今日の禁断 ルートイン


 このところ、ラジオの交通情報では名取付近で新しい道路が開通する、という情報を流していました。「館腰線とバイパスを結ぶ1キロの道路で、東北本線と立体交差する」というものです。地図で調べてみると、まだこの道路は反映されておらず、Google Earthでは用地買収が済んだ空き地と、立体交差のための橋梁が見えますね。
 矢印の左端が館腰線(THE MALLの前の道路)、右端が仙台バイパスです。真ん中辺に東北本線と旧4号線が並走していますね。仙台バイパスの先からは、アクセス鉄道の下を走る道路になります。
 ということは、今度の定期演奏会の会場、名取市文化会館のすぐそば、ということになります。右上の丸の中がその建物ですね。そうなると、ここに行くときにバイパスではなく館腰線を使うと、渋滞が少ないかもしれませんね。それで、きのう開通するというこの道路を実際に走ってみることにしました。
 館腰線(県道258号線)を南下すると、こんな新しい看板が出来ていました。
 ここから左折すると、目指す新しい道路です。
 まずは、住宅地の間を通る道路が続きます。
 しばらくすると交差点、その先の道路が上り坂になっているのが分かります。
 この下を旧4号線(県道273号線)が走っています。
 開通する前に、この付近で開通のセレモニーが行われているそうです。そこに来た人たちが写真を撮っていたりしました。
 この信号はまだつかわれていませんが、旧4号線からのランプウェイとの交差点です。前の方には、アクセス鉄道が見えます。
 道路はほぼ地平まで下がってきました。左手にアクセス鉄道の高架があります。
 そして、鉄道は中央分離帯の上に移ります。この先の信号が仙台バイパスとの交差点です。直進すればイオンモール名取方面に行きます。そして、信号を超えて最初の交差点を左折すると、名取市文化会館の駐車場があります。
 上の方の写真は、見て分かりますが助手席から撮っています。愚妻にiPhoneを渡して録ってもらったのですが、使いなれないので連射になってしまいました。そのあと、私が撮った分はノーマルだったので、なぜか写真の順番が時間通りになっていませんでした。不思議ですね。
 ここに行く前は、まだ配り終えていなかったチラシを置きに、美術館に行ってきました。今は大きな展覧会をやっているので正面の駐車場はいっぱいでしたから、裏手にある臨時駐車場に車を停めて、裏庭を通って中に入ります。その途中に大きな池があるのですが、そこの階段の壁面に何か書いてありました。
 こんなのがいるんですね。
Aventure Number : 2765 date : 2017/3/26


今日の禁断 コスモ


 今日の郵便受けにはたくさんの郵便物が入っていました。その中に大きな袋に入ったものが3通。どれも同じ封筒なのですが、中身が微妙に違っていました。それは、同じ出版社が発行している3種類のタウン誌、予想通りのものでした。実は、毎回この会社には演奏会の企画書とプレゼント用の招待券を送っているので、案内記事を掲載してくれるんですよね。だいぶ前にそのゲラが送られてきて校正などもやったのですが、それが発行されたので送ってくれたのです。
 これまでは「名取」と「富谷」だけだったのですが、最近「大崎」が加わったようですね。それぞれに地元の情報が盛りだくさんですが、そんな貴重な誌面を割いて、こんな案内を掲載してくれました。
 送ったチケットも活用してくれて、こんなプレゼントの告知もあります。
 おそらく、これはうちに届くより前に地元ではすでに配布されていたのでしょう。2,3日前に、私の携帯に2通、問い合わせの電話がかかってきました。どちらもまず、「今度名取で行われる『仙台フィル』の演奏会に付いてお聞きしたいのですが」と言っているのがちょっとおかしいというか、悲しいというか。やはり、パッと見ると「仙台フィル」が名取で「運命」や「新世界」をやってくれるのなら、聴きに行きたいな、と思われてしまったのでしょうか。ですから、私としてはまず「『仙台フィル』とおっしゃいましたが、私どもは『仙台ニューフィル』というアマチュアなんですが」と一言付け加えないわけにはいきません。まあ、単なる読み間違えで、別に「仙台フィル」を期待していたのではないような感じだったので、そのまま前売り券の売り場や当日券の案内をして電話を切ったのですけどね。
 ただ、これがもし本当に「仙台フィル」だと思って聴きに来る人がいたりしたら、ちょっと困ったことになりますね。まるで、うちが「仙台フィル」と間違えてほしいためにわざと「仙台ニューフィル」という名前を付けていると思う人がいないとも限らないじゃないですか。この前WOWOWを見ていたら三谷幸喜の新しい芝居をやっていましたが、それが「エノケソ一代記」という、まさに、下手をすると「エノケン」と間違えそうなネーミングで、エノケンのものまねをやっている男の物語でしたからね。うちの場合、実際は「仙台ニューフィル」の方が先にあって、あちらの方があとから「宮城フィル」だったものを「仙台フィル」に変えてしまったのですから、なんのやましいこともないのですが、そんなことを知っている人は少なくなってしまいましたからね。
 あ、余談ですが、その三谷幸喜の芝居は、ほんとにつまらなかったですね。もうこの人は「笑い」を作り出す才能が枯渇してしまっているのではないでしょうか。ここではなんと「役者」としても出演しているのですから、もう目を覆いたくなってしまいました。
 今日来た郵便物の中には、カードでガソリンや灯油を買っているスタンドの支払い明細も入っていました。毎月届くものなのですが、先月まではさるタレントの写真が封筒に印刷されていました(下)。この人がメディアで騒がれてからかなり経っていたのに、まだこんなところで使われているのか、と思ったのですが、今月の封筒(上)では、見事に写真がカットされていましたね。もう、今頃はすっかりこの人のことなんかみんな忘れているというのに。
 もっと大騒ぎになっている、この国で一番エラい人のしたことや言ったことも、1ヶ月も経てばみんな忘れてしまうんでしょうね。いや忘れたふりを強要される、というか。
Aventure Number : 2764 date : 2017/3/24


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。