今日の禁断 ニュートラル


 きのうは、ニューフィルの今年最後の練習でした。ちょっと早いですが来週は火曜日が祝日なので、誰も来ないだろうということで繰り上げになったということです。最後だからみんな来るだろうと思ったら、そういうパートもありましたが、そうでないパートもあったということで、この日のために作った「かいほうげん」もだいぶ余ってしまいましたね。
 それよりも、そろそろ出掛けようかな、と思った頃に、フルートパートの人が「熱があるので休みます」という連絡を寄こしたので、ちょっと焦ってしまいました。となると私が代わりに吹かなければいけないのですが、そのパートが「白鳥の湖」のピッコロというのですから、これはちょっと大変。なんせ、フルートでさえ高音続きでヒーヒー言っているのに、それをピッコロで吹くのですから、これはちょっと私の能力を超えています。というか、もう最初からあきらめてピッコロは全然さらってませんでした―。
 職場を出ると、かなりの雨。さっきまでは雪が降っていて、夜に予定されている委員会のために車が上がって来れるように融雪剤を撒いていたのが、これで全部流されてしまいましたよ。この雨が、夜更け過ぎに雪へと変わってしまったら大変ですね。
 そのピッコロは、結局全くの初見で吹くことになってしまったのですが、まあなんとかなったみたいですね。でも、高音が続くところでは、もう酸欠でめまいがするほどでした。練習が終わると、なんと雨はやんでいましたよ。これだったら坂道も大丈夫・・・だと思ったら、逆に雨が凍ってしまって、登って来れない人が続出したようでした。私の車は勢いで登ったのでなんともなかったのですが、途中で止まってしまった人が立ち往生して、結局下の駐車場に停めたのだとか。とんだ災難でしたね。委員会では、私が時間を割いて作ったリストはいったい何だったのか、という悲しくなるような発言があったりしましたが(まあ、言った本人はそれに気づいていないというのが辛いところで。こういう人はどんな世界にもいます)、割と早めに結論が出たので、帰りの下り坂を気をつけて下るようにアドヴァイスして、お開きです。
 そして、今日はもう1日中袋詰め作業に没頭です。単純作業の連続ですから、ここはBGMを流しながら、ということで、LPをとっかえひっかえかけてみました。最近買ったLPがたくさんあるのに、ろくすっぽ聴いてなかったので、せっかくですからこんな時にまとめて聴いてみようと思いまして。まずは、一番新しい竹内まりやから、その流れで山下達郎。いやあ、本当にLPの音は気持ちがいいですね。試しに、達郎の同じCDをそのあとでかけてみたら、もうなんだかすっかり平べったい音になっていて、早々に停めてしまいましたよ。業界では「ハイレゾ」をブームにしようと躍起になっているようですが、まずはしっかりしたレコードプレイヤーを買って、こんな新しいLPをぜひ聴いてほしいですね。いい加減なハイレゾよりも、ずっといい音がしますから。
 もちろん、クラシックのLPも聴いてみました。6枚組のボックスをいっぱい買ってあったのですが、いまだに全部は聴いてなかったんですよね。もう、この弦楽器の滑らかな音を聴いてしまうと、CDには戻れなくなってしまうほどです。散々聴きまくって、もう一つ、「フェイズ4」で「黄河」を聴こうとジャケットからLPを出したら、なんと、そこには同じボックスにあったストコフスキーの「シェエラザード」が入っていたではありませんか。
 これは完全な不良品。でも、買ったところの案内を見ると「不良品の交換は到着から7日以内」とありましたね。これを買ったのは2か月前ですから、もうダメでしょう。まあ、また一つ「珍品」が手に入った、ということで納得することにしましょうか。でも、悔しいので同じアルバムのCDを聴いてみたら、やっぱり物足りませんでした。まあ、曲自体は何度も聴くようなものでもないので、いいのですが。このダブってしまった「シェエラザード」のLP、もし欲しい人がいたら差し上げますよ。あいにく中身だけで、ジャケットは付けられませんけどね。
Aventure Number : 2365 date : 2014/12/17


