放蕩編集長



2010/03

2010/01


2010/02/28
今日も休日でゆっくりしました。
考えてみると、今日で2月はパーフェクトにアップしたことになりますね(^_^)v
悲しい月でしたが、明日からは3月。良い月になるようにお祈り致します。
そこで今日の写真はやはりこの方に登場して頂きましょう。日曜日なので今日も夕方のミサに行き、又侍者の役でした。
このマリア像は、教会の庭、というか駐車場にあります。

今日も家から教会まで歩きました。家から目黒駅までは約40分、そして駅ビルで本を買い(コミック、ついでに申し上げると『美味しんぼ』)、教会に行きました。
何んでここまで詳しく申し上げるかというと、今日は家内の歩数計を借りて装着していたのです。以前もご紹介しましたが、今日はこの後ミサが終わり(バスで)家に帰りこの歩数計を見ると、10776歩と出ていました。まあ万歩は達成でんな\(^ー^)/

2010/02/27
昨日申し上げた通り今日と明日は休日です。2月も最終ですね。
今月は1ケ月の日も少なかったりしたので、結構ばたばたしましたが、今日は久しぶりにゆっくりしました。
午後はちょっと長距離? を歩いたりして運動をしたつもりに、勝手になっております(^_^;)

その後久しぶりに夕食を作りました。写真、何のことはない、以前にもご紹介したとんかつですね。久しぶりに包丁を使うと、やはり切れ味が鈍っているようだったので、先ず研ぎました。包丁を研ぐのも趣味だと申し上げた記憶もございますが、そんなこんなで出来たのが今日の写真です。手前の豚汁も勿論作りました。
これも以前申し上げたかも知れませんが、関東ではこれを「とんじる」と発音し、関西では「ぶたじる」と発音します。こと食べ物に関しては、関東と関西の違いは、なかなかオモロイでんな。
又おいおいとそんな話題も載せまひょか。

2010/02/26
何度も申し上げていますが、実質今日が2月最後の平日です。
ちょっと集中して6月号の雑詠選を終えることが出来ました\(^ー^)/
でも、かの日からお寄せ頂いた御投句を拝見して、やはりこみ上げてくるものを抑えられない時もありました。
でもやはりこれからはそんなことではあきまへん、やはりあれでんな。
「男は黙って・・・」
そう、今日の写真です。
ちょっと余談ですが、私がまだ大学生の頃就職活動の、知る人ぞ知る逸話として、ある大学生が、写真のビール会社に面接に行ったのですが、面接の間中面接官がいくら質問しても一切喋らなかったそうです。当然面接官は怒り
「もう帰れ! 」
と一喝したところ、その大学生は立ち上がりざまに
「男は黙ってサッ○ロビール」
と一言言って、即採用になったそうです。
明日、明後日はゆっくり出来そうです。

2010/02/25
今日も基本ホトトギス社で仕事をしていましたが、朝はちょっと寄り道をしました。まあ申し上げる程の場所ではございません。

いよいよ2月も月末となり、もう実質明日でしまいですが、ちょっと明日が正念場ですね。まあ今週は土日が休みですので・・・、って先日も申し上げましたが、やはり休日出勤はしたいことおまへんわ。

それはそうと、今日の朝東京は霧で、汀子主宰が今日から飛行機で上京した際、羽田空港に着陸出来ず成田空港に着陸したそうです。大変ですね。だから飛行機は嫌いです、って理由は全然違いまんがな(^_^;)
又東京は地震もありました。都心ではなく多摩の方だったようで、私は感じませんでした。

そんなことで今日は日本の気象も忙しいようですが、写真は午後5時45分の丸の内から皇居を見た、つまり西の空です。実は強い、生暖かい風が吹いています。そう、「春一番」が関東地方に吹いたそうです。
携帯に、天気予報のメールが入ってきて判りました。例年ですと、この言葉が報道されても聞き流していましたが、今日「春一番」の文字を見ると何故か涙チョチョギレてしまいました。
本当の春、絶対来ますよね。

2010/02/24
今日も朝からはホトトギス社です。
昼前からは今日も句会でした。月例の目黒学園句会です。もうお馴染みですね。
考えてみると昨日と今日の2日間で3回句会があったわけです。まあ珍しいことでもないのですが、何故か最近はより気合いが入っているように感じます。

