放蕩編集長



2011/12

2011/10


2011/11/30
昨日岡山から帰り、今日は早速ホトトギス社へ出社です。しんどいでんな・・・、てなことはちょっとしかないですが、ここ数日、私の体にちょっとしたウィルスさんがお泊まりになっておられるそうで、お帰りになられるまで餌をあげていましたが、今日どうやらお帰りになられたようです(^_^)v

会社では、月末の仕事が山積みで、まあそれでも何んとかクリア出来そうです。

今日は句会もなく、会社の仕事に集中して、(飲んで)帰ってからは、久しぶりに家のオーディオで名曲鑑賞です。

曲は、以前にもご紹介しましたブラームスのピアノ協奏曲第1番です。
写真のCDですが、最近リリースされた新譜で、買ったのはもう何週間か前ですが、やっと今日聴きました(^_^;)

ピアノはマウリツィオ・ポリーニ。
クリスティアン・ティーレマン指揮シュターツカペレ・ドレスデン、という豪華な演奏者でんな。

私の好みでは、このピアノのポリーニは、現役では世界一ではないでしょうか?

とにかく、このCD、ち、ちょっと凄いですわ!

特に第3楽章・・・。

廣太郎

2011/11/29
昨日は岡山に泊まり、昨日ちらっと申し上げましたところのイベントが今日行われました。

岡山の俳誌「旭川」770号の記念祝賀会と、それを記念して、3代句碑の除幕式が行われました。

その句碑が今日の写真ですが、手前味噌ながら、御覧の通り年尾、汀子、そして私の3代の句が刻まれてまんな(^_^)v
桃太郎伝説で有名な、吉備津彦神社の境内に建立されました。

知る人ぞ知る・・・、いや有名ですが、この写真の句碑の隣には、以前にもご紹介したかも知れまへんが、虚子のあの「遠山・・・」の句を刻んだ句碑があり、一応4代句碑になりました。

除幕式の後は句会、そして祝賀会があり、三線の演奏等で盛り上がりまくりました
\(^ー^)/

本当におめでとうございました。

冬日和とは句碑除幕日和かな
廣太郎

2011/11/28
今日は平日ですが、朝から新幹線に乗って岡山に来ました。

実は明日、あるイベントがあるのですが、それにバッティングさせて、月例の、これは私が選だけをさせて頂いている句会新廣会のスクーリングを計画して下さり、備前市にある漁港日生という場所を吟行しました。

もちろん吟行ですが、此処の市場で牡蠣をはじめとする新鮮な魚介類や野菜を買い、市場の向かいのお店でバーベキューをする、という楽しい企画に参加して、すっかり堪能しました\(^ー^)/

写真は正にそのバーベキューです。

牡蠣数多乗せて海辺のバーベキュー
廣太郎

2011/11/27
今日は日曜日で、会社は休みですが、午後からは月例の野分会東京例会でした。

真摯に花鳥諷詠の勉強が出来、素晴らしい会でんな\(^ー^)/

会後は、時間的にも飲み会になり、今日は来月のこの会の忘年会の下見も兼ねて、そのお店に行きました。

写真はそのお店からのロケーションですが、丁度真ん中に富士山がくっきり映っています。
写真では小さいですが、今の時期の富士山を東京都心から見ると、結構大きく見えまんな(^_^)v

猫が居て鳩がゐて散紅葉かな
廣太郎

2011/11/26
今日は今年最後のホトトギス社句会と講演の会でした。
講師は、本誌でもご案内致しております、秋田からお越しになられたホトトギス同人伊藤とほ歩先生でした。
何度も御講演頂きましたが、何れも面白く、今回も盛り上がりまくりました。

写真は、会が終了して直ぐの、会場の窓から見た東京タワーです。
夕方5時前ですが、すっかり暮れて、タワーのライトアップが綺麗ですね。

今日で一応今年のホトトギス社の行事も終わりですが、又来年も皆様のお越しを心よりお待ち申し上げておりますm(_ _)m

おでん酒堅田の銘酒あればなほ
廣太郎

2011/11/25
今日は朝から又40分駅まで歩き、ホトトギス社に出社しました。
月末の金曜日ということもあり、結構会社の事務的な仕事でばたばたしました。
税理士の先生との決算会議もあり、内容の濃い1日でしたわな。

