一票の格差を考える会

「一票の格差を考える会」とは
解説集「格差をなくしましょう」
ニュースとトピックス
関連サイトへのリンク

ようこそ。あなたは 番目のご来訪者です


衆議院

2015年7月1日総務省発表の住民基本台帳人口をもとに
計算すると、人口最多の兵庫6区と最小の宮城5区の格差は
2.124倍。 格差が2倍以上の選挙区は18です。

参議院

衆院と同じ基準での計算によると、参院では、議員1人あたりの
人口が最多の兵庫県と最小の鳥取県との格差は4.782倍です。

2016年は7月に参院選があります。 2県合区など、多少の格差解消の
成果も出てきました。 衆院選も次回は大きく改善されることを期待します。

都市部を中心に衆・参院選挙の一票の格差はますます増大しつつあります!!

一票の格差増大に関してはここをご覧ください

最近十数年間の一票の格差関連の報道はここにまとめてあります。

最近更新日:2016年5月21日