その分家に帰ってからは、リラックスしています。
写真は自宅にある火災報知器です。何やら東京都の条例があり、早速各部屋に付けました。
やはり火事は怖いですもんね。

梅見客歩幅小さくなつてきし
廣太郎

2010/02/23
今日も朝からはホトトギス社へ出社して、雑詠選に集中していました。そろそろ尻に火がついてきましたわな。
午後からは月例の若水句会でした。今日は、今まで御恙だった方が元気に復活されました\(^ー^)/
久しぶりの明るいニュースですね。上の句はその句会の句です。
その後会社に帰り、あたふたと仕事を片付け又句会に出掛けました。こちらは月例とは決まっていませんが、お馴染み百夜句会です。ダブルヘッダーというのとはちょっとちゃうかも知れませんが、今日は1日2回の句会です。下の句がその句会で出した句です。やはり私の今の気持ちでんな。

写真は、この句会後行ったバーですが、これは暖炉の火です。なかなか風情がありますね。
堪能していると又すっかり帰宅が遅くなり、午前様になりました。23日でした。

下萌や虚子の懐とは広し
廣太郎

木の実植う一つは君の未来へと
廣太郎

2010/02/22
昨日芦屋から帰り、早速ホトトギス社に出社です。
今日は句会もなく、1日雑詠の選をしていました、ってこのフレーズは多いんとちゃいまっか?
今月は28日が月末、しかもその日が日曜日ですので、仕事は実質26日迄ですね。ちょっとペースが遅れぎみですので土曜日あたり出社せなあかんかも知れません。まあ何んとか気張りたいと思います、なんて言うと、私の体をお気遣い頂くのも恐縮でございます。
昨日虚子記念文学館で、ある佳人がこのコーナーを御覧になっておられ、私が真面目に仕事をやり過ぎているような印象をお持ちの由、勿論仕事は真面目にやっているつもりですが、かなり・・・、いやちょっとは余裕があります。

写真は又春の月ですが、今日は丸の内。昨日とほぼ同じ時間です。写真では空の色はあまり変わらないように見えるかも知れませんが、実際見た印象としては、やはり東京の方が暗く感じました。
地球は丸いでんな。

2010/02/21
昨日のシンポジウムに引き続き、今日は、第3回虚子生誕俳句祭です。
募集句の表彰、講演会、そして小句会と、盛り沢山のスケジュールでした。
表彰では、特に青少年の部に面白い御句があったり、とても盛り上がりました。青少年の部で表彰された方のお1人が、私の通っていた甲南小学校の生徒さんで、制服で来られました。40年前まで私もこの制服を着ており、全く変わっていないその制服のデザインに、感激すること頻りでした。
講演会でも、昨日のシンポジウムの、それこそ明解な答を聞いたような感動を覚えました。
小句会では、私が選者を務める会場では小学生でお1人御参加の方が特選をとられました。

終わってからの懇親会も盛り上がり、今年も盛会でした。虚子記念文学館の職員の方々をはじめ、今回のスタッフの方々には心より感謝申し上げます。

写真は帰りのJR芦屋駅から空を見上げた時の春の月です。午後6時前ですが、だいぶ日が長くなったようで、まだ暮れていないようです。
早く本当の春を迎えたいでんな。

開館も地震も節目や寒明くる
廣太郎

2010/02/20
今日から又芦屋です。日本伝統俳句協会主催の国際俳句シンポジウムに出席しました。会場はもちろん虚子記念文学館です。
今回も素晴らしいお話をお聞き出来ました。何時もこのシンポジウムに参加すると、多々得るものがあり、とても勉強になります。

シンポジウム後は有志で食事をしました。芦屋駅ビルの中のちょっとしたイタリアンの店でしたが、六甲会で行ったこともあり、結構楽しみました。

その後もう1件食後酒を楽しみ、帰りにタクシー乗り場に行くと、何と写真のタクシーに乗ることが出来ました\(^ー^)/
阪神タクシーという会社なのですが、当然その関係で、阪神タイガースの塗装がされていますね。
このタクシーの存在は知っていましたが、乗るのが夢でした。こんなに早く叶うとは・・・、ちょっと怖いでんな。

