飯田橋散歩路標示板
富士見地区町名由来板・町会防災倉庫

日本医科大学付属第一病院記念碑
除幕式
日本医科大学第一病院 日本医科大学付属第一病院記念碑
日本医科大学付属第一病院記念碑
2005.5.21
國學院大學発祥の碑 東京区政会館
國學院大學発祥の碑 東京区政会館
東京区政会館 東京区政会館
東京区政会館

千代田区飯田橋 町名由来板
天正(てんしょう)十八年(1590)、徳川家康(とくがわいえやす)は領主として江戸にやってきました。関東入りしてほどなく、家康は現在の飯田橋(いいだばし)周辺を視察しています。このとき案内役を買って出たのが、飯田喜兵衛(きへえ)という住人でした。喜兵衛の懇切丁寧な案内を、家康はよほど気に入ったのでしょう。視察後、彼を名主(なぬし)に任命し、さらに土地の名前まで、喜兵衛にちなんで飯田町(いいだまち)とするよう命じたのです。その後、この界隈(かいわい)は武家地となったため、正式な町名をもっていませんでしたが、「飯田町」は通称として使われ続けました。

 明治五年(1872)になると、元飯田町や周辺の武家屋敷などが、飯田町一〜六丁目に再編されます。通称として親しまれた「飯田」は、明治維新後にようやく正式な町名となったのでした。そして昭和八年(1933)、飯田町四丁目の北側、同五丁目と六丁目などが、新たに飯田町二丁目となりました。

 飯田町の北側にある江戸城外堀に橋が架けられたのは明治十四年(1881)のことです。橋は町の名前にちなんで「飯田橋」と命名されました。その後、明治二十三年(1890)に修築されたのち、同四十一年(1908)には鉄橋に、昭和四年(1929)にはコンクリート製の橋に改良され、現在に至っています。

 その橋の名が、町名として採用されたのは、昭和四十一年(1966)のことです。このとき、飯田町二丁目は町中をつらぬく目白通りを境に、東側が飯田橋三丁目、西側は富士見町二丁目の一部を編入して飯田橋四丁目になりました。
千代田区飯田町 町名由来板
かつてこのあたりは千代田村と呼ばれるのどかな農村でした。ここに飯田(いいだ)という地名が生まれたのは、徳川家康(とくがわいえやす)が江戸にやってきてからのことです。

 天正(てんしょう)十八年(1590)、江戸に入府した家康は、千代田村とその周辺を視察します。このとき案内役を買って出たのが、村の住人飯田喜兵衛(きへえ)でした。「所(ところ)の巨細(こさい)とも申上(もうしあげ)(土地のことについて、細かく詳しく申し上げた」(『新撰東京名所図会(しんせんとうきょうめいしょずえ)』より)という喜兵衛の案内に感心した家康は、彼を名主(なぬし)に任命し、さらに地名まで「飯田町」とするように命じたのです。以来、江戸の町の開発が進み、この界隈(かいわい)に武家屋敷がひしめくようになっても、飯田町という名前は残りました。ただし江戸時代の武家地は町名をもたなかったため、飯田町は通称として使われていました。

 飯田町が正式な町名となったのは、元飯田町や周辺の武家屋敷などが、飯田町一〜六丁目に再編された明治五年(1872)のことです。ここには飯田町三丁目と同四丁目などが誕生しました。昭和八年(1933)になると、区画整理によって飯田町三丁目の東側と同四丁目の南側、同五丁目の一部などが、新たに飯田町一丁目となります。さらに、昭和四十一年(1966)、住居表示の実施により、飯田町一丁目は、飯田橋一丁目、同二丁目などに再編されました。ちなみに、目白通りに対して西側は飯田橋一丁目に、東側は飯田橋二丁目として区分けされ、現在に至っています。
千代田区九段1丁目 町名由来板

この界隈(かいわい)が「九段(くだん)」と呼ばれるようになったのは、幕府が四谷御門(よつやごもん)の台地より神田方面に下る傾斜地に沿って石垣の段を築き、江戸城に勤務する役人のための御用屋敷(ごようやしき)をつくったことからです。その石垣が九層にも達したことから、九段という通称が生まれました。当時の九段坂は、牛ヶ淵(うしがふち)の崖っぷちを通る細くて寂しい道で、とても勾配(こうばい)がきつい坂でした。

 しかし、一本北側を走る中坂(なかざか)は、この界隈で唯一の町屋が並び、御用屋敷に日用品を供給するとても賑(にぎ)やかな通りだったようです。さらにこのあたりは、江戸初期のころより元飯田町(もといいだまち)の町名が付き、有名な戯作者(げさくしゃ)の曲亭(きょくてい)(滝沢(たきざわ))馬琴(ばきん)が使っていた井戸や幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)などもありました。

 その後、幾多の変遷(へんせん)を経たのち、関東大震災後の復興計画が行われ、昭和八年(1933)にこの町の区画整理が完成しました。町を東西に走る大正(たいしょう)通り(現靖国(やすくに)通り)や南北に走る内堀(うちぼり)通り、目白(めじろ)通りが拡幅整備され、都心部の重要な拠点となりました。さらに町名も、飯田町一、二丁目と同四丁目の一部を合併して九段一丁目となりました。

