町の行政は 悪に加担することなく 暖かい血の通った人間性を持って 町民のために (2004年2月24日)


(はじめに)

「佐室地区へ都会から移り住んだ人たちの住宅洪水被害」については、1月18日にTBS「噂の現場・大原町の洪水被害」、2月22日にはTV 朝日「史上最悪欠陥住宅ワースト10」で放映されました。
「千葉県大原町の名前が全国的に報道され、当町のイメージダウンは決定的です。」TV朝日の番組では、ワースト3位の汚名を負わされた上に、自治体名が地図と共に公開されたのは、10自治体中 大原町だけでした。

洪水時の住宅冠水状況
平成7年9月17日の被害
地域の25軒が影響受けている
(Courtesy:TBS_2枚とも)

1.毎年洪水被害が生じるのが分っていながら、その場所に家を建てさせてはいけないし、また洪水被害発生の警告を知らせなかった行政の責任は、極めて大きい。
「当町の原住民なら、佐室のその地域が遊水池であるのを知らない者はない!」
助役は、その近所に在住し、毎日通勤の際近くを通っていると聞いています。洪水で水没した町民の家を見ても心が痛むこともなく、対策を県まかせにし、町民の立場に立った対策を講じなかった責任は特に大きい。

『あなた方は公僕です。つまり、あなた方は私たち町民の召使なのです。 このことを、一日たりとも忘れてはいけません!』

佐室地区の洪水被害マップ
ブルーの部分が冠水地帯
地元町役場への取材状況
助役以下8人の職員が並ぶ
(Courtesy:TBS_2枚とも)

2.「町の行政は、悪に加担することなく、暖かい血の通った人間性を持って、町民のために一生懸命働かなければならないのです。」我々町民は、あなた方 町役場職員に、国家公務員よりも高い給料を支払っているのです。
被害者たちは、町民税を支払っている町民です。町から微々たる見舞金ではなく、正当な救済を受ける当然の権利があります。TV放映を見た多くの町民が、町役場に抗議していると聞いています。まともな人間なら、当然です。

(まとめ)

TBS森本毅郎キャスターは、行政に対し、「いったいあなた方は、誰の味方なんですか?」と質問していますが、大原町役場は何と答えるつもりなのか?

『町民の生命と財産を守ることが、町政第一の義務であることを、日々忘れてはいけません!』

本件について、大原町としてどのように責任をとるのか、大至急回答されたい。

                         以上



Front Page



Copyright © YAYOIJIN
All rights reserved