2010/02/19
今日も1日ホトトギス社で、雑詠の選に集中し・・・、たかな? という日でしたかな。
今日も、来る3月に行われる関東ホトトギス大会の準備の為にスタッフがお越しになり、いろいろ準備をなさっていらっしゃいました。会の盛会を心よりお祈り申し上げます。
明日から又イベントがありますので(飲んでから)、比較的早く? 家に帰り、ゆっくり風呂に入り寛いでいます。
写真は、愛用の孫の手です。かなり以前に何処かの観光地で買った記憶があるのですが、最初は下のところに肩叩きの玉状のものがついていましたが、今はそれが無くなってしまいました。
でも背中を掻くのには重宝しますわな。

2010/02/18
季題の上では春なんですが、東京は今日も雪が積もりました。
写真は、朝出勤途中の景色です。先日ほどでもなかったのですが、都心も結構雪化粧です。
1日ホトトギス社で仕事をして、夕方からは月例の登高会でした。
終わってからは例のサングリアです。
今日もたらふくワインを飲みました。
考えてみると、立春の日から結構寒い日が続いていますね。私の心も冷えきっていますが、春は必ずやってくると信じたいと思います。

その中に希望の光蕗の薹
廣太郎

2010/02/17
今日も東京は凍返る1日でした。
幸いな? ことに、私は句会もなく、1日ホトトギス社で仕事です。そろそろ雑詠選を始めました。2月は日が少ないのでちょっときばらなあきまへんわな。でも結構のほほんとしてしまいました。
これもあまり日本ではお馴染みでないのですが、このコーナーでは以前にも申し上げたかも知れませんが、今日は「灰の水曜日」というカトリックの記念日なのです。説明すると長くなるので止めときますが、今日から復活祭に向けての準備期間になります。
今日はそんなことで肉類を食べるのを自粛して、1日の食事の量も減らす、という戒律があります。私も一応朝は苺を4個、昼はおにぎり4個、夜は久しぶりに行ったサングリアで牡蠣フライとシーフードカレーを食べました。酒に関する戒律はないので、犠牲になっているかどうか・・・
写真はサングリアを出て、外の様子ですが、2月の始めまであったイルミネーションがいつの間にか取り払われています。ちょっと淋しい感じもしますが、冬から春へと確かに季節は進んでいます。
春一番ももう直ぐです。

2010/02/16
今日も朝はホトトギス社に出社して、昼前からは出掛けました。もう毎月のことなので皆様御存知でしょう、月例の草木瓜会でした。
新聞でも報道されましたので、どうしてもこの話題になってしまい申し訳ございませんでしたが、山田弘子様のことを申し上げると、御存知ない方が殆どでしたが、メンバーの中で関西出身のT・T様とおっしゃる方が、大阪の商社にお勤めの頃その会社の俳句部で実際弘子様から俳句をお習いになった由、勿論今回の訃報は御存知でした。本当に弘子様は影響力のあるお方だったのですね。

今日の句会後は又会社に戻りひと仕事した? のですが、今日の写真、何かお判りになりますか?
ここはクイズにしましょう。
又メールをお待ち申し上げます。
確かに意味不明ですので、ヒントは、これはパソコンの画面です。
どんな状態でしょう?

遺されし人の決断残る雪
廣太郎

2010/02/15
今日から又平日が始まりました。
朝からは例のごとくホトトギス社に出社です。寒い日でしたが、今日は句会などの外出はなく、会社でのほほんとしていました。
関東ホトトギス俳句大会のスタッフの方が打合せに来られ、いろいろ作業をされておられましたが、いよいよ迫ってきましたね。

夜は、ある方のお誘いで夕食に御招待頂きました。
日本橋にある鴨料理の専門店です。野趣ある鴨の味を堪能しました。
写真は鴨鍋に入れる前の鴨肉ですが、やっぱり色が濃いですわな。千葉県産だそうです。もちろん味も濃く、鴨料理を堪能しました。

2010/02/14
今日はバレンタインデーで、旧正月ですね。今年も又チョコをお送り下さいました方、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
昨日申し上げた通り今日も休日で、朝はゆっくりしました。それでも、これも以前申し上げましたが、続けて寝坊出来まへんわな。

