歴史のプロムナードへ

歴史マップ

甲武鉄道飯田町駅

旧飯田町駅発掘調査

甲武鉄道 甲武鉄道
明治22年(1889)、新宿ー八王子間に甲武鉄道が開業し、同28年(1895)には市街線として延長され、飯田町駅が開業し現在の中央線の始発駅となりました。同37年(1904)我が国で初めて飯田町ー中野間で電車が運転され、円板型自動信号機が設置されました。その後甲武鉄道は御茶ノ水方面に延長されました。
 同39年(1906)、甲武鉄道は国有化され、昭和8年(1933)に飯田町駅は貨物専用駅となりました。この奥のホテルエドモントが旧駅構内で、改札口は小石川側にありました。
甲武鉄道時代の飯田町駅
甲武鉄道時代の飯田町駅
(交通博物館提供)
甲武鉄道の電車
飯田町停車場
甲武鉄道始発駅の飯田町停車場。
右側は、外堀の神田川の土手なのでしょうか。
飯田町発掘調査より
歴史の標柱
飯田橋 日本大学 東京府立
第四中学校
国学院大学 甲武鉄道
飯田町駅
歴史の
プロムナ−ド
台所町 東京女子
医科大学
北辰社牧場 徽章業発祥
新微組屯所 日本赤十字社 東京農業大学    
歴史地図版
家康入城 江戸の終わり 明治のはじめ 日清・日露の戦い
にはさまれて
昭和の飯田橋