それに加え、今日は平成24年3月号の雑詠選を終えました(^_^)v

自祝、というわけでもおまへんが、帰りは、ホンマに久しぶりにサングリアに行きました。今日も又ボージョレ・ヌーボーを堪能しました。

このお店、先日店長が替わったばかりですが、同じように繁盛していて、嬉しい限りでんな。

写真はお店のあるビルの正面玄関のクリスマスリースです。

こんな季節でんな。

廣太郎

2011/11/24
今日は朝からホトトギス社に出社しました。
そろそろ雑詠選が佳境ですが、今日まで御投句頂いているのは、全て終わりました
(^_^)v

昼前からは、月例の目黒学園句会でした。
この会は毎月第4水曜日ですが、昨日が祝日で、日本伝統俳句協会の理事会と重なったので、今日になりました。

今日は句会後、私にとっては今年最初の忘年会となりました\(^ー^)/

御世話下さいました句会のメンバーの方々には、心より感謝申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m

ちなみに今日の写真は、忘年会場のホテルに飾ってあった神輿です。

帰り花城とはなべて哀史あり
廣太郎

2011/11/23
2日アップをサボりましたが、今日は勤労感謝の日でんな。
祝日でしたが、今日は、日本伝統俳句の理事会でした。

公益法人法の認可が降り、嬉しい限りでんな(^_^)v

写真は、雪吊をしている職人さんですが、匠の技を堪能しました。

廣太郎

2011/11/20
中国ホトトギス俳句大会の大会当日です。

昨日に引き続き島根県の浜田市を吟行しました。
昨日も申し上げたと思いますが、この街は毎年7月の石見ホトトギス大会の前日にお招き頂きます。
その時にもよく吟行する浜田城址を今日も吟行しました。
何時もは夏の暑い時期で、ここ数年天守跡まではズボラをこいて登りまへんでしたが、今日は晴れて清々しい気候も相俟って、久しぶりに登りました。

写真は天守跡から見下ろした斜面ですが、石蕗の花が綺麗でした。

山陰は石蕗の花が多いそうで、一説によると、津和野という地名はこの石蕗と関係があるそうです。

何時ものことながら、御世話下さいました島根県をはじめとするスタッフの方々には心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

石蕗の黄に攻められてゐる城址かな
廣太郎

2011/11/19
やはり御心配のメールを頂きましたが、昨日はしっかりアップをサボってしまいました(^_^;)
別に他意はございませんが、昨日は、今日に備えてえらい早寝をして、今日の朝は自宅を朝5時に出て、新幹線で広島に行き、そこから車で島根県の浜田市に来ました。
浜田市といえば、毎年石見ホトトギス大会の前日に伺うのが常ですが、今年は正にこの場所で中国ホトトギス大会が行われました。
今日は同人会で、真摯に花鳥諷詠の勉強をしました。

句会の後は懇親会ですわな(^_^)v
写真はアトラクションの石見神楽です。
しっかり伝統芸能を堪能しました。

今日も送信が遅くなりましたが、11月19日でした。

その中の一羽は鷹といふ孤高
廣太郎

2011/11/17
今日も朝は自宅から目黒駅まで歩き、清々しい気持でホトトギス社に出社しました。
昨日申し上げました通り、雑詠選の時期になってきましたので、気持ちを引き締めんとあきまへんわな。

そんなことで夕方までは選に集中して、その後は月例の登高会でした。
何時もながら沢山の方の御出席ありがとうございます。

会後は、知る人ぞ知る今日はあのボージョレ・ヌーボーの解禁日ですわな\(^ー^)/

もちろんサングリアで飲みました。
写真がそれですが、ワインらしい美味しさで、堪能しました(^_^)v

切干のきりきり乾きゆく朝
廣太郎

2011/11/16
今日の東京は、朝から木枯のような風が吹き、ムチャ寒かったでんな。

朝家を出て歩き始めて、余りの寒さにバスに乗ろかいな、とも思いましたが、歩いているうちに、何んやらポカポカしてきたので、そのまま快適に何時ものように駅まで歩きました(^_^)v

仕事の方は、今日は句会もなく、朝はこのホームページを作って下さる江口様との打合せがありましたが、それ以外は、文字通りデスクワークで、漸く3月号の雑詠選に突入しました。

まあ、今のところは滞っていることはございませんが、1ヶ月の早さを、とみに感じますわな。

仕事の後、外に出ると、丸の内は、もうクリスマス一色ですね。

写真のこの場所は、あのサングリアのビルの前の植込みなのです。
不思議・・・、かどうかは判りまへんが、未だ虫が鳴いていました!

