放蕩編集長



2013/08

2013/06


2013/07/31
今日も例に漏れず、1日ホトトギス社で仕事をしており、月末までに終わらさなければならない仕事は全て終わらせましたV(^-^)V
とはいえ、これからは、いや以前からどんどん仕事は増えてまんので油断は出来まへんが、誠心誠意頑張っております・・・、と思っていても色々齟齬はありまんな。
今日も、そんな話が舞い込んで来ましたがな(^_^;)
あくまでも聖書の教えに従っているつもりなんですがね・・・。
なかなか日本では難しいでっか?
写真は、仕事帰りの丸の内です。
この世は光り輝いてまんな。
来週は、ちょっと蒸発しようと思います。

廣太郎

2013/07/30
相変わらず休みなくホトトギス社に出社しております。
今日はホトトギス掲載のちょっと長めの原稿を仕上げ、午後からは、以前からお約束していたあるインタビューを受けました。
インタビューというより3人の鼎談形式になるでしょうか?
今は秘密ですが、そのメディアが発売された時にはお知らせしますね。
そんなことで仕事は捗っていますが、今日の東京はえらい蒸しましたわな。
写真は昼の丸の内ですが、右が丸ビル、左が我が三菱ビルです。
この時のこの場所は無風状態で、先日の奈良より暑いんちゃうか、と思うほどでした(^_^;)
それにしても丸ビルと三菱ビルの高さの違いを見ると複雑でんな。
私とイケメン俳優の身長の差みたいでんな(T_T)

廣太郎

2013/07/29
最近文章がワンパターンですが、昨日奈良から帰り、今日は早速ホトトギス社に出社です。
考えてみると、今週は7月の5週目にあたり、月例の句会にはあたりまへんな。
7月は、先日も申し上げましたが、伝統俳句協会全国俳句大会募集句の選句をはじめ、国の行事やその他諸々の選句がトータル〇万句でしたが、新幹線等を駆使して、全部終りましたV(^-^)V
今日はホトトギスの原稿に勤しんでおりましたが、やはり奈良疲れも少しはあったようです。
そんな時は写真のワインでんな。癒やされまくり倒しました(^_^)v

廣太郎

2013/07/28
野分会夏行最終日です。
今日も朝は比較的ゆっくりして、朝風呂に入ったりしました。
今回の奈良吟行は、拙句の御案内下さったM・M様のお陰で盛り沢山の奈良を堪能出来ましたこと、本当に嬉しかったです。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
写真は朝又大仏に行きましたが、今回のメンバーの超絶前代未聞最大佳人が、この大仏殿の柱に空いている、大仏の鼻の穴と同じ大きさの穴を潜り抜けられた瞬間です。
大きさもさることながら、この穴は確か正直者しか潜り抜けられない、てなことを聞いた記憶がありますが、クリアされてまんな。
夏行で御世話下さったスタッフの方々には心よりお礼申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m

三日間佳人に案内され涼し
廣太郎

2013/07/27
野分会夏行2日目です。
厳密には昨日は前泊なので今日からが本番になり、朝から奈良を吟行しました。
奈良といえば、写真の大仏でんがな。
実は、奈良には結構ホトトギス関西大会等で時々来ていますが、大仏は小学校の遠足以来ではないかと思います。
45年振りになるでしょうか?
その他奈良の色々な場所を吟行して、暑かったんですけど、風が吹くと涼しく、心地よく過ごせました(^_^)v
句会、懇親会と、本当に楽しい1日でした
V(^-^)V