今日の禁断 リャードフ


 さあ、また忙しい1週間が始まります。今週のミッションはニューフィル関係で「かいほうげん」作り、「希望曲リスト」作り、そして「日程表」作りでしたね。おかげさまで、最初の2つは無事終了しましたので、明日練習に行くまでに「日程表」さえ作れば、今年のニューフィルでの仕事は全部終わるはずです。
 そして、やはり今週中に職場でやらなければいけないのが、年末のお便りの発送です。去年は20日に発送しているのですが、今年はその日は土曜日ですから、金曜日には発送しなければいけません。確か、去年は「まだ着かないんですが」なんていう問い合わせがあったそうなので、それ以上発送日を送らすことは許されません。まあ、お客さんも毎年のお便りを楽しみにしているのだと思って、一生懸命作業をしなければ。
 その「お便り」を始め、すでに封筒の宛名印刷も全て終わっています。その時に、今までとは違って、ゆうメール用のシールを貼るという工程が加わっていました。なにしろ、区内特別郵便よりも安く出せるのですから、これだけ大量に出す時にはかなりの節約が出来ます。でも、こちらの住所を印刷した封筒には、すでに「料金別納」みたいな印も印刷してあるので、その上にゆうメールのシールを貼らなければいけないのですよ。なにもなければハンコを押せばいいのでしょうが、まさかこんな事態になろうとは思ってなかったので、もう数年分の印刷済みの封筒の在庫を抱えているというわけです。まあ、ゆうメール自体がこの先どうなるのかは全く予想できないので、とりあえずはこのシール貼りが最良の方策なのでしょう。あとは単純な袋詰めだけ、これは忍耐力だけが勝負です。
 しかし、自宅関係では、まだ大仕事が残っています。それは年賀状作り。今年は結婚式があったので、その写真をフィーチャーすることだけは決めたのですが、その先の作業が全く進んでいません。なんか、写真を撮っただけで安心してしまったんですね。これだけあれば、もうやり始めればすぐに出来てしまうだろう、という、いつもながらの私のやり方です。
 そんな、たくさん撮った写真を、愚妻はやはりプリントした「紙」で見たいと言い出しました。PCは使えないので、自分で写真を見ることが出来ないのですよね。確かに、プリントした方が見やすいのでしょうが、私にしてみれば300枚もあるのをプリントしてもわずらわしいだけだと思ってしまいます。そこに、結婚式に出ていた義弟が自分で撮った写真150枚分のデータを持ってきてくれました。そうなると、もう収拾がつかないので、これらを愚妻の唯一のITツールであるiPadに転送してやろうと思いました。これだったら、面倒なこともなく、しかもプリントのサービス版なんかよりずっと大きくてきれいな写真が手元で見ることが出来ますからね。
 そこで、私にとっては初めての体験、PCからiPadへの画像の転送を実際にやってみることにしました。日ごろ、まず使うことのないiTunesが新しいバージョンになっていたので、まずそれをインストール、あとはガイドに従ってPC内にフォルダーを作って転送するだけ、とても簡単に出来てしまった・・・と思ってiPadを開いてみたら、いつの間にかフォルダーがなくなって、別のところに移動してしまってましたね。なんか、このあたりが良く分からないところです。でも、これでいともスマートに大量の写真を見ることが出来るようになって、愚妻、というか「連れ合い」は喜んでいるようです。
 逆に、iPadやiPhoneで撮った写真をPCに転送することも出来るはずなのですが、これはまだやったことがありません。私の場合は、もっぱらメールに添付してPCあてに送るというやり方。それで、スーパーでこっそり撮った写真を加工して、こんなのを作ったりしています。
Aventure Number : 2364 date : 2014/12/15


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。