今日の禁断 クイズ


 宮城県のPR動画が、評判になっているようですね。もちろん、「評判」には「よい」ものと「わるい」ものがあるわけで、これは当然「わるい評判」の方ですよね。宮城県知事は「目に付けばそれが成果」みたいなことを言ってましたが、彼はそれが自身のアホさ加減を世間に知らしめることになるとは全く気が付いていないようですね。いくら見られても、その結果全国の人に宮城県人はセンスがないと思われてしまっては、何にもならないとは思わなかったのでしょうか。
 こんな恥ずかしいことをやっているのは宮城県だけだと思っていたら、仙台市でも同じようなCMをやってましたね。こちらはネットではなくテレビCMですから、普通のお茶の間で見られてしまうという点でその害毒は大きくなっています。それは、今行われている市長選挙への投票を呼び掛けるCMです。おとなしそうに座っていた女子高生が、いきなり立ち上がってラップで「選挙、行ぐすぺ」などとがなり立てはじめるんですから、悪趣味も極まります。ネットならPCやスマホを開かない限り目につくことはありませんが、これは何の前触れもなくテレビの画面に現れますから、気が付いたらこの忌まわしいラップが聴こえてくるという最悪の露出です。正直、こんなのを聴いてしまうと選挙になんか行きたくなくなってしまいますよ。ラップ、特に日本語のラップは大嫌いという人も、世の中にはいるということを知ってもらいたいものです。
 そんな、宮城県や仙台市といったイナカではなく、大都会の東京でも、なんだかわけのわからないことをやっているみたいですね。この間東京に行った時に山手線に乗ったら、かつて広告が貼られていた場所が全部モニターになっていました。中吊りだけはまだ残っているようですけど。そのモニターには、広告以外にいろいろ案内が出てきて、次の停車駅とかそこでの乗換案内などが分かるようになっています。そこで、乗換路線の前になんだか「J〇」という2文字の記号が付いていることに気づきました。今まで、地下鉄ではそれぞれの路線にアルファベット1文字の記号が付いていましたから、それをJRも取り入れることにしたのでしょう。おそらく、オリンピック目当てでしょうね。
 ただ、そこで湘南新宿ラインは「JS」なのに、なぜか埼京線は「JA」になっているのがおかしかったですね。これでは「農協」と間違われてしまいそう。これは地下鉄にも使われた法則で、同じアルファベットが他で使われている時には、2文字目以下が使われる、というやり方なんですね。
 こんな感じ。でも、法則は分かりますが、それが果たして理にかなっているかどうかは疑問です。「JT」とか「JY」はそのまま頭文字ですからすぐわかりますが横須賀線が「JO」だということが感覚的に分かる人なんかいないのではないでしょうか。悲惨なのは鶴見線の「JI」でしょうか。TURUMIの最後の字になって、やっと使えるようになっているんですからね。分かりやすくするための略号なのに、これではかえって分かりにくくなっているのではないでしょうか。なんだか、世の中がすべて、普通の感覚が通用しないようなおかしな方向に進んで行っているような気がしてなりません。
 こういうものは、あんまり使いづらいと淘汰されることもあるんですけどね。こういう、首都圏を走っている電車のことを、昔は「国電」と言っていたものが、民営化で「E電」になったのに、そんな言葉は誰も使わなかったので、結局自然消滅した、ということもありますから。
 ということは、こういう電車は、今ではなんて呼ばれているのでしょう。あるいは、そういう名前を作る出すのはもう面倒くさいので、特に名前はないのかもしれませんね。この「J〇」だって、オリンピックが終われば自然消滅しているかもしれませんね。
Aventure Number : 2815 date : 2017/7/19


今日の禁断 パンダ


 シアター・オーブの「ウェストサイド・ストーリー」、行ってきました。今回は、せっかく行くのだからと、他の用事も詰め込んであります。まずは、上野の国立西洋美術館で開催中のアルチンボルド展、そして、銀座のヤマハです。ヤマハは、来年春の曲目が決まったので、そのスコアを入手しようと思ったら、アマゾンでは2週間待ち、アカデミアでは在庫なしだったので、ダメモトでヤマハに聞いてみたら2冊在庫があるというので取り置きにしてもらっていたものの受け取りです。さらに、愚妻も一緒に行くのですが、そちらはさるブランドのお店が有楽町にあるので、そこにも連れて行ってほしいというリクエストもありました。これを全部回るために、私は分刻みのスケジュール表まで作ってしまいましたよ。
 シアター・オーブは、前もって調べてあったので渋谷駅から迷わずに行けました。あまり前評判が良くなかったようなのに、客席は満席、宣伝の効果でしょうか。私が取ったのは2階席の最前列だったのですが、これがステージからそんなに遠くなく、しかも、手すりが全く視界に入らないというありがたい設計でした。ただ、音響も照明も装置もとても素敵だったのに、肝心のカンパニーのお粗末なこと。ダンスの切れは悪いし、歌は下手だし(マリア役の人など、ほとんどオンチです)、芝居の勘所がほとんど決まっていないしと、全くいいところがありません。こうして比べてみると、劇団四季のレベルがいかに高いものであるかが分かります。
 さらに、生オケが入っていたのはありがたかったのですが、これが「本場」の人と日本から加わっているメンバーの混成チームで、なんとも危なっかしい演奏なんですね。リズムのノリは悪いわ、ブラスのアインザッツは合わないわ、テンポがとてもだらしないわと、眠気を催すほどのひどさです。最後の最後、絶対にはずしてはいけない音を当てられなかったトランペット奏者は、プロとは言えません。ほんの小遣い稼ぎに日本にやってきたのでは、と思えるような志の低さ、これでは劇団四季にさえも太刀打ちできなくて当たり前です。カーテンコールも、おざなりでしたしね。
 彼らは。ブロードウェイの引っ越し公演なんて言ってますが、実態はその程度のものだったのですね。まあ、そういうものを大々的な宣伝で持ち上げているというのが、東京の大劇場の商法なのでしょうが、そんなことがいつまでも続くわけがありませんよ。少なくとも、私はこんなものを見るためにわざわざ東京まで出かけるような無駄なことは、金輪際やるつもりはありません。
 それから上野まで行って、美術館の前に行ったら、チケット売り場の前が長蛇の列、これは全くの想定外でした。
 30分ぐらい並ばないとチケットが買えないのでは、仙台に帰れなくなってしまいます。とりあえず中に入ったらグッズ売り場が展示の外にあったので、そこで図録だけ買って、今回はあきらめました。この売店の会計でも長蛇の列で、15分ぐらい並びましたからね。でも、9月までやってますから、今度はちゃんとチケットも入手しておいてゆっくり来ることにしましょう。
 しかし、私がこの画家のことを知ったころには、マニア以外にはほとんど知られていなかったのに、こんなに人気が出ているなんて、なんだか複雑な思いです。
 そのあとは、有楽町まで愚妻を道案内した後、銀座のヤマハまで歩きました。途中に「ゴジラの像」がありましたね。
 話を聞いたときには実物大だと思ったのに、こんなちっちゃなものだったとは。しかし、東京の暑さの中で地上を歩き回るのはとんでもない苦行です。ヤマハの帰りは、たまらず地下に降りて、地下鉄で東京駅まで行きました。涼しかったですね。
Aventure Number : 2814 date : 2017/7/16


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。