大仏に見下されたる人涼し
廣太郎

2013/07/26
今日もすっかり送信が遅くなりましたが、恐縮ながらこれからこんな日が多々あるかも知れまへんこと、何卒お許し下さいませm(_ _)m
ということ・・・、でもないのですが、今日は7月26日で、金曜日の平日だったのですが、ホトトギス社には出社せずに、朝新幹線に乗り、京都経由で奈良に来ました。
年一度の野分会夏行が、今年は関西の御担当で、奈良で行われました。
すっかりお馴染みの、京都に並ぶ日本の古都でんな。
今日は前泊句会ということで、暑かったのですが結構リラックスした吟行をしました。
かの、樹木医としても有名な子規のお孫さんでいらっしゃる正岡明様に御案内頂き、レクチャーもして頂き、近来稀に見る有意義な勉強をさせて頂きました(^_^)v
句会だけに集まる以上の経験が味わえました。
上の写真は、最初に行った春日大社に居た、もうすっかりお馴染みの奈良の鹿です。
自分が人間と思っているような仕種で近寄って来ます。
下の写真は、何年か前にも伺って、このコーナーでもご紹介した記憶がありますが、今日の句会場の裏にある「子規の庭」という、前述正岡明様が造られた庭にある、子規が「柿食へば・・・」の句の柿であろうその柿に成っている青柿です。
もちろん今でも食べられるそうです。

子規を知る青柿として艶やかに
廣太郎



2013/07/25
今日も送信が遅くなりましたが、7月25日でした。
月末の佳境ですが、11月号の雑詠選を終えましたV(^-^)V
先日申し上げた通りそれ以外にも色々俳句の仕事が重なりましたが、ほぼ完了しました。
夕方からはちょっと健康に関する施設に行き、自祝というのも大袈裟ですが、明日から又怒涛のイベントがあり、某所でリラックスしたのがこの写真ですが、その某所の必殺仕事人極大佳人は、この花の和名をご存知ではありまへんでした。
確かに何年も前、ある花屋さんに行き
「海芋下さい」
というと
「『かいう』ってなんですか? 」
と言われた記憶が蘇ってきました。

廣太郎

2013/07/24
今日も朝からホトトギス社に出社・・・、ってもうこの言葉は省略してもええんとちゃうか、というくらいほぼ毎日のように使ってまんな。
まあかなり仕事はテンパっておりますが、怒涛の選句は、まあ新幹線等も駆使すれば余裕で出来そうです。
今日の午後は月例の目黒学園句会でした。
メンバーが30名様以上いらっしゃり、他の句会より行き届かないことが多々あり、何時も申し訳ない気持ちで一杯ですが、その分気合いをより入れておりますので何卒お許し下さいませm(_ _)m
今日もある事柄で、メンバーのお一方と議論を戦わせることになりましたが、却って良い勉強になりました。
会後は又会社に帰り、一仕事しましたが、写真は退社後丸の内某ビルの植え込みです。
「和」の雰囲気を感じました。

霍乱の祖父に生気の戻る粥
廣太郎

2013/07/23
今日も朝からホトトギス社に出社して、11月号の雑詠選に勤しんでおりました。
今月は何とも仕事が多いのですが、何とか今のところ滞ってはおりませんが、そろそろ1400号の具体的な動きも始まります、いや始まっていますわな。
ばたばたしていますが、今日の午後からは月例の若水句会で、今日は暑気払いも兼ねた楽しい会でした。
写真は会場のビルの最上階から、新宿の方を眺めた景色です。
会後は、普通に電車に乗って帰路につきましたが、なんか様子が変で、家の近所の某私鉄が運転を見合わせているということで、別の、バスのルートもタクシーも人が溢れて乗れまへん(^_^;)
結局2時間近く掛かって帰宅しました(T_T)
ゲリラ豪雨だったそうです。
まあそれは言い訳にもなりまへんが、7月23日でした。

影富士や世界遺産といふ孤独
廣太郎

2013/07/22
昨日三瓶から戻り、今日は早速ホトトギス社に出社です。
さすがにちょっと疲れたようで、朝だるかったのですが、会社でだらだら仕事をしていると、久しぶりに超絶無比全宇宙的大佳人からお電話を頂き、すっかり生き返りましたV(^-^)V
先週申し上げましたが、ちょっと色々な選や原稿が重なりまくり、かなりへばっていましたが、その方のお声に癒やされ、すっかり元気になり、ほぼクリアしてしまいました(^_^)v
自祝ばっかりしていても始まりまへんが、お馴染みサングリアでも、写真上の、こんな素敵な超絶技巧的リストもびっくり大佳人と御一緒でした。
まあ後は御想像にお任せしますが、下の写真は彼女の句帖です。
本当に俳句をなさりたいそうで、これからが楽しみでんな。