 急だった九段坂は拡幅・掘削されて勾配がゆるやかになり、ここに市電が走るようになりました。このとき九段坂は神田・両国方面と新宿・渋谷方面を東西に結ぶ幹線道路が完成となったのです。昭和四十年代中ごろまで、この坂を電車が上り下りする懐かしい光景を見ることができました。

 こうして江戸時代より受け継がれてきた九段坂は、激動の二十世紀の時代の流れの一端を静かに見守ってきた歴史的な坂でもあります。


九段一丁目と曲亭馬琴
 
この「場所」にはかつて、人の歴史よりも長い悠久の時間があったはずである。その、堆積(たいせき)した時間の一番うえに、現在のこの「場所」はのっかっている。その、長い長い過去の中から、たった三十年ばかりを拾ってみる。

 寛政(かんせい)五年(1793)。山東京伝(さんとうきょうでん)に入門を願い、その後、蔦屋(つたや)の手代(てだい)となった下級武士の倅(せがれ)が、ここ元飯田町(もといいだまち)の下駄屋(げたや)に婿入(むこい)りした。その男は戯作者(げさくしゃ)になるという夢が諦(あきら)め切れず、家業のかたわらこの場所で小説を書き始める。曲亭馬琴の誕生である。文政(ぶんせい)七年(1824)まで、馬琴はこの地で戯作を紡(つむ)いだ。馬琴が硯(すずり)を洗ったという井戸も残っている。『南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)』も『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』もここで生まれた。

 だからどうだ、と謂(い)われてしまえばそれまでである。
 現在のこの街のこの「場所」に、たぶんそんなことは関係のないことである。それでもそうした故事来歴(こじらいれき)は、平面の地図上に幾許(いくばく)かの高さや深さを与えてはくれる。「場所」は、必ずしも過去時間の呪縛(じゅばく)だけで成り立っているものではないけれど、ここがそうした「場所」だったという記憶を記録に転じて示しておくことも、そんなに悪いことではないように思う。
<京極夏彦>

千代田区富士見1丁目 町名由来板

この界隈(かいわい)が富士見(ふじみ)と呼ばれるのは、文字通り、町内から富士山の雄姿(ゆうし)が眺められたことに由来します。九段坂(くだんざか)を上りきった台地に位置する富士見一丁目(ふじみいっちょうめ)は、まだ高いビルがなかった時代には、どこからでも富士山がくっきりと眺められたといいます。

 日本人にとって富士山は古くから特別の山でした。とくに江戸時代には、富士講(ふじこう)といって富士山信仰がさかんに行われていました。江戸時代の絵図を見てみると、「富士塚(ふじづか)」と呼ばれる遥拝所(ようはいじょ)が、町中に数多く見つかります。当時の人たちにとって、富士山はそれほどありがたい山だったのです。

 ここが富士見と呼ばれるようになるのは明治時代に入ってからのことです。江戸時代、武家地には正式な町名はありませんでした。この界隈も、旗本(はたもと)が多く住む武家地だったので、明治五年(1872)になって、はじめて富士見町という名前が付けられたのです。

 当時の富士見町は靖国神社(やすくにじんじゃ)から九段までを含むかなり広い地域を指す町名でした。区分けも一丁目から六丁目まであり、現在の富士見一丁目は、富士見町六丁目と呼ばれていました。しかし、昭和八年(1933)の区画整理のときに、飯田町(いいだまち)二、三、六丁目の各一部を含んで町名が富士見町一丁目に変わり、昭和四十一年(1966)の住居表示の実施にともない、「町」が取れて現在の富士見一丁目となりました。
 都市化が進んだ今でも、見晴らしのよい場所からは天に向かってそびえる富士山の姿を眺めることができます。

千代田区富士見2丁目 町名由来板 

江戸城の名残である外堀(外濠)に面したこの界隈(かいわい)は、武家の屋敷が立ち並ぶ地域でした。当時、武家地には正式な町名がなく、道筋に土手四番町(どてよんばんちょう)、裏四番町通(うらよんばんちょうどおり)などと呼称が付いていただけでした。「富士見(ふじみ)」という町名が生まれたのは明治五年(1872)のことで、九段坂(くだんざか)を上ったあたりから眺める富士山の姿がじつに素晴らしいことから付けられた名前です。九段坂を上りきった台地(現在の靖国(やすくに)神社周辺)に富士見町(ふじみちょう)一〜六丁目が誕生しました。

 昭和八年(1933)、富士見町四丁目は富士見町三丁目と改称します。同じ年、富士見町五丁目と飯田町(いいだまち)六丁目の一部が合併し、富士見町二丁目となりました。そして昭和四十一年(1966)、住居表示の実施にともない富士見町二丁目と富士見町三丁目、飯田町二丁目の一部が合併して、現在の富士見二丁目が誕生したのです。
 現在、当町会は東西に約八百メートルの長さがあり、東京のお伊勢さまといわれる東京大神宮をはじめ、衆議院議員宿舎など、名のある建物が多数存在しています。また、大学や病院など教育・医療機関も充実しています。JRと四本の地下鉄が走るきわめて交通の便がよい立地で、緑が多く、住むにも働くにもよい町です。

千代田区飯田橋町会 防災倉庫 千代田区飯田町町会 防災倉庫