放蕩編集長



2008/11

2008/09


2008/10/31

今日で10月も終りですね。私は今日も句会等はなく、1日ホトトギス社に居ました、と言いたいところですが、昼休みに思い立って銀座まで足を伸ばしました。とはいえ地下鉄で1駅という近さなので充分昼休みの時間内で食事をしたり、買物をしたり出来ます。そんなことで、4丁目にあるレコード屋さんで探していたCDを買いました。行きしは地下から店の前に直接出たのですが、帰りは心地良かったので地上を歩いていたら、丁度交差点の角にあるこの写真、そう有名な「和光」が閉店しており、何やら工事をしています。もちろん店仕舞をしてしまったわけではなく、リニューアルの真っ最中だそうです。肉眼では全体が真っ白いシートで覆われているようでしたが、この写真では壁が透けていますね。そういえば、以前歩行者天国の日に撮った写真をここに載せましたね。実は昼間の銀座はその時以来です。ここではたと気付いたことがあり、皆様は伝統俳句協会の「インターネット俳句会」は御存知でしょうか? 先月でしたか、その披講の中にハンドルネーム「有季野菜」という方の「和光工事中四丁目の残暑」という御句をこれまたハンドルネーム「ホロベン」という方(ネがバレていても深くお考えにならないように)が選をされていたのを拝見して、感動したのを思い出しました。今日正にこの現場の前で、季節は移りましたが、大いに納得しました。


2008/10/30

今日も1日ホトトギス社です、ではなく、朝は来年のホトトギスの表紙絵を描いて下さった画家の先生のお宅に、その印刷の校正をお持ちしました。写真はそのお宅の付近の街路樹ですが、紅葉が始まっているようですね。今年は急に寒くなったこともあり、紅葉も早いのかも知れません。その表紙絵は例年通り素晴らしいです。1月号がお手元にお届きになるまでのお楽しみです。去年はクイズをしましたね。でも今年はお馴染の題材なのでクイズはしません。さて、この文面で想像なさった方は、どうぞメールをお寄せ下さいませ。ここで当たれば、やっぱり何か差し上げなあきまへんか?


2008/10/29

今日は句会もなく、1日ホトトギス社で仕事をしていました、いやホンマ。雑詠を仕上げました。加えて伝統俳句協会関東支部神奈川・東京部会の募集句の選も仕上げました。何や報告ばっかりですが、やっぱり仕事を仕上げると気持ちよろしいな。ホトトギス社内は、今日は関東ホトトギス同人会のお集まりがあったり、夜は、私はメンバーではないのですが句会があり、お客様が多数お越しになり賑やかでした。もちろん大歓迎ですがな。
私は仕事を終えて、お馴染サングリアに行きました。看板娘の、以前にもご紹介した私とイニシャルが同じK・I嬢もおられ、又ここで知り合ったお客様ともお話出来楽しく過ごしました。写真は注文した鶏料理ですが、絶品でした。口で説明するのは難しいので、是非御自身でお確かめ下さい。


2008/10/28

今日の朝からはホトトギス社に出社です。そして午後からは月例の若水句会でした。先月はこの句会をご紹介する時確か、句会場近くの東京ドームの写真でしたね。まあ日本シリーズ頑張って下さい、と言いたいところですが、今日の拙句は、この球場と関係ある某監督のことだと思われた方が多かったようです。違うんですが……。
まあそれは置いといて、帰りがけに通った近所の煙草屋さんの幟が今日の写真です。実は今日の句会の会場のビルの入口の前に灰皿が置いてあり、喫煙所になっているのですが、今日行くとその灰皿が撤去されているではありませんか! どんどん喫煙所が減ってきて、確かに1日の本数は、外に出ると減りましたわ。幟も反対向いてますわな。

秋の暮この監督でええかいな
廣太郎


2008/10/27

昨日の年尾忌から1夜明けて今日は早速ホトトギス社に出社です。そろそろ月末なのでばたばたしていますが、何とか仕事を片付けて午後からは月例の朝日カルチャー若草句会です。今日の兼題のひとつが「猿酒」で、結構お馴染ではない季題ではないでしょうか。ホンマにそんな酒あるんかいな、と私も思っていましたら、今日の句会のために、最近はちょっと休んでおられますがメンバーで京都の福知山からお越し頂くS・Y様から写真の「さる酒」をお送り頂きました。実はこの酒を造っているのはあの虚子の「小鼓」の西山酒造様なのです。大いに会が盛り上がったのは言うまでもございません。会後の酒盛も、余韻を引きずりました。S・Y様には心から感謝申し上げます。

猿酒と言ひて丹波の銘酒かな
廣太郎


2008/10/26

今日は10月26日、といえば皆様ご存知年尾忌ですね。朝から鎌倉の寿福寺に行きました。生憎朝は少し雨に降られ、というか丁度道を歩いていた時に降られ、傘を持っていなくて、又雨男丸出しでしたわ。まあその後は傘も必要なく、御参会の方も111名と、結構ここ数年の年尾忌にしては盛会でした。この会は、例年晩秋なので、寿福寺には秋の花が咲いています。又、ちょっと季節は早いながら、石蕗の花も満開の年が多いのですが、今年は、写真のように1輪だけしか見付けられませんでした。やはり季節が少しずれているのでしょうか。
ところで昨日ある麗人の着物姿の写真でしたが、今日もその方は艶やかな着物で、拙句のようでした。誰かは、まあ御想像下さい。