廣太郎



2013/07/21
石見ホトトギス俳句大会の大会当日です。
昨日は物凄い天体ショーを見せて頂き、本当に三瓶は素晴らしい自然を堪能出来ます。
そして今日は、写真のこんな光景を見ることが出来ました。
ちょっと小さいのと、草の色に紛れていますが、真ん中、きりぎりすが脱皮をしているのです。
何とも神秘的な光景に絶句しました。
このような場所は今の日本にはどれほどあるのでしょうか?
是非多くの方々にお越し頂きたいでんな。
同じことを申し上げて恐縮ですが、御世話下さいました地元の方々には心よりお礼申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m

北斗の柄三瓶に夜涼放ちけり
廣太郎

2013/07/20
昨日浜田市に泊まり、例年の、石見ホトトギス俳句大会が今日から始まります。
今年は珍しくこの時期完全に梅雨明しており、何とも暑い夏日でした。
この季節で見る三瓶山は、ちょっと例年とは違った景色でした。
写真は夜、夜遊び吟行! に行った時の夕菅です。
何とも妖しいでんな。
この時の空は満天の星空だったのてす。
ちょっとこの世に居ることを忘れてしまうほどでした。
と打っているとすっかり又遅くなりましたが、7月20日でした。
反省会に突入していますV(^-^)V

句碑を守る夕菅星の使者として
廣太郎

2013/07/19
昨日蒸発したいと申し上げましたが、早速しまして、今日は朝から島根県浜田市に向かいました。
勿論消え失せた訳ではなく、毎年行われている浜田吟行会です。
今年は全国的にも梅雨明が早く、浜田市も例年になく晴天の猛暑でした。
まあ夏らしいですわな。
勿論吟行は浜田市内ですが、今年は写真の、海岸のこんな防波堤の上に連れて行って頂きました。
水平線しか見えまへんが、北への視点で、この先は韓国です。
何か不思議に思うのは島国根性でしょうか?

夕立を抜け山陰の趣に
廣太郎

2013/07/18
今日もすっかり遅くなりましたが、7月18日で、可愛い超絶無比国士無双大佳人の三毛猫はんの為にもアップしまひょ(^_^)v
ただ結構仕事がテンパっており、蒸発したい気もありますが、そこは我慢のしどころでんな。
1日ホトトギス社で仕事をした(雑詠選はバッチリです)後、夕方からは月例の登高会でした。
真摯に学んで、会後はお馴染みサングリアでんなV(^-^)V
写真は食後のカクテルです。
何時もの私の定番ですが、さて何でしょう?
メールでお答をお待ち致しておりますm(_ _)m
気が向いたら賞品も考えまひょか。

心太蜜派しやうゆ派敬遠派
廣太郎

2013/07/17
今日も朝からホトトギス社で仕事をしていましたが、今日の東京はえらい涼しい1日でした。
実は、なんて大袈裟なことでもない・・・、こともないのかも知れまへんが、先日の連休中、自宅に、色々な俳句大会等の選句稿が数ヶ所からいっぺんに来て、雑詠とあわせて〇〇万句を選句せなあきまへん(^_^;)
まあなるようになるでしょう・・・、か?
そして今日は、ホトトギス8月号、つまり創刊1400号が出来ましたV(^-^)V
皆様のお手元には20日前後のお届きだと思いますが、今日ホトトギス社には納品されました。
ひとつの節目で、あまり凝ったことはしてまへんが、私が雑詠選者になって初めての節目の号でんな。
やはりちょっと感慨深いものがありました。
そんな自祝を写真のワインでしました。
場所は言わずもがなでんがな。

廣太郎

2013/07/16
今日も送信が微妙に遅くなりましたが、7月16日で、昨日が祝日だったので又1週間の始まりが今日になりまんな。
ちょっと昨日のお酒が残っていましたが、朝からは何時もの平日の通りホトトギス社に出社して、原稿書きやら選句に勤しんでいました。
伝統俳句協会関東支部東京・神奈川部会のお集まりがあったり、活気ある事務所でした。
今日の東京は、昨日までの猛暑は一段落したようで、結構過ごしやすかったのではないでしょうか?
写真は帰宅途中の、家の近所から見た夏の月です。
半月っぽかったのですが、明るさは格別でした。