昼間は家でのんびりして、夕方は又教会のミサです。
又これも以前ご紹介しましたが今日も侍者でした。
写真はミサで使う道具ですが、侍者がミサ前に用意する、ミサの中心となるものです。簡単に申し上げると、ちょっと不穏当な言い方かも知れませんが「最後の晩餐セット」とも言える道具です。説明するとちょっと長くなるので、どのように使うかは、実際ミサにいらして御覧下さい。教会のミサにはどなたでも御参加頂けます、ってしっかり布教活動みたいでんな。
私自身はこのミサでしっかりお祈りしました。もちろんあの方の為にです。

2010/02/13
2月7日の、あの突然の悲しい出来事から今日で1週間が経ちました。私自身何かこんなにあっという間に時間が経ったという印象は生まれて初めてかも知れません。私がそんなんですから、御遺族は如何ばかりでしょう。でも、ネガティブなことばかりではありません。ここでもそれをお知らせ出来る日があるでしょう。

先日、ってだいぶ前かも知れまへんが、2月の土日は結構休みがある、と申し上げた記憶があります。
ということで今日明日はお休みです。案の定朝は寝坊しましたが、久しぶりに歩きました。
家から目黒駅まで、時間にして40分位です。天気も悪く、寒かったのですが、駅ビルでCDを買い、帰りも家まで歩きました。さすがにポカポカしてきましたね。健康の一助になれば良いのですが・・・。

今日の写真がその買ったCDです。
以前にもこのピアニストはご紹介しましたね。私が1番好きな人で、私の、あるところで使っている俳号の一部にもなっている、そうウラディミール・ホロヴィッツです。最近発売されたのですが、録音は1987年6月21日で、彼が生前最後に行った、ハンブルクでのコンサートのライブ録音です。
超絶技巧で有名だった彼が初めて日本に来た時、晩年だった為かテクニックが衰えていて、「ひび割れた骨董」と散々酷評されたのは結構有名な話ですが、その後又テクニックを取り戻し、素晴らしい演奏を繰り広げました。このCDも素晴らしい演奏です。もちろんテクニックは若い頃とは比べられまへんが、とにかく音色が綺麗ですね。

2010/02/12
今日は句会はなく朝からホトトギス社に出社です。
山田弘子様御逝去のショックが未だ残っていますが、悲しんでばかりもいられまへんわな。

そんなことで今日はちょっと話題を変えて、朝来客があり、現在ホトトギス社で斡旋している、ホトトギスの歳時記も搭載されているカシオの電子辞書の担当の方がお越しになり、電子辞書の新製品をお持ち下さいました。
写真がそれですがお判りになられますでしょうか? ついに液晶がカラーになりました\(^ー^)/
その関係からか画像も豊富で、例えば広辞苑で高濱虚子をひくと、虚子の写真を2枚見ることが出来ます。又、キー自体はアルファベットですが、画面上から五十音での検索も出来ます。
ホトトギスには広告を出しますが、このコーナーを御覧の、ホトトギスに入っておられない方にも喜んで斡旋させて頂きます。価格は27000円です。ホトトギス社までメール、又はファックスでお送り先をお知らせ下さいませ。直接カシオから製品が届きますので、その中に入っている現金書留封筒でお支払い下さいませ。
以前もあったように記憶していますが、今日もしっかりカシオ社員でした。

2010/02/11
今日は山田弘子様の御葬儀だったのですが、私は残念ながら失礼させて頂きました。
朝の新幹線で帰京し、月例の土筆会です。東京は小雨模様で、何時もの会場小石川後楽園も冴返る日でした。涙雨でしょうか。

そんな中、写真のようにちゃんと梅の花は季節を違えず咲いています。命の尊さ、又神秘さを一入に感じました。
土筆会といえば、群馬県のメンバーの方が多いのですが、去年の9月1日、伊香保で行なわれた夢二忌全国俳句大会の選者として来られた山田弘子様とお会いになった方も多く、本当にお悲しみでした。暫くはショックが続くのではないかと心配です。

上の句は、昨日お持ちした、弘子様への悼句です。弘子様へというよりも、残された彼の方へのエールの気持を込めた句です。以前も申し上げましたが、心から応援したいと存じます。
下の句は今日の会でのものですが、やはり今の心境という他はありまへんな。

