょうね。こんな人数だと、一人一人の声がはっきり分かりますから、よっぽどちゃんと歌わないと恥をかいてしまいます。でも、逆にとても勉強にもなるのですが、終わったらもうクタクタでした。ですから、今日はもう休んでしまおうかとも思ったのですが、気を取り直して行ってみたら、やはりテナーはかなり少なく、声はそれほど出ないものの、パートに貢献は出来たのではないでしょうか。
Aventure Number : 2353 date : 2014/11/23


今日の禁断 プロトコル


 なにげなく使ってきたものが突然おかしくなったりすると、パニックに陥ることはよくあります。実は、おとといこの「禁断」を書き終ったあとで、それをサーバーにアップしようと思ったら、ホームページ作成ソフトのファイル転送機能が全く作動しなくなっていたのですよ。
 つまり、ソフトに付属しているFTPの転送設定が、全て消えてなくなっていたのですね。これには焦ってしまいました。今のところ、私がホームページ用に使っているサーバーは4つぐらいあるのですが、それぞれの設定データは職場に置いてあるので、自宅では分からないのですね。ただ、そのうちの2つは別のFTPソフトでも設定してあるので、それを見れば修復は出来るのですが、肝心の「Jurassic Page」を送っているサーバーと、「禁断」のバックナンバーが入っているサーバーはそこにはありません。翌日まで待たないと、更新が出来ないのでしょうか。
 FTPの設定に必要なのは、「サーバー名」と「ユーザーID」と「パスワード」です。「3本の矢」ですね(何とおぞましいたとえ)。「JP」の場合、IDとパスワードはなんとか思いだしましたが、肝心の送り先の住所であるサーバー名が、いまいち分かりません。これは、そのサーバーの名前に「ftp」とか「upload」といった文字列を加えたものなのですが、そのどちらだったのかがはっきりしないのですね。でも、そういうものは普通はサーバーのサイトに表示されているはずのものですから、そこに行ってくまなく探したら、やっと見つかりました。それで設定を行い、転送したら見事に成功、とりあえず「JP」本体の更新はつつがなく終わることが出来ました。
 しかし、そこからリンクしている「バックナンバー」は、もう普段は全く使わないところですし、いつの間にか経営母体が変わってしまって、サイトにログインするパスワードも変えられていますから、これは職場に行って調べないことにはどうにもなりません。ということで、そこだけは1日遅れの更新となってしまいました。まあ、そんなこと、気が付いた人なんかは絶対にいないと思いますがね。
 いずれにしても、いつも殆どルーティンで何も気にしていないうちに身についてしまった手順を、こんな風に急に変更しなければいけなくなるというのは本当に面倒くさいものです。出来れば、こんなことはしなくてもずっと同じことばかりやっていられればいいのですがねえ。
 職場の方でも、今までずっとやって来たことを、少し変更しなければならなくなりそうです。だいぶ前ですが、毎年定期的に発送している顧客あての郵便に目をつけて、郵便局の人が「もっとお安く出来ますよ」などという話をもってきました。うちのように一度に大量に発送するところでは、ゆうメールを安くしてもらえるのだそうなのですよ。普通の郵便もゆうメールも、同じ郵便局(というか、日本郵便)がやっていることなので、そんなことしたらかえって自分の首を絞めるようなことになってしまうのでは、と思うのですが、実際はヤマトのゆうパックなどに郵便がどんどん取って代わられているので、そこまでしないとやって行けないような状態らしいのですね。そりゃそうですよ。ちょっと大きなものを送ったりすると、郵便では倍近くの料金になったりしますからね。
 まあ、話を聴いてみると確かにサービスはそんなに変わらないのにかなり料金は安くなっているので、とりあえず1年間の契約を結んでみました。その間に500通以上発送するのが条件ですが、そんなのは楽勝です。なんせ、これだと今まで「区内特別」で割引されていたものよりもさらに安いのですからね。しかも、こちらは原則こちらまで取りに来てくれるというのですよ。思いっきり低姿勢、ほんとにそんなのでやって行けるのか、と思うほどの大サービスです。ただ、出す時にはこんなスタンプを押さないといけません。
 でも、これもちゃんとシールを作って、2000枚分ぐらい持ってきてくれましたよ。そこまでやるのなら、本体の郵便の方をもっと値段を下げればいいのにな、と思うと同時に、こんな無理のあることは到底長続きはしないのではないか、という気もしてきました。まあ、その時は元のやり方に戻るだけのことですから、まずはちょっといつもとは違う手順を、楽しんでみるとしましょうか。と言っても、実際に変わるのはこのシールを貼ることだけですけどね。
Aventure Number : 2352 date : 2014/11/21


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。