この後、サングリアに行ったのは、言うまでもございません\(^ー^)/

廣太郎

2011/11/15
今日も朝からは、当然のごとく家から駅まで歩き、ホトトギス社に出社しました。

駅から山手線に乗って、車内で放映しているトレインチャンネルとかいう、音声は出ませんが、いろいろな情報を流しているテレビを何気なく見ていると、ニュースのコーナーで、突然「虚子記念文学館」の文字が目に飛び込んできました。
ニュースなので、まさか火事にでもなったんちゃうやろな、と読むと・・・、もう御存知ですね。
そう、虚子記念文学館の収蔵品の中から、芥川龍之介から虚子に宛てた手紙が見つかった、というニュースでしたね。

早速会社に着いてインターネットのニュースを開くと、果たして写真のように、大々的に報じられていました。
虚子館も、これを機会にもっと来館者が増えるとええでんな。
ホトトギスもお忘れなくm(_ _)m

今日は昼前から、月例の草木瓜会で稲城へ伺いました。
会でも、今日の虚子館のニュースが話題になっていました。

冬日和明るきニュース芦屋より
廣太郎

2011/11/14
昨日は、色々ありましたが、まあ無事東京に帰り、今日は早速朝からホトトギス社に出社です。
午前中は、お馴染みホトトギスの表紙絵をお描き頂いている岡信孝先生の個展に伺いました。
その絵を映すことはできまへんが、東京日本橋三越で、明日15日まで行われております。素晴らしい御絵を私は大好きです。

個展を拝見して、会社に帰る途中丸ビルのイベント広場が今日の写真です。
宝塚歌劇のイベントだそうです。煌びやかでんな。

午後からは月例若草句会です。真摯に花鳥諷詠の勉強をした後には、もちろん反省会ですわな(^_^)v

楽しく過ごしましたが、帰りは結構激しい雨でした(^_^;)

風に聞く神迎てふ日和かな
廣太郎

2011/11/13
九州ホトトギス俳句大会の当日です。

今日の朝は先ず九州ホトトギス同人会が行われました。
吟行は会場周辺で、上の写真は窓から旅館を眺めた風景です。
なかなか風情のある老舗旅館というところでんな。

昼からは大会が行われましたが、188名様の盛会でした。
九州のホトトギス俳人の方々の素晴らしい御句に圧倒され、とても勉強になった2日間でした(^_^)v

会後長崎空港に向かい、飛行機の手続きをしたのですが、予約の書類には、長崎空港を18時10分に出発して、羽田空港には20時55分着と書いてあり、ちょっと待ちなはれや、往路は1時間50分が所要時間だったのが、帰路にこんな3時間近く掛かる筈はない、これはミスプリントに違いないと、カウンターで手続きをすると、何んとその飛行機は、長崎空港を離陸後先ず神戸空港に着陸し、そこで一旦飛行機を全員降ろされ、再びその機に乗って神戸から羽田へ飛ぶ、という各駅停車のような便だったのです。
まあ、飛行機に乗り慣れておられる方は御存知だったのかも知れまへんが、まあ、格安ということもあり、日本の国内線でこんなんありかいな、とか思いながら手続きを済ませると、それを聞き知った、ある、別の便で別の場所に帰る人が激怒・・・、いや心配して、電光石火のごとく別の航空会社の、少し後の時間に出発する直行便の手続きを取り、全員それで、当初の予定より1時間以上早く帰ることが出来ました(^_^)v
下の写真が、変更して乗った飛行機です。

先日のこのコーナーで、心配事やらブルーやら申し上げましたが、直接ではないものの、ちょっと今日のこととも関係します。
したがいまして、その気持は完全に解消しました\(^ー^)/

大会でお世話下さいました佐賀県をはじめとするスタッフの皆様には、心より感謝申し上げますm(_ _)m

寒灯に人悼む色ありにけり
廣太郎



2011/11/12
今日は朝からあの世にも〇〇〇しい飛行機に乗って、長崎まで飛びました(^_^;)
九州ホトトギス俳句大会が、今年は佐賀県がお当番で行われました。
長崎空港から車で、嬉野温泉という由緒ある温泉街に来ました。

吟行は先ず、340年を越える樹齢といわれている茶の木を見ました。
実は私は勉強不足で知らなかったのですが、日本の、今当り前に飲んでいるお茶は、此処が発祥の地だそうです。
とても良い勉強をさせて頂きました。

その後、上の写真の枯野に行きましたが、此処は自衛隊の演習場だそうです。
真ん中の砂地は滑走路だそうですが、今でも使っているのでしょうか?