廣太郎

2013/07/15
今日は午前様になってしまいましたが、7月15日で海の日で、朝からは休みだったのですが、夕方から、俳句結社「海」30周年の祝賀会にお招き頂き、楽しいひとときをすごさせて頂きました。
実は今日、ホトトギスの実名で、結社に対する誤解の文章を読み、それについてコメントしようかと思いましたが、あまりにも小さな誤解ですので、もう止めますわ。
写真は今日の祝賀会の会場のホテルからの景色で、早稲田大学のキャンパスでんな。
繰り返しますが、7月15日の海の日でした。

廣太郎

2013/07/14
今日も休日で、朝は比較的ゆっくりしましたが、昨日のような疲れは全くなく、快調に目覚め、午前中は昨日からしていた11月号の雑詠選を、今御投句頂いているものについては全て完了しました(^_^)v
午後からはちょっとゆっくりして、久しぶりに夕方のミサに与りました。
こちらの方ももっと真面目にせなあきまへんな(^_^;)
今日も東京は猛暑でしたが、ミサに行く前に夕立に遭いました。
ミサの間中ゴロゴロ音が鳴っていましたが、ミサ後外に出ると、写真のような怪しい雲ながら、何とか家まで持ちました。
この写真の時間は、結構風は涼しかったですが、それにしても、今日を含め今年は何本コンビニで傘を買うているでしょうか?

廣太郎

2013/07/13
久しぶりに今日は休日でした(^_^)v
やっぱり夏バテがあるのか、朝はゆっくりして、結局外出もしませんでした。
だらだらしていたのも災いしてか、とにかく眠く、昼寝もしてしまいましたが、そのお陰か、体調は万全に戻ったようですV(^-^)V
実は、仕事の関係で11月号の雑詠御投句を持って帰っており、今日は選句に勤しんでおりました。
なかなか完全休日とはいきまへんが、充実はしてまんな。
写真はあらためて家の中を見ると、玄関の飾り付けがほのぼのと感じますね。

廣太郎

2013/07/12
今日も朝からはホトトギス社に出社して、句会もなく1日会社の仕事に勤しんでいました。
捗っていると申し上げてきましたが、やはりちょっと油断するとすぐに溜まってしまいますわな。
毎月のちょっと大きな原稿を仕上げました。そして漸く今日からやっと11月号の雑詠選にかかりました。
今日の時点で、既に多くの方々の御投句を頂いているのは嬉しい限りでんな。
毎月ですが、命をかけて選句させて頂いております。
そんなことで、退社後はサングリアです、って何の脈絡もおまへんが、写真のこんなワインを飲みました。
三毛猫はん、今日はあなたがこれで1句詠んで下さい(^_^;)

廣太郎

2013/07/11
今日も朝からはホトトギス社に出社して、ちょっと予定より遅れております原稿と格闘しておりました。
1日時間が取れれば良かったのですが、昼前から会社を出て月例の土筆会に向かいました。
場所はお馴染みの小石川後楽園で、何時もは庭園を吟行するのですが、何しろ今日の猛暑で、吟行にはめげて、拙句が実感でした。
写真は小石川後楽園の入口を入ったところにあった風鈴ですが、確かに音色に涼しさを感じましたV(^-^)V

日盛の東京アスファルト地獄
廣太郎

2013/07/10
今日も送信が遅くなりましたが、7月10日で、朝からホトトギス社に出社です。
事務機の契約があったりしましたが、概ね今日の仕事は捗りましたV(^-^)V
写真は仕事帰りの一杯、てなノリですが、スパークリングワインでんな。
楽しいひとときでしかので、送信が遅くなりましたが、7月10日でした。
拙句は、昨日のむさし野吟行会の折の拙句です。
超絶無比国士無双大佳人の三毛猫はん、どないだっか?