暖かく君を導く星として
廣太郎

人生れ人逝き地球下萌ゆる
廣太郎

2010/02/10
今日も朝からホトトギス社に出社です。一仕事終え、関西に向かいました。

今まで躊躇していたことを申し上げなければなりません。
新聞などで御存知の通り、「円虹」主宰の山田弘子様が、2月7日に・・・、本当に突然この世を去ってしまわれました。その日、浜松で御嬢様の佳乃様から連絡を頂き、それから今日までの記憶が、私自身はっきりしないほどです。佳乃様といえば、先月26日のこのコーナーでその晴れ姿を御披露したとこですやん。
実はその日、朝渋谷駅で、偶然弘子様にお会いしているのです。まさかそれがお会いする最後になるとは・・・。
そして今日がお通夜でした。
関西をはじめ、関東やその他の地から沢山の方がお越しになっておられました。
そんな方々をお迎えしておられた遺族の方、特に佳乃様が気丈に振る舞っておられる姿を見て、父の死にも泣かなかったのに落涙してしまいました。

写真は、芦屋の汀子宅にある台所のブラインドなのですが、山田弘子様が描かれた絵なのです。この上もない宝ですね。

本来ならイニシャルで終わっていたのですが、1月1日のこのコーナーの写真、山田弘子様のファックスなのです。

言葉もありませんが、心よりお悔やみ申し上げます。

2010/02/09
今日は1日ホトトギス社に居て、外出はしませんでした。朝は来客があり、いろいろ打合せをしたりしました。
実は私にとって、今の時期が1ヶ月の内一番時間的に余裕のある時期なのです。今日も結構余裕をこいておりましたが、昨日申し上げた訃報の件で、心は最悪です。でも御家族に比べると、悲しんでばかりはいられまへんわな。

そんなことで会社帰りはサングリアでした。
写真は今日飲んだワインですが「ラクリマ・クリスティ」というイタリアワインです。意味は「キリストの涙」というそうです。何か私の今の心境に合っていて、悲しいでんな。

2010/02/08
今日から又1週間が始まりました。朝は何時ものようにホトトギス社に出社しました。今月前半までに仕上げる仕事は何んとか終えることが出来だので、少し余裕をこいております。

今日は月例の朝日カルチャー若草句会でした。今日の会はちょっと趣向があり、朝から吟行になりました。
写真がそれですが、JR浜松町駅から直ぐの、芝離宮庭園です。ほぼ駅の隣にあり、素晴らしい日本庭園です。

今日は又、カルチャーに、ベルギーの新聞社から取材の記者の方が来られました。もちろん日本語は判らない方ですが、通訳の方も来られ、記者の方の作られた俳句? を訳され、それが素晴らしい句になっているではありませんか\(^ー^)/
通訳の方は若い女性で、俳句を作ったことはないとおっしゃっておられましたが、なかなか、素晴らしい訳で、私も含めた皆様感動されておられました。

と、何時もほのぼのとした話題をアップしていますが、昨日、信じられない訃報が飛び込んできて、実はむちゃくちゃ打ちのめされています。
御存知の方もおられますが、まだこのコーナーで申し上げる気力がありません・・・。

信じられぬ事が起りて春浅し
廣太郎

2010/02/07
今日も休日で、朝はゆっくりしましたが、今日はすっかり恒例になりました、浜松に来ました。毎年ご紹介申し上げております、浜松市民オーケストラの定期演奏会に伺いました。ホトトギス同人N・K様がメンバーであることは以前申し上げましたが、今年も素晴らしい演奏でした、というより、まるでプロのような上手さで、毎年向上するテクニックに感動するばかりです。
コンサート後は、N・K様に浜松の鰻をご馳走になり、1日堪能させて頂きました。
写真は、以前にもご紹介した浜松の、コンサート会場のあるアクトシティです。夕日に映えて綺麗ですね。
毎年のことながらN・K様ありがとうございました。

2010/02/06
今日は土曜日で会社も休み。今月は結構土日の休みが多いでんな。朝は定番の寝坊で、昼食は先日ご紹介した近所のお蕎麦屋さんに行き、その帰りに散髪に行きました。まあ一般的な生活でんな。

