今日の禁断 ムスビマル

 東北地方は今日梅雨が明けたそうですね。本当はもうだいぶ前から明けていたような気がしますが、おそらくこれはあとで修正されるのでしょう。ですから、きのうはもう完全な夏空のもと、特に用事もなかったので、秋保に新しく出来たというなんとかというところまで車でドライブしてきました。
 ちょっとした「道の駅」程度のものかと思っていたら、かなり広大な敷地にいろいろなものがこれから出来るだろうな、という感じのところでした。とりあえず完成しているのが、この、まさに「道の駅」の建物です。
 こんなかわいい、お米のパックがありました。こういう農産物の他に、お菓子屋さんのテナントがあって、そこが関係している商品がいっぱい置いてありましたね。本来はお茶屋さんなのですが、こんなに商品展開をしていたなんて、知りませんでした。なんせ、「くずもち」まであるんですからね。いたるところで試食が出来るようになっているうえに、冷たいお茶のサービスもあって、それだけでお腹がいっぱいになりそう。
 案内コーナーに行った時に目についたのが、「田んぼアート」の案内チラシです。一度現物を見てみたいと思っていたのですが、なんでも車で行けばすぐそばに、堂々たる「アート」を見ることが出来る場所があると書いてあったので、さっそく行ってみることにしました。
 それは、いつも練習に使っている広瀬文化センターのそば、向かい側の錦が丘に上っていく道の途中に、旗が何本も立っていて、ちゃんと駐車場への案内がありました。
 これがその「田んぼアート」です。向こうに見えるのが広瀬文化センター。
 足元のウサギを、さっきの端の上から見ると別のものになるというので、行ってみたら。
 確かに。
 ただ、最近の「田んぼアート」だと、こういう、「真上から」見るという構図ではなく、ここのような「遠くまで見渡す」ということを前提にして、遠近法を使って真正面に見えるようにデザインしているところが多いのではないでしょうか。そこで、さっきの写真をPhotoshopで加工して、「真上から」見たように変形してみました。
 そうしたら、さっきのアングルでは見えなかった、背景の山(蔵王でしょうか)まではっきり見えるようになりましたよ。せっかく作ったのに、今のままではここまで見えることはないのが残念です。来年は、このような「遠近法」まで考慮したら、よりインパクトが増すのではないでしょうか。いや、今のままでも充分にインパクトはあって、実はほとんど感動ものだったのですがね。
 そんなに遊び歩いていても、「かいほうげん」の方は、無事出来上がりました。これで、明日印刷のトラブルさえなければ発行出来るはずです。最後のページが、かなりのスペースがあったので、ほんとだったらそこに団員のご家族の御不幸などを掲載すべきだったのかもしれませんが、それは記録として私の胸の中にとどめておくだけにして、やめることにしました。その代わり、思いっきり明るい写真が見つかったので、それを載せてあります。
aventure number : 2294 date : 2014/7/28


今日の禁断 ゴルゴ

 このところ、やることが山積みで多少テンパっているところです。先ず最優先は来週発行されるはずの「かいほうげん」の作成なのですが、もうすべてのページのネタは揃っているのに、なかなか実際の作業が進みません。そこに、先週の演奏会の録音が届いて、その編集をやることになったので、そちらにも時間が割かれてしまいます。いや、これは、ベタで前半と後半がそれぞれ1枚ずつのCDに入っているものを、曲や楽章の頭出しをしてCD1枚に収めるという仕事ですが、これは単純に余計なところをカットしてトラックをいくつか作り、あとはそれを並べてCDに放り込めばいいだけですから、1時間ぐらいで簡単に終わってしまうと思っていました。でも、それで作ったCDを聴いてみると、まだ余韻が残っているのにブッツリ切られて、すぐ次の曲が始まる、なんてところがたくさん見つかってしまいました。波形を見てもう音はなくなっただろうと切ったところをよく聴いてみたら、まだティンパニの音だけがかすかに残っていた、というようなところです。これではちょっとまずいので、もう1度編集のやり直しです。まあ、CDからリッピングした元のデータから、もう1度切り抜くというだけの話なのですけどね。
 そんなわけで、金曜日の午前中いっぱいを予定にないことに使ってしまったので、やはり「かいほうげん」を仕上げることはできませんでした。いや、最初からどうも無理なような気はしていたので、もうこれは家へ持ち帰って作業をやれ、ということだったのでしょう。なにしろ、今日の午前中だけでは到底終わらなかったので、そもそも金曜日中に仕上げるのは無理だったことが分かりましたから。
 残りの仕事は明日に回すことにして、暑い中街に出かけました。もう溶けてしまいそうな暑さ、一番ひどいのは駐車しておいた車の中が蒸し風呂、いや、まるで坩堝のようになっていることです。いくらエアコンをかけても、そう簡単に気温が下がるわけではないので、これには参りますね。
 久しぶりに駅に行ったら、地下の売店は夏祭りモード、こんな「仙台土産」のTシャツが見つかりました。
 気持ちは分かります。「これでいいのだ!」を「仙台弁」でしゃべらせた、ということなのでしょう。しかし、これは仙台人にしてみれば、「誤訳」以外のなにものでもありません。正しくは「これでいいのっしゃ」ではないでしょうか。これを見て本気にする人が出てくるのが、心配でたまりません。ついでに、このキャラは「天才バカボンのパパ」であって、決して「天才バカボン」ではありません。
 2階に上がって仙台駅のコンコースに行ってみると、いつのも七夕とは様子が違っています。この時期には必ず天井からつりさげられている吹き流しが見当たらないのですね。これは、この屋根の工事が始まっているためです。奥の方に足場が組んでありますが、これがこれからこちらまで伸びてきて、この天井が全く別のものに変えられるのだそうです。それが七夕期間中にも行われるので、なにも飾ることはできないのだとか。大変ですね。
 それだけではなく、駅の東口は今すごいことになっています。自由通路を出てみると一瞬今までの景色はどこへ?と思ってしまったのは、そこにあったかつてのヨドバシの店舗が、きれいになくなって更地になっていたためです。
 そして、これはかつてはX橋(「エックスばし」ですからね。「ばつばし」ではありません)と呼ばれていた跨線橋が、一夜にして撤去されたために、その下をくぐっていたトンネルがなくなってしまった、という風景です。その昔のトンネルの写真が、下の画像です。
 車なんか通れなくなっているのでは、と思っていたのですが、逆になにもなくなったために、あっさり通れてしまいました。いずれはここに、奥にある道路と同じものが作られることになるのでしょう。
 そういえば、「ジュラシック・ページ」のトップページも、少し変わりました。今まで下の方にあった入団者募集のバナーのうち、チェロのものは募集の必要がなくなったので撤去しました。もう一つのヴァイオリンの方はまだ残してありますが、これも少しリフォームしてあります。
aventure number : 2293 date : 2014/7/26


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。