歴史のプロムナードへ

新微組屯所跡

新微組 新微組
あれぇ..、京都の新撰組に対抗してなんて、街の人達の意気を感じます。でも、新徴組では反骨精神とは言いませんね。
 文久2年(1862に出羽浪人清河八郎によってつくられた浪士組は新徴組と名を改め、ここの武家屋敷を屯所として幕末の警備に当たりました。清河は幕府に献策をして浪士組をつくり、将軍警護のために上洛します。しかし清河のねらいとする所は幕府の意に反する浪士組による尊皇攘夷の実行でした。そのため彼は策をもちいて江戸に戻りますが暗殺されてしまいます。京に残った浪士組の一派が幕末史に華を添える新選組となります。。その後新徴組は庄内藩主酒井佐衛門尉に従い戊辰戦争を戦い、明治になってからは山形県鶴岡で開拓者生活を送り悲劇的な話を残しています。
歴史の標柱
飯田橋 日本大学 東京府立
第四中学校
国学院大学 甲武鉄道
飯田町駅
歴史の
プロムナ−ド
台所町 東京女子
医科大学
北辰社牧場 徽章業発祥
新微組屯所 日本赤十字社 東京農業大学    
歴史地図版
家康入城 江戸の終わり 明治のはじめ 日清・日露の戦い
にはさまれて
昭和の飯田橋