(クリックで拡大表示)
バットマン
機種 ファミリーコンピュータ
発売元 サンソフト
開発元 サンソフト
発売日 1989年12月22日
定価 6,200円(税別)
プレイ人数 1人プレイのみ
ステージ数 5面
ライフ制 あり
残機制 あり
コンティニュー あり
パスワード なし
難易度選択 なし
リンク 敵キャラクター




後期サンソフトの実力を示す傑作

 ファミコン版『バットマン』は、1989年12月22日にサンソフトから発売された。同年に公開されたティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の映画『バットマン』のゲーム化である。正統派の横スクロールアクションである本作は、奇しくもコナミの傑作『悪魔城伝説』と同じ日に発売された。
 本作は今日までの数あるバットマン・ゲームの中でも初期の部類でありながら、最も出来のよい作品のひとつだ。ファミコン初期の時代にリリースした『いっき』などの問題作によりクソゲーメーカーの印象が強いサンソフトだが、実際にはゲーム性、技術力に優れた名作が多く、特に『バットマン』は後期サンソフトの実力を十二分に示す力作といえるだろう。

操作性抜群の正統派アクション

 ファミコン版『バットマン』は、バットマンを操作し、悪漢ジョーカーを倒すという大筋以外、映画との関連は薄い。ステージの間にちょっとしたカットシーンが挿入されたり、いくつかのステージが映画の舞台をもとにしている程度で、ゲームの大部分は原作とはまったく無関係だ。しかし、暗い色調で描かれたゴッサム・シティーの街並みや、風にたなびくバットマンのマントなど、作品全体の重厚な雰囲気は、バットマンの世界観を崩していない。
 ゲームはオーソドックスなジャンプアクションだが、特徴的なアクションとして「壁ジャンプ」がある。『忍者龍剣伝』のように壁を蹴って飛ぶいわゆる三角飛びで、本作で最も多用するテクニックだ。本作のステージの地形は極めて複雑で、ジャンプの微妙な高さ調整と、この壁ジャンプをフルに使いこなさなければ、先に進むことはできない。「ここは大ジャンプすると頭をぶつけるから、小ジャンプからの壁ジャンプで……」といった具合だ。
 戦闘は近距離戦から中距離戦がメインで、敵との間合いが重要だ。バットマンの基本的な攻撃はパンチで、それ以外に弾数制限のある3種類の飛び道具、バットラング、ガン、ダーク(手裏剣)をいつでも自由に切り替えられる。それぞれリーチが異なるので、敵との間合いを見極め、有効な武器を選択していくのだ。
 バットマンの動きは滑らかで、ボタンのレスポンスも完璧だ。動かしていて楽しく、ミスしても納得がいく。ただし、ジャンプの前に一瞬タメが入ったり、ジャンプ中の空中制御が利きにくいなど、バットマンのウエートを感じさせるような、やや独特の操作性になっている。

高難度だが秀逸なゲームバランス

 『バットマン』のシステムは誰もが5分で理解できるほど簡単だが、その難度は情け容赦ない。敵やトラップの配置が実に巧妙な上、プレイヤーのライフは8目盛りしかないため、力押しは許されない。ライフ回復アイテムは敵を倒したときにランダムで出るのみで、しかもその確率は非常に低い。「あそこまで行けば回復できるから、ここはダメージ前提で強引に……」といった甘い戦法は通用しないのだ。
 だが、決して理不尽な難しさではなく、すべての場面に明確な攻略法が存在する。典型的なパターンゲームで、コンティニューも無制限なので、何度も繰り返し挑戦すれば先に進むことができる。また、意外なことに本作には「即死」が存在しない。穴に落ちてもダメージを受けるだけだ。これは同じタイプの高難度アクション、『悪魔城ドラキュラ』や『忍者龍剣伝』、『ロックマン』などとは大きく違うところだろう。また、本作はパワーアップが存在しない点もユニークだ。プレイヤーは最初からすべての武器を使うことができ、ミスしても特に条件が不利になることはない。とても難しい一方で、非常にフェアなチャレンジなのだ。
 ステージは全部で5つ。長すぎず短すぎず、慣れれば30分ほどでクリアできる。だが最初のうちは、何度となくゲームオーバーになるだろう。ステージ2くらいまではサクサクと進めるものの、ステージ3あたりからレベルデザインが陰険になってくる。そしてステージ5で待ち受ける宿敵ジョーカーは、すべてのファミコンアクション中でも最強のラスボスの一人だ。また、本作には1UPがないので、ノーコンティニュークリアはかなり難しい。

ハイレベルなグラフィック&サウンド

 『バットマン』のグラフィックは、ファミコンゲームとしては非常に高水準だ。派手な多重スクロールなどは使っていないが、丁寧に描き込まれ、背景の細かいアニメーションも凝っている。映画のスチルを再現したカットシーンも、ジョーカーはちゃんとジャック・ニコルソンに見えるし、雰囲気が出ている。ちなみに開発中のバージョンでは、これらのカットシーンは製品版と大きく異なっており、原作コミックの『バットマン:キリングジョーク』をもとにしたアメコミ調の絵も多く含まれていた。
 『バットマン』は音楽も最高だ。作曲の小高直樹、サウンドプログラマーの原伸幸によるBGMは、映画のサウンドトラックとは無関係だが、アクションゲームらしいノリのいい名曲ぞろいで、バットマンのヒロイックな面やダークな面も見事に表現している。サンソフトのファミコン作品は総じて音楽的な評価も高いが、特に本作『バットマン』からはデルタPCM(サンプリング)を使用したベース音を取り入れ、同じスタッフによる『ラフワールド』、『へべれけ』、『バトルフォーミュラ』などでも、ファミコンとは思えないサウンドを実現している。
 ファミコン版『バットマン』はシンプルだが、余計な要素を加えず、アクションゲームの原点である「ジャンプ」と「間合い」の面白さを突き詰めた作品だ。派手さはないものの、操作性、ゲームバランス、グラフィック、サウンド、すべての面において完成度が高く、欠点はほとんど見当たらない。バットマンのキャラクターゲームとしても、ファミコンのアクションゲーム全体でも、間違いなく傑作のひとつだ。



Main