今日の禁断 デュカス


 そもそものきっかけは、買い替えたブルーレイ・レコーダーが今まで使っていたアンプにつなげるための出力を持っていなかったことから、仕方なくHDMI対応のAVアンプを買ったことだったのですが、そこから芋蔓式(とは言わない?)に作ってしまったのが我が家のサラウンド・システムです。これがもはや、私が自宅で映画を見る時には、欠かせないものになってしまいましたね。なによりもすごいのは、そんなサラウンドの音声がそのまま放送で流れていて、それを録画すればその場でサラウンド対応のソフトが出来てしまうということです。
 しかも、映画の場合、音声をサラウンドで作るようになったのはかなり前のことなんですよね。ですから、かなりクラシックな作品でも、きちんとサラウンドになっているので、録画したいと思うものの大半はサラウンドで楽しむことが出来ます。
 ですから、極端な話、もう映画は劇場に行って観る必要がなくなってしまったと思えるぐらいですね。だって、私にとってわざわざ映画館まで行くことの意義は、そういうサラウンドを体験できることだけでしたからね。まず、あの大画面は、正直でか過ぎますよ。私は劇場ではまず最後列に座ることにしていますが、それでも大きすぎますからね。それがアクションシーンだったりすると、もう視界の中で物を見る許容範囲を超えてしまいますから、疲れるのなんのって。そもそも、人間の顔があんなに大きいのって、気持ち悪くないですか?
 あとは、画質、というか、明るさが不足していることがよくありますよね。昔行っていたMOVIXは、かなりそういう感じで、もう我慢が出来ないぐらい暗い時もありましたし、今行っているTOHOシネマだって、少しは良くなってますが、まだ不満を感じることはありますからね。
 あとは、エンドクレジットで、必要な情報を得る前にもう流れてしまって見えなくなってしまう事。自宅だったらポーズにすれば、しっかり細かいところまで見られますからね。
 そして、最大の欠点は、まわりに赤の他人がいっぱい座っていることです。最近では、映画に合わせて一緒に歌を歌ったり、踊ったりすることがあるのだそうですが、そんなところには絶対に行きたくありませんね。
 そんな、映画館の欠点を、すべて解決してくれるのが、自宅でのサラウンドなんですよね。もちろん、これはあくまで私の個人的な感想ですから、無視していただいて結構ですよ。
 サラウンドは、映画だけではなくオーディオの世界でも広がっています。まあ、ピュア・オーディオを信奉している人には、それは外道だと否定されてしまうかもしれませんね。私も、かつてはそうでした。でも、試しに、今まで買っておいたハイブリッドSACDのマルチトラック・レイヤーを聴いてみると、なかなか楽しい発見がありました。そもそも、今から何十年も昔に同じことをやっていた「4チャンネルステレオ」の音源が、そのままサラウンドになって発売されたりしていますから、これはたまりませんね。
 そんなもので、私が聴いてみたいと思うのが、かつてやはり4チャンネルに熱心だったCBSの音源です。たしか、ブーレーズがバルトークの「オケコン」をしっかり4チャンネルのための配置で録音したものがあったはずなので、これをサラウンド付きのハイブリッドSACDで復刻してくれないものでしょうかね。タワーレコードあたりで。
 ただ、その、昔の「4チャンネル」は、スピーカーはこんな風に設置することになっていました。
 しかし、今のサラウンドで推奨されているのは、こういう置き方です。
 私の職場でも、自宅と同じ機材を使ってサラウンドを聴いていますが、そのリア・スピーカーを、場所の関係で最初は上のように置いていました。でも、なんだかそれだといまいちサラウンド感が不足しているので、頑張って下のように置き換えてみたら、俄然リアの定位がくっきりとしてきました。これで聴き直してみたいSACDは、まだまだたくさんあります。
 そういえば、きのうの夜、来春のニューフィルの定期演奏会の前曲の候補曲を絞って、それを団長が今日になって篠崎さんに送ったのですが、その返信も1時間も経たないうちに届いたのだそうです。それこそサラウンドで聴きたいような曲が満載のコンサートになりました。
Aventure Number : 2962 date : 2017/6/20


