プロフィール

山田 穣 Joh Yamada (Alto Saxophone)

1968年10月27日生まれ

12歳からアルトサックスをはじめ

故 前川元氏(元シャープス&フラッツ) Daniel Banks氏に師事

1989年にバークリー音楽院に一年のみ在籍し

ビル・ピアース、ジョー・ビオラに師事する

  ロイ・ハーグロ−ブ、アントニオ・ハートらとの共演を経験し 90年に帰国  

益田幹夫氏との共演を経て

大坂昌彦、原朋直、嶋友行らとともに椎名豊クインテットに参加

本格的にプロミュージシャンとしての活動にはいる

その後、原・大坂クインテット録音にゲスト参加

小林陽一&Good Fellasに加入

秋吉敏子氏、日野皓正氏、故 日野元彦氏、故 本田竹広氏、峰厚介氏、

向井滋春氏、宮之上貴昭氏、大西順子氏、など

数多くのミュージシャンと共演を重ねる

1996年、ハイネケンジャズコンペティションにて優勝

 

初リーダー作「Bluestone」を発表

 

更に1998年には2作目の「In The Pleasant Shade」を発表

 

スイングジャーナル誌のアルトサックス部門で

1998年から2001年まで3年連続人気投票一位を獲得。

椎名豊(p)荒巻茂生(b)原大力(ds)との自己のカルテットを結成し、

2000年末まで活動を続けた

他にも野口久和 Orchestra、正清泉トリオ、荒巻茂生グループ、

植松良高&Friends、北川潔トリオ等に参加する

現在は松本茜(p)小林航太朗(b)高橋徹(ds)というメンバーで

都内のジャズクラブを中心にライブ活動を行っている

     

 

 

宣材用の写真としてお使い下さい(2003年7月UP)