参道の長さに汗ををさめけり
廣太郎

2013/07/09
今日は朝からホトトギス社には行かずに、東京郊外の府中市に来ました。
お馴染みのむさし野吟行会でした。
この会は、虚子の時代に行われていた武蔵野探勝会のあしあとを辿る吟行会として、今日も多くの方々の御出席を賜り誠にありがとうございましたm(_ _)m
猛暑の中、本当に頭の下がる思いです。
写真は府中駅から神社にむかう途中の参道にある虚子句碑で、虚子の句は、「秋風や欅のかげに五六人」です。
昭和初期の夢がなかなかきえまへんな(-_-#)

青蔦に埋もれて虚子の句碑の黙
廣太郎

2013/07/08
今日の送信はすっかり遅くなってしまいましたが、7月8日でした。
朝からはホトトギス社で、相変わらず休みがおまへん(^_^;)
まあ仕事の方は充実しており、7月初旬までに済ませる仕事は今日完了しました(^_^)v
それでも7月はちょっとやらなければならない仕事があり、今から焦っています。
まあなるようになるでしょう。
午後からは会社を出て、月例の朝日カルチャー若草句会でした。
新しい方も増えて、いよいよ活気ある会になっていますわなV(^-^)V
梅雨明の東京ですが、写真は会後の会場近くの空ですが、案の定夕立になりました。
この後飲んで、すっかり遅くなりました(^_^;)
あらためまして、7月8日でしたm(_ _)m

夕立の一粒よりの修羅場かな
廣太郎

2013/07/07
あうたう句会2日目で、今日は朝本番の句会でした。
私は行きませんでしたが、昨日結局蛍を御覧になられた方もおられ、素晴らしい吟行になりました(^_^)v
昨日関東甲信が梅雨明したと報道されましたが、それに続く越、つまりその中の新潟は未だ梅雨が明けていないようで、今日も新潟は雨が降ったり止んだりでした。
やっぱり私の雨男の本領発揮でんな(^_^;)
それでも句会は滞りなく行われ、楽しく過ごさせて頂きました。
これもひとえに企画から何から何までお世話下さいました彦様こと橋本くに彦様、社員Tには心よりお礼申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m
上の写真は、宿の玄関前に居た猫です。
結構触らせてくれましたが、何かよそよそしい雰囲気でした。
でも猫はそこが良いですわな。
どちらかというと、猫派である私の所以かも知れまへんな。
下の写真は、宿から燕三条駅までの道程の弥彦山の遠景です。
雨でしたが、結構はっきり見えますね。
その後新幹線に乗り、東京に着きましたが、梅雨明の猛暑が待っていました(T_T)
明日からは又真夏の東京での仕事が待っています(^_^;)

梅雨滂沱さうよ私が悪いのよ
廣太郎

奈落より夏霧上り来る早さ
廣太郎



2013/07/06
今日は土曜日ですが、朝から旅です!
毎年恒例になっているあうたう句会です。
去年と同じ新潟県の燕三条駅に集合しましたが、こちらも去年と同じ大雨でした(T_T)
まあ私が居ますもんね(^_^;)
それでもバスが走り出すと雨は止み、吟行地では傘は杖になりました。
それが今日の写真、弥彦山です。標高が634メートルで、どこかで聞いた数字とちゃいまっか?
そう、東京スカイツリーと同じ高さだそうです。
写真真ん中の少し黒い帯状の筋が佐渡島だそうです。
その後ホテルに行き、夜には蛍狩が予定されていましたが、こちらは、去年と同じく雨で中止になってしまいましたが、急遽句会となり、却って楽しいひとときでした(^_^)v

