今日の禁断 センス


 今年も、職場でのイベントが始まる季節となりました。まずは、毎年6月末に行われている「かやの木コンサート」です。まあ、あくまで「コンサート」はオマケなのですが、私はいろいろこれについての準備を行わなければなりませんから、まずは今年度の行事の肩慣らし、といった感じです。
 とは言っても、今年のゲストは私ではなく副社長の人脈でオファーした団体ですから、そちらとの交渉などは一切なし、私は、ただ指定された通りの準備をしてこの日に備えるだけです。
 まずは、きのうのうちに、お客さんが座る日よけのテントを張ってもらいます。いつも頼んでいるSテントからのレンタルで、全部組み立ててもらいますが、ここからはPAの機材もやはりレンタルしてありました。
 一応、今年は「楽器のために2本、MCに1本」というマイクの数が指定されていました。ですから、ここはいつも借りている安っぽいコンパクトの装置ではなく、本格的なものを・・・ということで発注したら、ほんとにこんな「本格的」なものを持ってきましたよ。16チャンネルの入力のあるミキサーコンソールです。
 とは言っても、持ってきたのはワイヤレスを3本、それを右側のチューナーで受けて、それを流すだけですから、入力は1チャンネルしかありません。個別のマイクのレベルは、チューナーのボリュームで調節です。だったら、こんなコンソールなんか必要ないですよね。でも、スピーカーはEVを2本立てますよ。
 これはこの場所で音をチェックして、ひとまず中に入れておきます。
 そして、今日は朝からセッティングです。しかし、そこでマイクのテストをしてみると、なんとワイヤレスマイクが、チューナーからちょっと離れただけで音が切れてしまうことが分かりました。前の日にはすぐ近くで試しただけだったので、そこまだは分からなかったんですよね。よく見てみると、チューナーのアンテナ端子には何も入っていません。内蔵のアンテナだけだから、こんな近くだけでしか使えなくなっているんですね。
 この機材のレンタルは、結構高かったんですよね。それがこんな役に立たないのでは困るので、何とかしてほしいとSテントに電話したら、「うちにはそれしかないので、遠くでマイクを使うことはできません」なんて言ってますよ。それはあり得ないので、「もっと機械のことが分かる人に聞いてください」と言って、乱暴に受話器を置きましたよ。そうしたらしばらくして「これから、アンテナと、有線のマイクを持って急いで伺います」ですって。やっぱり、さっきの電話の人はシロートだったんですね。
 ちゃんと、時間に間に合うようにアンテナなどを持ってきてくれたので、それをセットしたらワイヤレスの問題は解決しました。ものすごく恐縮してましたね。どうやら、前の日にアンテナは持ってきてあったのに、よく分からなくて付け忘れていたようですね。
 せっかく、有線のマイクももう3本持ってきてくれたので、楽器にはそっちを使おうと思いました。せっかくのコンソールですから、フルに使わないと。
 リハーサルなどは全然やらないで、一発の本番です。マイクは笛だけに使って、太鼓とのバランスを取ります。女性ばかり、5人もいましたね。でも、最初はやはり少し太鼓に負けているようだったので、フェーダーを少し上げてやったら、はっきり聴こえるようになりました。ミキサー冥利に尽きますね。
 今日のゲストは「すずめ踊り」でした。果たして、こんなので30分も持つのかな、と思っていたのですが、思っていた以上にバラエティに富んでいて、とても楽しめました。さっきの笛も、時には2声でハモったりするのが、新しいですね。
 時には、笛の人がうちわ太鼓に「持ち替え」たりして、幅の広さを見せ付けてくれました。いつもは「クラシック」系ばっかりですから、たまにはこんなのもいいでしょう?もしかしたら、来年は女声合唱?
Aventure Number : 2632 date : 2016/5/29


今日の禁断 アヤタカ


 このところ、「観測史上最高の気温」なんて大騒ぎしている日が続いていますね。かと思うと急に雨が降って寒くなったりと、何とも先が読めないお天気ですから、困ってしまいます。3月に新しい機械に替えた職場の自販機も、ちょっと油断しているとその「最高の気温」の日に「い・ろ・は・す」だけバカ売れしてしまって、危うく品切れになってしまうところでした。逆に、今年は早々に「ホット」をやめてしまったら、そのあとも寒い日が続いて、これだったらもっと続けていればよかったな、とか、なかなかうまく行かないことがあります。別に、これで商売をやっているわけではないのですが、やはりせっかく買ってくれる人がいるのに、欲しいものがなかったりしたら、そんなヘマをしてしまった自分が許せませんからね。
 とは言っても、自販機との付き合いはだいぶ長くなりましたから、ほとんどのことは自分でやれるようになってしまいました。ですから、ホットからコールドへの切り替えとか、思い切り売れてしまうお盆の時だけ、カラムを替えて売れるものだけをたくさん入れておくとか、簡単にできるようになったのですが、今度の新しい機械は、ちょっと手に余るような機能も付いてきているのです。それは、複数のカラムを連動させて、同じ品物を入れておけばどこかのカラムが空になったら、同じボタンを押しても別のカラムが作動する、というものです。ただ、これの設定がちょっと面倒なんですよ。マニュアルを見てもよく分かりませんし、営業の人に聞いても、「これは面倒ですから、私たちに任せた方がいいですよ」と言うぐらいですからね。
 もちろん、そういうのは本来はメーカーの営業の仕事ですので、すべてをお任せしたいのはやまやまです。しかし、今まで長いことこのメーカーと付き合ってくると、もう本当にいろいろな営業さんが担当になっていて、それぞれに全く仕事のスタンスが違っているんですよね。一番いいのは、今の営業さんのように、定期的に様子を見に来て、必要な設定などはやってくれても、決して新しく出た商品を無理に勧めるようなことはしない人です。反対に、ひどかったのはそんな風に新しい缶コーヒーが出るたびにやって来てしつこく「入れてください」と言ってくるだけで、もうけにつながらないような面倒くさいことは決して自分からはやろうとしない人です。そういう人だと、ほとんど修理が必要な状態になっているのにいつまで経っても何の手も打ってくれないんですよね。
 ですから、今の営業さんが、ずっとうちの担当でいてくれるという保証は全くない状況では、とてもすべてをお任せするわけにはいかなくなってしまいます。そこで、今日、その人がホットとコールドの場所を入れ替えたらどうですか、と顔を出した時に、以前から考えていた、営業さんでしかできないところだけをやってもらって、あとは私が管理できるようなセッティングに変えるように、お願いしてみました。具体的には、夏場には突出して売れる2品目だけは、さっきの連動するカラムに入れてもらって、あとはホットのカラムは夏場は完全に空にして使わず、すべてのカラムに年中同じものを入れておく、という設定です。前の機械ではカラムが少なくてそこまでは出来なかったのですよね。もちろん、営業さんは私のやりたいことを完璧に把握して、即座にセッティングを完了してくれました。
 これで、今までは、お盆の時などは頻繁に中身を追加しなければいけなかったものが、ストック量が3倍になったので余裕を持って追加が出来るようになりました。
 その結果、ホットのボタンは、夏場には常時「売り切れ」のランプが点いてしまうことになりますが、それは仕方がありません。でも、この赤いランプ、なんだか部分的に消えてませんか?初めて気が付いたのですが、肉眼で見るとこれは全部点きっ放しになっているように思えるのですが、なぜかカメラを通して見ると、それぞれが点滅しているのですよ。ほんとですよ。こちらに動画をアップしましたから、見てください。
Aventure Number : 2631 date : 2016/5/27


禁断ばっくなんばあ

IDとパスワードが必要です。