今日の禁断 カルメン

 職場の公式サイトの手直しは、一旦お休み。新しコンテンツも準備中なので、いずれそれと合わせて全面リニューアルが果たされることでしょう。しかし、私が「ついでに」このサイトを作った頃には、周りの同業他社でウェブサイトを持っているところなんかありませんでしたね。ところが、今チェックしてみると、まだまだ数は少ないものの、立派なサイトを持っているところがずいぶんあるようになっていました。あまり立派すぎて、私のようなアマチュアが作ったものはなんだかしょぼく見えてしまいます。そう、要は、「プロ」のウェブデザイナーを抱えた「業者」が作ったサイトが、氾濫しているのですよ。でも、こういうのって、作ってはみたけれど更新はさっぱり、というところが良くあるみたいですが、それも使い方次第、なかなかご自分の個性を生かして、素晴らしいサイトを作り上げているところもありましたね。
 実は、私が、やはり「ついでに」作った中学校の同窓会のサイトも、ちゃんと業者に任せたものに替えようという動きがあるそうなのですね。まあ、私としてはそちらの方がありがたいのですが、その時に業者の見積もりというのを聞いてびっくりしてしまいました。ちょっと感覚が違うというか、ほとんどぼったくりのような金額だったのですよ。まあ、それで同窓会としてもなかなか決断出来ないでいるようなのですけどね。相手がなにも何も知らないのをいいことに、好き放題の商売をやっている、と言ったら言い過ぎでしょうか。
 まあ、確かにちゃんとしたサイトを作るには、手間と時間がかかります。ほどほどにしないと、他のことが出来なくなってしまうので、なかば強制的に作業を中断したのですけどね。その「他のこと」というのは、来年の演奏会の使うためのパート譜作りなのでした。最近では、ネットでかなり珍しい楽譜が、スコアだけでなくパート譜まで手に入ってしまいますが、例えばオペラの全曲のパート譜などというものは、簡単には手に入らないのですよね。そこで、仕方がないのでもうPDになっている版がボロボロになったようなスコアから、それぞれのパートのパート譜を作るようにと、パートリーダーにスコアのコピーが渡されたのですよ。どのように作るかは各自に任されているのですが、私の場合は現物をそのまま切り抜いて貼り付ける、というやり方にしました。なんせ、かなりいい加減なスコアなので、読みとれないところをへたに直したりするとさらにわけが分からなくなりそうですから、いっそ現物をそのまま編集しよう、ということです。
 ただ、それを実際に、紙を切って貼り付けるようなことは、さすがにやりません。あくまで、スキャンした画像を、画像ソフトを使って切り抜いたり貼りつけたり、という作業を行うわけです。なにしろ、元のコピーが斜めになってたりしますから、そんなのもまっすぐにしたり、全体のバランスで配置を変えたり、なんてことを、実際に紙と糊を使ってやるのは大変ですからね。
 半日仕事をして、全部で4曲あるうちの2曲が出来上がりました。その「ハバネラ」と「セギディーリヤ」は、たった2ページに収まってしまいました。後の2曲は、おそらく3ページずつになるはずです。途中でスコア自体が間違っているところなども発見、これだから、実際にやってみないことには分からないことがたくさんあるのでしょう。
 出来上がったパート譜は、CDを聴いて間違いがないか確かめます。そこまでやったからには、私が自分で吹いてみたいと思うのですが、もう一つの方も吹いてみたいし、果たしてどうなることでしょう。そういう「ローテーション」を決めるまでが、一番ストレスがたまる時期です。
aventure number : 2312 date : 2014/9/2


今日の禁断 ライン

 もう8月も終わり、こうなると、いくらお天気が良くても、もうすっかり秋の気配が漂ってきますね。今日も愛子方面に行く用事(いえ、花屋さんでのオークション、というか売れ残り品の投げ売り)があったのでがあったので、前に見た「田んぼアート」はどうなったのか、見てみることにしました。これが1ヶ月前、7月27日の写真です。
 そして、これが今日の写真。もう稲の穂が実っていますから、全体の色合いが変わっていますね。でも、まだまだ「アート」は楽しめそうです。
 家にいる時には、前回書いたように、久しぶりに職場の公式サイトを作りなおしてみました。もうサイトは変わっているので前のはどうだったのか比較なんかは出来ませんが、一応トップページのファイルだけは保存してあったので、見ることは出来ます。それはこんな感じ、新しい庫裏が出来たばかりだったので、そこをメインの写真にしてあります。
 そして、それから10年以上経って、震災後の改修工事も終わったということで、写真もそのあたりを使おうと思い、まず、工事に関係した建物が全部入るようなパノラマ写真を撮ってみました。まあ「震災後」というのを印象付けることにはなるでしょうからね。
 当然、パノラマですから写真は横長、それに合わせてレイアウトを考えると、今まで縦に並べていたメニューを横一列にする、というのが落ち着きそうなので、こんな風にしてみました。そして、その下に今までなかったコンテンツを加えた、ということです。ただ、おとといの時点ではこのテーブル枠の素材が別のものだったはずです(と言って、分かる人はまずいないと思いますが)。最初のものはそれなりにカッコよかったのですが、ちょっと不細工、それからもっといいものがないかと素材サイトを探し回って、最終的に決めたのがこれです。
 なんだか、出来あいのブログのスキンみたいですが、まあこのぐらい「軽い」ほうが、最近のネット社会の中では自分を主張できるのではないでしょうか。いや、別に何も主張する必要なんかはありませんが、まあ、ウェブマスターとしての誇り、というか。
 こういうのが出来てしまうと、中身の方も全部変えたくなってしまいます。それこそスタイルシートでも導入していれば、簡単に直せるのでしょうが、作った時にはそこまで考えていなかったので、ひたすら1ページずつ書き直して行くしかありません。まあ、いままでのソースの前後に、テーブルをコピペするだけで、出来てしまいますけど、その他にも細かい手直しは必要になってくるわけです。早い話、昔のサイトは銀塩写真をスキャンしたものですから、とりあえず、ここのシンボルである「マルミガヤ」の写真だけでも最新のものに変えておきたいですよね。
 そこで、パノラマ写真を撮ったのと同じNEX-6で、新しく撮ってみました。アングルはこれがベストです。ただ、電柱は仕方がないとして、その前にある物置がちょっと邪魔ですね。
 そこで、それを消してみます。ちょっと恥ずかしくなるような雑な仕事ですが、まあ、これだけを見た人だったらまず気が付かないのではないでしょうか。
 この素材だと、いままで<HR>で書いていた水平罫線が馴染まなくなってしまいました。属性を変えれば、ベタな罫線にも出来るのですが、それがブラウザによって太さが違ったりしますから、それを画像で置き換えたりと、まだまだやることは残っています。
aventure number : 2311 date : 2014/8/31


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。