今日の禁断 チューバ


 この週末は、あちこちで関係者の参加するコンサートが行われていたのですが、合唱もオケも、行くことはできませんでした。なんせ、「アラジン」のチケットを買った時には、まだそういう予定はチェックできるほどのものではありませんでしたからね。でも、パリンカの場合は青文コンサートホールで入場者数が900人ですってね。ホールに入りきらないお客さんはロビーでモニターを見ていたのだとか、すごいですね。次の日は市民響とシンフォニエッタが重なっていたので、どっちに行っても恨まれたでしょうし。
 ということで、私の場合は「おと休」パスの消化にいそしんだ週末でした。きのうは、念願の鉄道博物館に行ってきましたよ。いつも新幹線で東京に行くときに、大宮の手前でその建物が見えるので、いつかは行きたいと思ってました。
 鉄道博物館に行くには、大宮駅で「ニューシャトル」に乗り換えるのが一番便利。こんな大々的な表示がありますから、間違えることはありません。実は、私は2005年にやはりニューシャトルに乗りに来たことがあったのですが、その時はこんな立派な表示はまだありませんでした。そのあと、2007年に開通したんですからね。その時は、いかにもマイナーな乗り物、といった感じ、車体は汚いし、何より駅舎がほんとにみすぼらしいのにはがっかりしましたが、いまは、鉄道博物館駅に関してはそんなことは全くありませんでした。というか、2005年の時には別の駅名でしたからね。
 入場券を買うのではなく、スイカで直接入場するというシステム、さすがJRですね。そういうのを記念に集めている人のために、出る時にスタンプ用紙が渡されました。
 「博物館」とは言っても、自由に中に入ってみることができる車両がたくさんあったのには、感激です。
 こんな車両、これは乗務員室ですが、確か同じ形でトイレになっているのもあったはず、このあたりは実際に本物に乗ったことがありますからもうたまりません。
 こんな、木製の椅子が向い合せになっているのが標準のレイアウトという列車は、小さいころの定番でしたね。
 そして、なんと特急「ひばり」ですよ。しばらく大宮に住んでいましたから、仙台に帰ってくるときにはいつもこれに乗ってましたね。
 ちゃんと「仙台行」って書いてありますし。
 ちょっと硬めのシート、今の新幹線より大きな窓は、とても快適でしたね。
 これがごみ箱。指定席が取れなかった時なんか、ここに座っていたこともありましたね。
 これは水飲み場です。右に折りたたんだ紙コップが入っていて、それを広げてコップにして水をくむんですよね。よく冷えた水だったような気がしますが、本当はどうだったんでしょう。
 そんな、「鉄道」というよりは、それにまつわる思い出がぎっしり詰まった博物館、とても楽しめました。最後はちょうど時間になったので、2階からターンテーブルが回るのをしっかり眺めてしまいましたよ。もう少しすると、増築されるそうですね。その時は、また来てみたいものです。
 今日になったらなんだかいやなニュースが。ネットには顔写真まで掲載されてましたね。明日の練習や、そのあとの選曲会議では、どんな話がでるのでしょう。
Aventure Number : 2463 date : 2015/6/29


今日の禁断 マンボ


 梅雨に入ると同時に雨が降り続いている仙台地方ですが、例の「おと休パス」が使える期間中を狙って、劇団四季でやっている「アラジン」を見に東京まで行ってみたら、あっちは雨なんか降ってませんでした。同じ梅雨だというのに。なんでも、この新作ミュージカルはものすごい評判で、もうすでに劇団四季の持ち分はすべて売れてしまっているのだそうです。チケットを買った時でも、まず初日は完全に抽選でしか手に入らないようになっていて、当然うちの分は落選でした。それでも、先行発売の時に、その「おと休」がらみの休日を狙ったら、何とか取れたというレアものです。それも、座席指定はできなかったので、思い切りはじっこの席しか取れてませんでした。
 原作はもちろんディズニーのアニメ、それを、やはりディズニーがミュージカル化するという、「美女と野獣」(秋に仙台でロングランがありますね)とか「リトル・マーメイド」と同じ手法のプロダクションです。それを、演出からなにからまとめて「輸入」するというのも、最近の日本のミュージカルの定型ですね。
 アニメはもちろん見ていましたが、「A Whole New World」以外の音楽は全く記憶にありませんし、ストーリーももうすっかり忘れていました。でも、なんだかアニメにはあったのにミュージカルにはない役とか、その逆のケースなんかは結構気になりましたね。要するに、アニメでは動物だったものを、さすがに「ライオンキング」みたいなことはできないと人間のキャストに置き換えたのでしょう。でも、ジーニーはしっかり登場していましたから、うれしかったですね。確かアニメではロビン・ウィリアムズが声を担当したはずですが、おそらくロビンのアドリブをそのまま録音して、それに合わせて絵を付けたのでしょう、とても面白いキャラに仕上がっていましたね。それが、このミュージカルでもしっかり決まっていたんですね。正直、最初の方はちょっとかったるい進行ですし、セットもなんだかチャチで、なんでこんなのが評判をとったのか理解できなかったのですが、ジーニーが登場するやいなや、ステージが俄然面白くなってきましたからね(実は、彼は最初に登場していたのですが、あれがジーニーだとは気が付きませんでした)。最初のジーニーが客席に向かって突っ込むあたりは、もろ、オリジナルの演出をそのままなぞっているのでしょうが、とっても上手に消化していましたね。そしてそのあとのダンス・シーンが圧巻。前半のモヤモヤを吹っ飛ばして、グイグイとステージに引き込まれてしまいます。この中で、バーンスタインの「ウェストサイド・ストーリー」からの引用があったのも、うれしかったですね。そのことに気が付いた人は、満席の劇場の中には私以外に何人ぐらいいたのでしょう。
 そうなったら、もう細かいところ(いかにも「劇団四季」というダサいセリフまわしとか)なんか全然気にならなくなって、ストーリーの進行にどっぷりつかってしまいます。そこで出てくるのが「A Whole New World」ですから、たまりません。魔法のじゅうたんはしっかり空を飛んでるし、月をバックにした夜空は美しいし、もうすっかり「アラジン」の虜です。確かに、これだったらあれだけヒットしたことがよくわかります。機会があったらぜひ見てみることをお勧めします。チケットはなかなか手に入らないかもしれませんが。
 席は、PAのスピーカーの真ん前だったので、それこそこの間の「駅コン」みたいなひどい音を聴かせられるのかと覚悟していたら、そんな近くでも全然うるさくない、とてもクオリティの高い音だったのにはびっりしました。ヴォーカルも、ソロの時などは完璧です。さすがにアンサンブルになって声がたくさん重なると、かなりの歪は出てきますが、それでもそんなに気にならないほどです。確か、同じ劇場(「海」)でやった「ウィキッド」の時に、音響的に大幅な進歩があったように言われていますから、そのあたりからこんな素晴らしい音が実現できるようになっていたのでしょうね。
Aventure Number : 2462 date : 2015/6/27


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。