今日の禁断 ベートーヴェン


 きのうの「おやぢ」では、ペータース版を取り上げていました。あそこでは「第9」がネタになっていたのですが、実はもう一品用意してありました。つまり、あれだけではさすがに寂しかったので、もう少し盛り上げようとしていたのですが、結局そこまでしなくても規定の字数が埋まってしまったので、その「もう一品」はボツになってしまいました。となると、他で使い道はないので、ここでそれを紹介させていただくことにしましょう。
 それは、「田園」についてのネタです。ニューフィルでは今までに2回この曲を演奏していますが、一番最近のものが1997年4月の第27回定期演奏会でした。もう20年以上前のことですね(つまり、ニューフィルでは20年以上この曲を演奏していません)。その時の指揮者が、やはり20年以上前の下野竜也さんでした。そのころから挑戦的なことが好きだった下野さんは、その時にペータース版のスコアを使って指揮をしていたのですよ。ただ、パート譜は昔の旧ブライトコプフ版でしたから、適宜スコアに従って直して弾いていました。ですから、今では第2楽章の弦楽器に弱音器を付けて演奏するのは当たり前になっていますが、当時はみんな戸惑っていましたね。
 ただ、その楽章にはもう1個所、そういう奏法や表現面のことではなく、音そのものが旧ブライトコプフ版とは違っているところがありました。それは、83小節目の後半です。


↑旧ブライトコプフ

↑ペータース(新ブライトコプフ)

 ご覧のように、ヴィオラ、クラリネット、ホルンの赤丸で囲んだ実音E♭がEナチュラルに変わっているのですよ(次の小節は、どちらもE♭)。ですから、ハーモニーも「短調→短七」だったものが「長調→属七」になっています。これは、例えばクラリネットの音を聴いていればはっきり聴き分けられます。
 でも、下野さんはここは直さないで、旧ブライトコプフのままの音で演奏させていたことが、この時のCDを聴いて確認できました。ですから、ここをもしペータース版通りに演奏していたら、その録音は「世界で初めてペータース版を使って演奏されたCD」だったマズアとゲヴァントハウスのものに次ぐものになっていたのですけどね。惜しいことをしました。
 このころは、あの「ベーレンライター版」が華々しくデビューをしていました。ところが、ベーレンライター版を校訂したジョナサン・デル・マーは、この楽章の弦楽器には弱音器を付ける指定は加えましたが、この83小節目の部分には手を付けなかったのです。その代わり、ペータース版では何も変化がなかった「第9」での終楽章、マーチの後のオーケストラだけの部分が終わって、再び合唱が始まる直前のホルンのリズムを、とても不規則な形で提案していましたね。
 「おやぢ」にも書いたように、今ではペータース版は絶版になっていますが、それはほとんど同じ形で新ブライトコプフ版に引き継がれています。これは、ペータース版で校訂を行っていた2人のうちの一人、ペーター・ハウシルトが、新ブライトコプフ版の校訂も「田園」を含めて6曲行っていたためです。残りのもう一人のペーター・ギュルケの仕事も、おそらくクライヴ・ブラウンという人が、かなり忠実に再現しているのではないでしょうか(例えば、「5番」の第3楽章の繰り返し)。
 この新ブライトコプフ版も、今ではベーレンライター版と並んでオーケストラの標準的なライブラリーになりつつありますから(篠崎さんも、ベーレンライターよりブライトコプフの方を支持しているようですね)、そのうち、この第2楽章の「長調」になった録音が広く出回るようになるのではないでしょうか。とりあえず、私が持っているCDでは、こちらがそうでした。
Aventure Number : 3068 date : 2019/2/15


今日の禁断 エルパーク


 明日はヴァレンタインデーなんですね。ラジオなどではもうその話でもちきりですが、いつの間にか、この日は「好きな男性にチョコレートを贈る日」ではなく、「自分のためのご褒美にチョコレートを買う日」に変わっていたのだそうですね。どの番組のMCもほぼ同じことを言っていましたから、きっと本当のことなのでしょう。いったい、誰がそんなことを決めたのでしょうね。
 いや、そもそもこの記念日には花束を(男性から)贈るというのが「本場」の習慣だったはずですから、それを(女性からの)チョコレートに変えた時点で、その首謀者は明らかです。そして今度は、その「用途」を「拡大」するために、「好きな人」というめったにはいない人だけではなく、「自分」という、「どこにでもいる人」をターゲットにしてみようと、首謀者たちは考えたのでしょうね。それにまんまと乗せられて(というか、片棒を担いで)ヘビーローテーションを展開しているのが、MCたちなんですよ。
 まあ、それはそれとして、明日はたまたまニューフィルの練習日ですから、おそらくチョコレートを受け渡しする「現場」に立ち会えることでしょう。
 その時には、チョコレートだけではなく、今度の定期演奏会のチラシとチケットも渡されるはずです。先週には印刷が出来上がってきたのですが、ついさっきまでそれを袋に詰める作業を手伝っていました。私が着いたころにはもうほとんど作業が終わっていて、私はもっぱらポスターを丸めるのを手伝っただけですけどね。それで、そのチラシとポスターは、団員だけではなく、市内外さらには県外までの多くの施設に展示されることになるのです。そう、また、私もチラシ配りに忙殺される日々が始まることになるのです。
 これがチラシとチケットの現物です。チケットに同じフォントで曲目が書いてありますが、今回はすべての曲目の字数が全く同じになるという珍しいことが起こっていました。

デュカス/魔法使いの弟子(12字)
ラヴェル/スペイン狂詩曲(12字)
ベルリオーズ/幻想交響曲(12字)

 ねっ、ですから、印刷して並べるときっちり縦横が揃ってくれますよね。これは、最初に公式サイトに掲載した時に気が付いていましたから、なんか特別な感じがしましたね。ですから、例えば1曲目などは「交響詩『魔法使いの弟子』」と書くこともできるのですが、それはあえて避けて、この「奇跡」を大切にするようにしていました。
 残念ながら、チラシやポスターでは、メインの曲を大きめのフォントにしたために、そのような意図は全く伝わらなくなってしまいました。まあ、それが穏当なところ、プロのデザイナーの仕事なのですから、仕方がありません。
 でも、確かにメインは尺が長いので大変ですが、練習していて大変なのは、もっぱら「小さな字」で印刷されている曲の方なんですけどね。私の場合、「魔法使いの弟子」でも1番フルートなのですが、その大変さと言ったら想像を超えていました。さらに、その大変さが、おそらく聴いている人にはほとんど伝わらないだろう、というのが悔しいですね。おそらく作曲家も、これが楽譜通りにきちんと聴こえることなんか期待してはいなかったのではないか、というような気さえしてきます。
 「スペイン狂詩曲」では2番ピッコロなので、音自体はそんなに面倒ではないのですが、全体の中にはめるのがとても大変です。そもそも、こういう音楽にニューフィルのメンバーは慣れていないので、そういうセンスがあまり身についていないのでしょうね。
 それに比べたら、「幻想交響曲」はとてもすっきりしていて吹きやすいですし、魅力的なソロもたくさんあるので、うまくいけばとても楽しく吹くことが出来そうです。問題は「うまくいかない」時もあるということでしょうか。いまだに、練習会場で音を出すと、コンディションがボロボロになってしまうことがあるんですよね。そうならないためには、ひたすら練習を重ねるしかないと思っているのですが、もう今週末には篠崎さんがやってきますからそんなことは言ってられません。
Aventure Number : 3067 date : 2019/2/13




禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。