腰抜け〜♪


      わっ! 戦争体験者になってしまった。 痛いの怖いの嫌いじゃー!




                         2000年12月
                起こったね まだまだ平和だと思ってたのに・・・・・

 教科書掲載級の事件が新世紀の初年に起こりました。

 リアルタイムで事件を目の当りにし、記憶から拭う事は当分無理でしょう。

 私、腰抜けですので、今我が国で事が起これば、土下座で済めば即します。

 とりあえず 過去の人々に習い、近くの神社にでも出かけますか。



 人々の願い日     その結果

 人類誕生       生存競争なのかもしれないが日々争いが起こる。祈願成就せず

 今から2000年前   ゴルゴダの丘でイエス ロンギヌスの槍で刺される 祈願成就せず

 1914年        第一次世界大戦勃発 世界中ぼこぼこ 祈願成就せず

 1939年        第二次世界大戦勃発 世界中もっとぼこぼこ 祈願成就せず

 1948年        カンジー 無抵抗主義者なのに暗殺される 祈願成就せず

 1968年        キング牧師 非暴力を通したのに暗殺される 祈願成就せず

 2001年9月11日   ワールド・トレードセンターにジャンボ機突っ込む 祈願成就せず



 みんないつも平和を祈願しているにもかかわらず、

 有史以来 恒久平和なかなか訪れないですね。

 争い事 なんで減らないんでしょうか?

 どこもかしこも やられたらやり返せの考え方が平和の近道のように論じられ、

 毎日が 「世界報復合戦 ドンパチ」です。

 人類は色々経験を積んでいるはずなのに 新世紀なっても未だハムラビ法典です。

 過去をリセットする事は難しいかもしれない しかし相手に対し敬意を持って接すれば

 それなりの共感が持てることをみんな経験で知っているはずなのに・・・・・

 暴論 恫喝 まったく物事解決しないです。

 相手の気持ちを汲み取って平和を願って行きたいです。



                         2000年12月
                     おもろい夫婦は世界を変える

 イマジン(和訳)

 もしも 天国がなかったらと想像してごらん
 やってみれば簡単さ
 足もとには地獄もなく
 見上げればただ空があるだけ
 想像してごらん、人々が
 今日だけのために生きていると

 もしも国境がなかったらと想像してごらん
 難しいことじゃないさ
 殺し、殺される理由も
 宗教もない
 想像してごらん、人々が
 平和に暮らしていると

 夢ばかり追っていると言うかもしれない
 でもこんな気持ち、僕だけじゃないさ
 いつか君も僕らの仲間になれば
 世界は一つになれる

 もしも財産など持ってなかったらと想像してごらん
 思い浮かぶかい
 欲や飢えもなく
 人類は兄弟になる
 想像してごらん、人々が
 世界を分かち合っていると

 夢ばかり追っていると言うかもしれない
 でもこんな気持ち、僕だけじゃないさ
 いつか君も僕らの仲間になれば
 世界中の人々が一つになって暮らしていける


 ジョンレノンとオノヨーコ 公衆の面前でベッドインを披露などして

 その頃子供であった私の目には「おもろい夫婦」にしか映らなかった。

 一般的に考えてもただの露出狂。 

 でも 少し大人になれば その行為がラブ&ピースなのが多少は理解できる



                       2002/03/24(日)


  喜び、怒り、悲しみ、楽しみ、同情、嫉妬、共感、孤独、優しさ、優越。。。。。

  生きてるんだから、人間だから そりゃ いろいろ感じるよ

  かまわないさ、それが普通さ、

  だけどさー ちょっとでかまわないからさー

  喜んでたらいっしょに喜ぼうよ

  怒ってたら聞いてあげようよ

  悲しんでたら見守ってあげようよ

  頑張らなくて良いのさ。

  出来ない時は出来ないし出来る時は出来るし

  いいのさ てんぱっていても

  ちょっとだけ ほんのかけら程度の余裕を持っていれば

  そのかけらをあげられるバランスさえとれていたらさ



                       2003/04/02(火)


  独裁政権の選挙で独裁者が100%支持されるってのはそりゃ理解出来る。

  洗脳、抑圧、恐怖 ・・・・・ そういった政権の常套手段


  でも民主政権って何だ?

  戦争が始まると上がる支持率ってなんだ?

  国威発揚? だとすると度し難いね なんか

  戦争で国民がまとまるって なんか変







                               ホームへ戻る