今日は吟行の後前日句会が行われました。
100名様以上の方がお越しになり、真摯に勉強しました。

その後は楽しい懇親会ですわな。
幹事の方が、下の写真のような素敵なワインを御用意下さり、堪能させて頂きました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

そんなことで、今日も送信が遅くなりましたが、11月12日でした。

草枯の中に咲くもの跳べるもの
廣太郎



2011/11/11
今日の東京は朝から雨で、寒いというより冷たい1日でした。
そんなことで・・・、っていうことでもないのですが、朝駅までのウォーキングはすっかりサボってしまいました(^_^;)

仕事の方は、今日は句会もなく、選句をしたり原稿書いたり、お茶飲んだり(酒ちゃいますっ! )していました。
一応捗ってはいますが、ちょっとした心配事もあり、天候も相俟って、少しブルー、というのは似合いまへんか?

写真は、夕方会社のビルを出た直ぐの、丸の内仲通りという道の、これも毎年お馴染みのイルミネーションでんな。

今年もこの季節がやってまいりました(^_^)v

廣太郎

2011/11/10
昨日の酒は適量だったのか、今日は朝から快調で、駅までの徒歩も快適で、朝からのホトトギス社での仕事も結構捗りました。
尤も、そろそろエンジンの回転を速めていかなあかん時期になってきましたがな。

そんな中、昼前には会社を出て、月例の土筆会に行きました。
先月は、会場が花鳥諷詠塾でしたが、今日は何時もの小石川後楽園でした。

久しぶりに来てみると、今年はえらい鴨が多く来ているように思いました。

拙句の鴨は、実は今日の写真の中には居ず、メインの池で、目と目が合った妖しい鴨が居て、こんな感じでした(^_^;)

その中の哲学者めく鴨一羽
廣太郎

2011/11/09
今日は朝からホトトギス社に出社して、一応今までのノルマは達成しました(^_^)v

正直申し上げて、昨日のパーティーでちょっと飲み過ぎたきらいがあり、ちょっと今日の朝、体が痒かったのですが、朝はちゃんと自宅から目黒駅まで40分歩きました。

ホトトギス社には、今日日本伝統俳句協会関東支部東京・神奈川合同部会のお集まりで、お手伝いの方がいらっしゃいました。

どうぞ皆様、御参加下さいませ。
詳しくは、日本伝統俳句協会の機関誌「花鳥諷詠」を御覧下さいませ。

写真は帰りがけに寄った、以前にもご紹介しました自宅の近所の飲み屋さんで飲んだワインです。
なかなかのワインを何時も飲ませて頂き、素晴らしいでんな。

これからも懇意にさせて頂きたく思います。

廣太郎

2011/11/08
今日は立冬です。
昨日な悲しい別れがあり、今日は朝からホトトギス社に出社です。

会社の仕事をして、夕方からは、ある総合誌のパーティーに招かれました。

知り合いの方も多く出席されており、楽しく過ごしました。

写真は、朝出社する時、今日も自宅から駅まで歩いた途中の道に散った銀杏黄葉ですが、漸く色付き始めたようです。

夕方からは、総合誌の「俳句界」のパーティーに伺いました。
楽しい会で、普段お会い出来ない方にもお目にかかり、楽しく過ごしました。

俳句の上の知り合いの方も沢山おられ、楽しいひとときでした。

廣太郎

2011/11/07
昨日も汀子邸に泊まり、今日は朝から野分会芦屋例会でした。
汀子主宰の時は、関西ホトトギス俳句大会との絡みで11月は休会になっていたそうですが、関西ホトトギス俳句大会の翌日の月曜日に開催しました。
平日でしたが、沢山の方がお越し下さり、ありがとうございましたm(_ _)m

上の句が野分会の句です。

何時ものように有志でランチをして、今日はちょっと早めに東京に戻りました。
先日のこのコーナーで、悲しいことが近々起こるやら、秋思やらと申し上げ、御心配頂きましたが、今日が正にその日、例のサングリアの店長が、明日で辞められるのです(T_T)

私は今日そのお別れに伺いました。
写真がその方、田尾治恵様です。
右手にお持ちのプチ色紙には下の句が書いてあります。
左手にお持ちの袋は、今日の野分会の方々からの御餞別です。

これから淋しくなりますが、お店は変わらず営業し、あの絶品のカレーも健在ですので、私は通い続けます。
又皆様ともご一緒出来ると嬉しいでんな。

紅葉散る芦屋市平田町の音
廣太郎

秋惜む出会ひと別れ重ねつつ
廣太郎

2011/11/06
今日は関西ホトトギス大会の当日です。
今日の琵琶湖は、25万人で手を繋いで琵琶湖を抱きましょうというイベントがありました。
写真は、吟行した湖畔でしていた婚活のイベントに参加されておられた方々の輪です。

