歴史のプロムナードへ

歴史マップ

江戸の終わり

=1863年(文久3年)=
江戸の終わり
下の絵をクリックしてして、詳細地図をご覧下さい
江戸の終わり
江戸時代の飯田町は、田安御門、牛込御門、小石川御門にかこまれ、そこには比較的上級身分の旗本屋敷がありました。
 また、商家も立ち並び、武家相手の商売でにぎわわっていました。
 また、当時の人から台所町と呼ばれて、江戸城の料理を作る人々が住んでいた所もありました。
 江戸時代も末期になると、尊王攘夷で江戸幕府に対抗する人達に対して、逆に幕府は浪士や町民、農民を集めて浪士隊をつくり、街の警備にあたらせました。それが、後に新微組となり、その詰所が飯田町にありました。
歴史の標柱
飯田橋 日本大学 東京府立
第四中学校
国学院大学 甲武鉄道
飯田町駅
歴史の
プロムナ−ド
台所町 東京女子
医科大学
北辰社牧場 徽章業発祥
新微組屯所 日本赤十字社 東京農業大学    
歴史地図版
家康入城 江戸の終わり 明治のはじめ 日清・日露の戦い
にはさまれて
昭和の飯田橋