梅雨傘を駅に買ひたることも旅
廣太郎

2013/07/05
今日も朝からホトトギス社で仕事をしていました。
昨日申し上げた通り、今月は旅などが重なり、会社に腰を落ち着ける日が少なく、プチ焦ってはおります(^_^;)
今日はそんな貴重な会社に居る日で、原稿書きや、ホトトギス社の部屋の賃貸契約をしたりしました。
まあ今のところは滞っておりませんが、1400号のことも・・・、ちょっと考えるとパニックですので、まあ神様にお祈りしまひょ。
今日の昼に、ちょっと丸ビルに立ち寄ると、イベント広場では大々的に七夕まつりのイベントをしていました。
考えてみると、俳句的には七夕は秋の季題ですわな。
複雑な気持ちで写真の団扇を貰いました。
拙句は、昨日の蕉心会に出した句ですが、超絶無比国士無双大佳人の三毛猫にお捧げ致します(^_^)v

五月雨を呑み込み育ちゆく流れ
廣太郎

2013/07/04
昨日木曾から帰り、今日は早速ホトトギス社に出社です。
正直今日はちょっと・・いやかなりへばっていますが、私のスケジュール調整が、7月は大失敗で、必死こいておりますが、まあこの世に居るうちは日常茶飯事でんな。
朝は会社の仕事がある程度出来ましたが、昼前に会社を出て月例の蕉心会に出席しました。
社員Tをはじめ真摯に花鳥諷詠を学ぶ方ばかりで、私自身とても勉強になります。
写真は会場の芭蕉記念館近くの、実際芭蕉が住んでいた庵があったとされている場所で、以前にもご紹介したかも知れまへんが、御縁を感じます。

梅雨雲の降りてくるビル伸びてゆく
廣太郎

2013/07/03
昨日木曾に泊まり、徳源寺句会の2日目です。
やはり私の本領発揮ということで、朝から結構雨が降っていましたが、そんな中朝から吟行に行きました。
宿から車で40分余り走ると、ロープウェイ乗り場があり、御嶽山に登りました。
写真はロープウェイに乗る駅前に広がっているお花畑です。
ちょっと見えにくいのですが、先の方は雪渓が広がっています。
今日は句会もなく、この後昼食となり、木曾福島駅から名古屋を経て東京に戻りました。
東京では予期せぬ素敵な超絶無比大佳人との出会いもあり、疲れも吹っ飛びました
V(^-^)V
御世話下さいました、これまた超絶無比もう大佳人には心より感謝申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)m

廣太郎

2013/07/02
今日は朝から、以前よりお招き頂いておりました徳源寺句会の吟行会に伺いました。
実は去年もこの吟行会には伺い、句会場は去年と同じ長野県の木曾福島なのですが、吟行地は、有名な奈良井宿という宿場でした。
上の写真は江戸時代から続いている老舗の宿だそうです。
町並み全体がこのような壁の造りで、江戸時代を彷彿とさせられますわな。
下の写真は、宿場を入った場所のお寺にあるマリア地蔵だそうです。
胸に抱いている子供がキリストで、その子供は十字架を持っているように見えますか?
こんな場所にも隠れキリシタンが居られたことに信者として感動してしまいました(T_T)
ただ、御覧頂くと、この地のキリシタンは結局バレて、写真のように首は落とされ、子供、つまりキリスト像と思しきかおも削られています。
この頃の弾圧は凄まじかったのですね。
句会場は去年と同じ木曾カントリークラブというゴルフ場の施設で、設備も素晴らしい場所でした。
句会後の宴会も、当然ながら素晴らしいひとときでした。
御世話下さいました超絶無比もうあの世も関係して貰おか決定的大佳人には月並みながら心より感謝申し上げますm(_ _)m

手に取りて木曾の檜の椀涼し
廣太郎

汗引いて奈良井宿へと一歩かな
廣太郎



2013/07/01
今日から7月でんな。
早いもので平成25年も後半に入ります。
丁度今日は月曜日で、何かきりの良いような気分になりました。
昨日はちょっと夜更かしをしましたが、今日は朝からホトトギス社に出社です。
6月末までのノルマは果たしておりますので、まあ余裕ですが、気付いてみると今月7月は、ちょっと予定を入れ過ぎたきらいがあり、調整が難しそうですが、まあ楽しんでしまひょ(^_^)v
写真はお馴染み伝統俳句協会カレンダーで、今日からこのページです。
碧梧桐の筆跡は結構楽しいでんな。

廣太郎




2013/08

2013/06