やはり日本一の湖ならでわのイベントですわな。

ホトトギス大会も、200人の参会で、盛会でした。

お世話下さいました滋賀県のスタッフの皆様には心より感謝申し上げますm(_ _)m

芦屋駅で反省会? をして、すっかり送信が遅くなりましたが、11月6日でした。

えり(魚へんに入)縫うてゆく舟一つ鴨一羽
廣太郎

2011/11/05
今日も朝は芦屋で目覚め、汀子主宰の運転で、滋賀県まで来ました。

関西ホトトギス俳句大会です。
滋賀県がお当番で、守山市で行われました。

写真は会場の前の琵琶湖ですが、右の方に初鴨が来て、風情がありますわな。

明日が大会当日ですが、今日は同人会でした。

何時もながら、関西はホトトギスの宝庫ですね。
今日も114名の方の参会で、活気ある句会でした。

懇親会、反省会と目一杯楽しく過ごさせて頂き、楽しい1日でした。

又明日も楽しみに致しております。

心眼や霧の向うに比良比叡
廣太郎

2011/11/04
昨日芦屋の汀子邸に泊まり、今日は朝から愛知県刈谷市に行きました。
毎年恒例の刈谷市民俳句大会でんな。

例年東京から行く事が多いのですが、芦屋から行ったので、かなりゆっくり出来ました。
会も、何時ものことながら、スムーズに進行しました。

会後、写真の依佐美送信所記念館という所に連れて行って頂きました。

此処は長波の無線電波の送信所として、主に日本海軍が使い、あの真珠湾攻撃の暗号
「ニイタカヤマノボレ1208」
が発信されたのは此処からだそうです。
写真はアンテナですが、当時の高さは250メートルで、8本建っていたそうです。
今は展示用の1本で、高さも25メートルだそうです。
でも歴史的に貴重ですわな。

新幹線毎日乗つて秋うらら
廣太郎

2011/11/03
今日は巷では文化の日で祝日ですが、私は朝から新幹線に乗って、又関西に来ました。
私自身は、こんなにも故郷に来まくり、幸せな限りですが、いよいよ喉が痛くなり、声が悲劇的になってきました(^_^;)
これは先日から申し上げております風邪では無く、ひょっとしたら豚草花粉症かも知れまへんな。


まあそれはともかくとして、今日は兵庫県伊丹市の柿衞文庫に伺い、毎年恒例の、鬼貫青春俳句大賞の公開選考会に参加させて頂きました。
去年も申し上げたと思いますが、この賞は、30歳未満の方しか御投句が出来ないという賞で、今年も新鮮な作品を楽しく拝見させて頂きました。

写真は、この館の名前とも関係ある、とお聞きした館の庭の柿の木です。

柿が美味しそうに熟していますわな。

廣太郎

2011/11/02
今日も朝からはホトトギス社に出社です。
一応溜まっている仕事を仕上げ、昼前からは月例の蕉心会に伺いました。
御存知の通りこの会は毎月第1木曜日ですが、今月は、明日が文化の日で、私は以前から出張が入っていたので、今日になるました。
それでも多くの方々に御出席頂きありがとうございました。

写真は会場の芭蕉記念館にある八手の花ですが、未だこんな雰囲気です。
でも、蕾と言うには不思議な形でんな。

花八手現の風に触れ初むる
廣太郎

2011/11/01
そういえば最近はずっとパーフェクトのアップが続いてまんな。
これは勿論沢山の方がお読み下さり、御意見等も直接頂くお陰です。本当にありがとうございますm(_ _)m

今日から11月でんな。
朝からホトトギス社に出社して、今日も句会は無く、1日原稿を仕上げたりしました。
今月も大体今のところ仕事は順調です(^_^)v

夕方からは、又ある方からチケットを頂きサントリーホールのクラシックコンサートに行きました。
サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団というオーケストラですが、以前このコーナーでご紹介したムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルハーモニー交響曲のCDを覚えておられる方もいらっしゃると思いますが、正にそのオーケストラなのです。
ソ連が崩壊して、街の名前が変わり、オケの名前も変わりましたが、世界屈指の実力は変わっていませんでした。
写真はホール前の、かの有名なカラヤン広場です。以前にもご紹介しましたわな。

プログラムの中の1曲がメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲で、ソロは、若手ですが、この世界では有名な庄司紗矢香でした。

ところが、今日彼女が登場した瞬間、胸が張り裂けそうになりました(T_T)
真っ赤なドレス・・・。
今はこの世におられない、ある知り合いのヴァイオリニストの姿が重なってしまいました。

悲喜交々でしたが、充実した1日でした。

又送信が遅くなりましたが、11月1日でした。
もう直ぐ冬でんな。

廣太郎




2011/12

2011/10