今日の禁断 サジ


 1か月前、新しい年度を迎えた時に、このサイトに関して一つの変更を行ってみました。というのも、今年に入ってから「おやぢの部屋」に使うアイテムがなかなか入手できなくなってきて、もうだいぶ前に出たものでも「新譜」扱いで取り上げないことにはどうにもならないような状況に陥ってしまっていたのですね。まあ、本当に聴きたいものがリリースされないということです。今のCD業界はかなりヤバい状態ですから、いろいろ厳しい面もあるのでしょう。サンプルもケチらないことにはやっていけないとか。
 そこで、限りある資源を有効に使うために、ほんの少しだけ「おやぢ」のリリースを少なくすることにしたのです。具体的には、今までは2日おきにコンスタントに書いていたものを、「週3回」にしました。同時に、「禁断」の方も基本週3回ということにして、毎週日曜日か月曜日には「休日」を設けることにもしました。ただ、「禁断」の場合週末に大きなイベントがあったりしますからうまくすれば2日分のネタが出来ることもあるので、必ずしも毎週休みになるわけでもない、というユルさです。
 実際、4月の第1週と第2週はこれをやってみました。そうすると、これがかなり楽なんですね。無理をしなくてもヒマな時にちょこっと書けばノルマが達成できるという感じです。でも、第3週と第4週にはそれぞれ大きな出来事があったので、お休みはありませんでした。そんな感じで、無理をせずに続けるというのが、長生きの秘訣なのでしょう。
 だから、このスケジュールは、ちゃんと読んでいらっしゃる方には浸透してきたのかな、と思っていたたのですが、おとといもそのローテーションで休みを入れたら、まるで私が憩室炎で入院したかのように「なにかあったんですか?」みたいなコメントが寄せられてしまいましたよ。やはり、長年「毎日更新」をやっていると、そんな習慣が出来あがっている人がいるようになっていたんですね。逆に、なんだかありがたいような気がしてしまいましたね。
 それはともかく、この間の「タケノコ掘りたいかい?」が雨にたたられたように、今年のゴールデン・ウィークはあまりお天気には恵まれてはいません。というか、なぜかこの地方だけが悪天候にたたられているという腹が立つお天気でしたね。寒かったし。
 きのうは、それでもまずまずいいお天気で、こんな時にはまず定義山に行って三角油揚げを食べるというのが例年のことなのですが、いざ向かおうと思って西道路に向かったら、ちょっと時間が遅かったのかものすごい渋滞で、広瀬文化センターの前あたりからほとんど進まなくなってしまいました。これでは明るいうちに定義に着くのは無理なので、ずっと手前の、この間も行ったばかりの花屋さんへの道で降りてしまいました。
 そこには、前からとても気になっていたカフェがありました。アイスのお店とセットになっていて、アイスの方はよく買っていたのですが、カフェのランチがなかなかおいしそうなのに、まだ実際に食べたことはありませんでした。というのも、いつ来てもお店の中は満席で(テーブルが5つしかありません)、あふれた人が外のテラスでも食べているという状態で、かなり待たされてしまいますからね。きのうも、やはり中で食べたかったので、結構待たされましたが、そのランチは期待通りのおいしさでした。
 ご飯は五穀米で、煮干しと牛蒡がトッピング。味噌汁は油麩とジャガイモがメインです。あとは豆腐のグラタンとか、シイタケのハンバーグなど、殆ど精進料理かと思えるような素朴さで迫ります。でも、味付けがそれぞれに工夫が凝らされていて全部がとてもおいしく食べられるんですね。
 食後は、お隣のアイス屋さんでラムネシャーベットとラムレーズンのダブルを頼みましたが、ここの店主のおじさんが、いつもながらのとても気持ちのいい挨拶をしてくれるんのがうれしくて。真顔で「どうぞ、楽しんでいってください」なんて言われると、本当にハッピーになれますね。
Aventure Number : 2620 date : 2016/5/4


今日の禁断 ファゴット


 「タケノコ掘りたいかい?」の当日となりました。タケノコの伸び具合とか参加者のスケジュールなど、あらゆることを考慮して決めた開催日だったのですが、数日前からどうやら雨になるのではないか、という予報が出ていて、気が気ではありませんでした。直近の予報でも、ほぼ1日雨で、夕方になってやっと曇りになる、というかなり厳しいものでしたから、心配になってしまいます。
 案の定、昨日から今日にかけて、「お天気は大丈夫でしょうか?」という問い合わせが参加者の方々から頻繁に届くことになりました。私としては、開催時間の午後3時ごろにはたぶん雨は止むのではないか、と、なんとなく明るくなってきた西の空を見ながら答えることしかできません。さらに、悪いことは続くもので、参加者のメインゲスト、今回初めてお呼びしたら快く参加を決めてくださった(わざわざこのためにスケジュールを調整されたのだとか)仙台フィルのMさんが、なんと入院されてしまわれたという知らせが届きました。まあ、連絡のメールの様子はとてもお元気そうなので少しはホッとしましたが、これは一大事です。
 それでも、午後になったらほとんど雨は止んでしまったような感じになりました。この分だったら別に雨具がなくても楽しくタケノコ掘りが出来そうです。少し早目に開場に向かって、まずはしばらく見ていなかった竹藪の状況を調べてみましょう。
 やはり、今年は大豊作の年だったようですね。もう竹藪の中はいくらでもタケノコが見つかりますし、こんな、竹藪の外にまで地下茎が伸びていて、しっかりしたタケノコが頭を出していましたよ。
 最初にやってきたのは、初参加のSさんとその娘さん。わざわざこのために長靴を買ってきたという気合の入れ方です。
 3時にはほとんどの人が集まり、竹藪全体に広がって掘り方を始めました。思い思いに楽しんでいただけたのではないでしょうか。中には、竹藪に生えているタケノコを見るのも初めて、なんて人もいましたから、新鮮な体験だったことでしょう。
 しばらく経つと、みんなが掘り出したタケノコがこんなに集まりました。ものすごい量ですね。毎年掘っている私でも、こんなにたくさん掘ったのは初めてです。たくさんの人が来ることが予定されていたので、果たして全員が掘る分が残っているだろうかと思っていたのは全くの杞憂でした。
 2年ぶりの参加となったNさんは、ひたすら調理に専念です。でも、途中で雨が強くなってきたので、思う存分腕を振るうことが出来なかったのは残念だったでしょうね。来年はがんばってもらえるといいのですが。
 そして恒例の集合写真です。ほんと、この竹藪にこんなにたくさんの人が集まったなんて、前代未聞です。この頃はもうかなりの雨、それにもめげず「楽しかった」と言っていただけたのはうれしかったですね。ニューフィルでは初めてのNさん、Mさん、Sさん、Tさん、そして仙台フィルのMさん、どうもありがとうございました。今年は都合が悪くて来れなかった方も、次回は懲りずにエントリーしてくださいね。
 あ、ここには私は写っていません。写真を撮っていたものですから。
Aventure Number : 2619 date : 2016/5/1


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。