ホームページを開くとエラー表示の出る方へ




米国時間2021年9月30日、HTTPSに使用される証明書の最大手発行組織の1つである、暗号認証局「Let's Encrypt」が使用しているルート証明書が期限切れになりました。
現在何百万ものウェブサイトがLet's Encryptのサービスに依存していて、多くのウェブサイトやサービスで問題が発生しています。

※Let's Encrypt
支払い、サーバ設定、メールによる確認、証明書などの更新作業を省略する、すべてのWebサーバへの接続を暗号化することを目指したプロジェクト。

症状

ホームページを開くと「この接続ではプライバシーが保護されません」などのエラー表示が画面に出ます。

原因

2021年9月30日に、Let's Encryptにおいて、暗号証明書の更新が行われたことに起因いたします。
Let'sEncryptは9月30日までは移行期間として、新・旧のルート証明書で通信が行えていました。そのため、問題が表面化しにくい状況でした。しかし移行後は、新ルート証明書がインストールされていない一部の古いデバイスで、特定の証明書を正しく検証できなくなり、セキュリティ通信に対応できなくなっています。
対応できない新ルート証明書非対応のシステムは、比較的古いシステムに限定されます。

 パソコン
  Windowsの場合 XP、SP2以前
  Macの場合 OS10.12.1以前 

 スマートフォンなど
  現在確認中ですが、やはり古いシステムでエラー表示が確認されています。

解決策

当会ホームページは、今回の対応策を実施し、現在サーバーでの不具合要因は認められていません。下記の解決方法をお試しください。

1. ブラウザを変える
他のブラウザに変えてみる( (例)Google chromeからFirefoxなどに変える。ただし今後状況が変わる可能性が大きいので、一時的な解決策とお考えください。

2. 新しいOSや機器に変える(最善の対応策)
ご利用者の現在のシステムを確認した上、新ルート証明書に対応している新しいOSや機器に変えてみる。

                                      以上
2021.10/27



TOP PAGE  

© 2020 International succulent institute japan All right reserved.