夕方からは家内の弟、つまり義弟一家が遊びに来ました。義弟の息子が今年から中学生になるので、そのお祝いをしました。写真がそれですが、近所にある回転寿司の店です。お祝いに回転寿司はちょっとアレかも知れまへんが、その甥の大好物で、ここは結構美味しいのです。確かにリーズナブルではありまんな(^_^)v

2010/02/05
暦、いや季題の上では春ですが、今日は又寒かったですね。
そんな中、朝からホトトギス社に出社して、今日は1日会社の仕事をしました。お陰で? 今の時期までにしなければならない、ホトトギス掲載の原稿等は全て終わりました。以前にも申し上げた通り、あくまでも今月の話ですが、特に2月は、今年は28日しかありませんので、スケジュールの調整が大切ですわな。

夕方からは、日本伝統俳句協会関東支部の会議が、ホトトギス社でありました。これも以前申し上げたかも知れませんが、此処が関東支部の事務局になっています。でも今後色々難しい問題があるようです。
それはおいおい「花鳥諷詠」等で発表されると思いますm(_ _)m

ところで今日の写真は、会議後(飲んでから)、丸の内の風景ですが、イルミネーションが未だ煌々と灯っています。なかなか綺麗でんな。

2010/02/04
今日は立春ですね。ところがその季節とは裏腹に、日本中春寒の日だったようです。
そんな中朝はホトトギス社に出社しましたが、仕事が結構追いついており、余裕に過ごしておりました、というより遊んでいましたm(_ _)m

昼前からは月例の蕉心会です。江東区の芭蕉記念館で行われるのですが、今日も殆どの方が出席なさいました。
写真は、記念館にある梅の花です。満開とまではいかないのかも知れませんが、これを見る限りでは確かに春の佇まいでんな。確かに朝は寒かったのですが、午後は結構暖かかったです。
でも、メンバーで、何時も福島県から来られるW・H様は、雪の為御出席が叶いませんでした。心よりお見舞い申し上げます。

日差得てより梅が香の立ち上る
廣太郎

2010/02/03
今日も1日ホトトギス社に出社です。考えて・・・、みるまでもなく今日は節分で、明日から春になりますね。でも先日の雪から東京は寒い日が続いています。今日も丸の内の例の場所から外に出ると、冷たい雨が降っていました。

その例の場所ですが、何時ものサングリアです。写真は今日食べたイタリア風ポークカツレツで、絶品でした。ワインももちろん堪能して、何よりも、このお店の看板娘、私とイニシャルが同じのK・I様が今日おられました。その内ご紹介申し上げられる日もあろうかと思いますが、いや素敵な方てますよ\(^ー^)/

2010/02/02
先ず、昨日の拙句の訂正です。最近間違いが多いでんなm(_ _)m
御想像がおつきだと思いますが、そう正しくは

鳥総松影を省略してをりぬ

でした。実は先日間違えた句を含めて、読者のS・I様が御指摘下さいました。本当にありがとうございました。

ところで今日はついに都心に雪が積もりましたね。実は、ばっかりですが、昨日の宴会の後もう積もり始めていました。
今日の朝は、この写真の通りです。やはり東京都心は雪に弱く、怪我をされた方が報道されています。
私も、何時もの通り出社しましたが、雪道はゆっくり歩きました。

2010/02/01
今日から2月、丁度月曜日から今月が始まりました。朝からホトトギス社に出社しましたが、今日は昼間お葬式に伺いました。ホトトギス同人の河田たき子様で、たき子様は、長年ホトトギス社で投句の封筒開けをして下さっていました。98歳という、大往生とはいえ、やはり御遺族の方々はお悲しみですね。心よりお悔やみ申し上げます。

午後は又ホトトギス社で仕事をして、夕方からは定例のはせを句会です。今日の会は、メンバー、というより主催者のK・T様がこのほどある文芸誌の「石川啄木俳句賞」を受賞され、そのお祝いの会をしました。写真は、K・T様の胸に輝く、今日差し上げた花束からの1輪です。
祝賀宴は夜遅くまで続き、又送信が次の日になりました。
2月1日でした。

鳥総松影を省略省略してをりぬ
廣太郎




2010/03

2010/01