今日の禁断 イズミティ


 今日は、ニューフィルと同じ仙台の市民オケの定期演奏会に行ってきました。エキストラでニューフィルの人もかなり参加していますし、フルート・パートには知り合いもいますからね。
 このオーケストラ、ニューフィルと同じような規模ですが、そのキャラクターはずいぶん違っているみたいです。まず、定期的な練習日が、うちは平日ですがあちらは土日が基本、そのあたりで生活サイクルの違う人が集まることになります。それと、おそらくあちらの方がメンバーの平均年齢が低いので、なにか大胆な面が見えるような気もします。
 たとえば、コンサートの会場に行ったら、こんな風にガラスに大量のチラシを貼ったりしてありました。うちもこのホールは再三使っていますが、ここまでやったことはありません。
 それと、こちらは毎回「ロビコン」をやっているようですが、それもとても手慣れた感じですね。
 この編成でルロイ・アンダーソンの曲をさらっと演奏してくれました。このホールは、ロビコンには最高の環境ですね。そして、これが終わって席に着くと、指揮者の松井さんがプレトークを行う、ということになっていました。そもそも開場時間が開演の1時間前なので、こういうスケジュールが楽々組めるのですね。これは見習いたいところ。
 普段はあまりこのオーケストラを聴くことはないのですが、今回は、うちがこの間演奏した「禿山」の「原典版」をやってくれるということで、来てみました。なんせ、私が書いたプログラムの曲目紹介の中でも、この演奏会のことを宣伝していましたからね。
 もちろん、「原典版」を生で聴くのは初めてですし、特にこの曲はピッコロが私が吹いたのとは比べ物にならないほど難しくなっていますし、それを、かつてはニューフィルのメンバーで、私と一緒に「火の鳥」のピッコロを吹いたことのあるAさんが吹くというのですから、とても楽しみでした。
 このホールは、何回も使っていて、リハーサルの時にいろんな席に座って聴き比べをしたこともあります。それで、ここは座席によってオケの聴こえ方が全然違うことが分かっていました。前の方だと管楽器が聴こえなくて、後ろの方だと弦楽器が聴こえないという、はっきり言って欠陥だらけのホールなんですね。もちろん、私は管楽器が聴きたいので、通路のすぐ後ろの席に座ります。
 そうすると、やはり管楽器はものすごくよく聴こえました。ですから、弦楽器が、なんだかとても貧弱にしか聴こえないんですね。これはホールのせいですから、仕方がありません。もう、管楽器は一人一人の個性まではっきり聴き分けられるほどです。Aさんは最高音の「D」を軽々とクリアしていましたね。
 ただ、こうして「生」で聴いてみると、この「原典版」はやはり「未熟」という感じはしてしまいますね。後半がいかにもベタで、退屈してしまいます。それを、ムソルグスキーはのちに自分の手で改訂して、エンディングを新たに加えて、さらに完成度の高いものに仕上げ、それを、リムスキー=コルサコフがもっとおしゃれにしたものが現行版なんですよね。
 ですから、この「原典版」には、作曲家が後に加えた「夜明け」のエンディングはまだ入ってはいません。ただ、今日渡されたプログラムの曲目紹介では、ここにも「夜明け」のシーンがあるかのような書き方がされています。これを読んでから聴いた人は、いつまで経ってもその「夜明け」が出てこないので、変だとは思わなかったのでしょうかね。
 次が、ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」。これは、私も演奏したことがあるので、私の音もこんな風に聴こえていたのかな、というシミュレーションが出来ましたね。
 メインのショスタコーヴィチの「交響曲第10番」は、生で聴いたことはなかったので、大いに楽しめました。もう、管楽器は(もちろん弦楽器も)いやになるほど難しいパッセージを、死に物狂いで練習してくれたのでしょうね。その成果が見事に表れていて、とても素晴らしい演奏が聴けました。ここでも、ピッコロはビンビン響いてきますから、爽快そのもの、私もあのぐらい吹けるようになりたいと、マジで思いましたね。いや、この曲だけはやりたくないですけど。
 夕食を食べていたら、「東北新幹線停止」のニュース。知り合いが青森に行っているはずなので心配して情報を集めましたが、故障した車両のブレーキが解除できないために、運行再開(うんこをさいかい)の見通しが立たないというので焦ってしまいました。でも、どうやら先ほど再開したようで、一安心です。新幹線は呪われてる?
Aventure Number : 2961 date : 2017/6/17


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。