年尾忌や小幸の化身たりし君
廣太郎


2008/10/25

今日は10月の句会と講演の会です。ついこの間今年のこの会が始まったと思ったら、もう今日と来月を残すのみです。もちろん又来年も楽しい企画で皆様をお待ちしていますよ。今日は、ホトトギス誌で発表させて頂いた通り津々楽朋世先生に、東京の下町のお話をして頂きました。最後まで粋な雰囲気で、都々逸を御披露下さったり、もう盛り上がりまくりました。写真は参加されたある方の粋な御姿です。今日の講演の為にわざわざ合わせてお召しになったそうです。大人気だったのは言うまでもございません。なにしろ受付に座っていた社員……、って言うたらしばかれますので止めときますわ。

芦屋川蘆に沈んでゆきにけり
廣太郎


2008/10/24

今日も1日ホトトギス社に出社です。そろそろ月末で仕事も佳境ですが、仕事の後はしっかり飲んでます。今日もサングリアですが、写真は2本目のワインで、社員Tも堪能していますが、実はこのワインの前に飲んだ1本目が凄いワインだったのです。以前ご紹介したのと同じ銘柄だったので、今日は秘密にして2本目の写真にしときます。こちらのワインもフランスの逸品で、シャトー・ヌフ・ド・パープと言います。フランスのワインといえばボルドーやブルゴーニュが有名ですが、この銘柄も美味しいですね。店長にもご一緒して頂きましたが、奇しくも今日は店長の誕生日だそうです。おめでとうございました。


2008/10/23

今日は1日ホトトギス社で仕事をしていました。そろそろ雑詠を仕上げる時期が近付いて来ましたね。今日のように外に出掛けない日は集中出来ます。プロ野球も気になりませんもんね(T_T)
でも仕事の後は楽しい? お酒です。久しぶりにひげ増に行きました。今日は以前ここでアルバイトをしていたY・S嬢の誕生日をお祝いしました。去年も彼女の誕生日はこのコーナーでご紹介したかも知れませんが、彼女のお母様が今でもここでアルバイトをしておられ、その縁もありますが、まあ別嬪さんですわ、って昨日も別嬪さんの話題でしたね。
写真は久しぶりに拙顔です。ひげ増で、そのお母様が握って下さったお握りを食べています。絶品でしたよ。
話は変わりますが、このコーナーを御覧の方で、御自身もブログを持っておられる、こちらも別嬪さんに、彼女御本人の写真をそのブログに載せて頂きたい旨を申し上げたことがあり、その時
「じゃあ、貴方の写真を放蕩編集長に載せて下さい」
とう意味のことをおっしゃいました。今日載せましたが……。


2008/10/22

今日も朝からはホトトギス社に出社です。まあ会社に携わっていると当然ですわな。朝、ちょっと用事があって仕事関係で長年関連のある団体に電話をすると、以前そこの事務局で働いていらっしゃって、今はアルバイトのM・M様が電話に出られました。ものごっつい別嬪さんで、常勤当時からちょっと何でしたので、久しぶりにお声を聞き舞い上がってしまい、そんな気持で昼間は月例の目黒学園句会に行きました。もちろん句会はちゃんと真面目にしましたで。比較的早く家に帰って、久しぶりに名曲にいそしんでいます。このCDも、出た当時センセーションを巻き起こしたのをご存知の方もいらっしゃるでしょう。好みは分かれるようですが、私にとってはこの曲のベストです。この指揮者カルロス・クライバーは、汀子主宰と大体同じ歳ですが、先年忽然とこの世を去ってしまったことをご存知の方もいらっしゃるでしょう。親日家で、しょっちゅう来日コンサートがありましたが、結局私はライブでは出会えませんでした(T_T)

泊雲と虚子の縁や新走
廣太郎


2008/10/21

今日は朝ホトトギス社に出社して、ひと仕事終えると直ぐ句会に向かいます。何時もこのコーナーをお読みの方は想像お出来になるでしょう、東京都稲城市で行われる草木瓜会です。今日も天気が良く、少し暑いほどでしたが、先日の熊本に比べるとしっかり秋ですね。心地良い風にも出会いました。写真は調布駅のプラットホームから撮った某デパートです。毎月この会に伺う前にはここで昼食をとりますが、今日はある方にお招き頂き夜もここで御馳走になりました。その帰りの写真です。今の季節すっかり暮れていますね。T・T様ありがとうございました。

秋時雨三つ抜け来て湖北かな
廣太郎


2008/10/20

無事熊本から帰ってきて、今日は早速ホトトギス社に出社です。伝統俳句協会の研究会のお集まりがあったり、お客様が結構いらっしゃって賑やかでした。この賑やかさに恐縮されるむきもありますが、全くそんなことはございません。どうぞ皆様もホトトギス社をご利用下さいませ。
仕事が終れば楽しい酒タイムですね、なんて言うと約数名に叱られますが、夕方からはお馴染サングリアでした。写真はそこのコースターです。この上に何のグラスが置かれたのでしょう。まあ想像にお任せしますわ。まあまる判りですわな(^_^)v

2008/10/19

九州ホトトギス俳句大会の当日です。今日も大秋晴で、熊本は暑いくらいでした。でも風はしっかり秋ですね。今回は私の雨男振りは全く発揮出来ませんでしたが、以前同じような天気の時
「雨男を返上します」
てなことを言ったことがあり、その後悉く大雨に祟られました。ですから敢えて申し上げません。
今日の吟行は写真の建物でした。「ふる里俳句館」の看板がお判りになるでしょう。今回中心になってお世話下さった地元の同人山下しげ人、さと子御夫妻や、その山下家のお宅の中に造られた記念館です。虚子、年尾や、汀子主宰の軸や色紙などが多く展示されています。写真の看板は、汀子主宰筆です。せっかくなので、本人の後姿を入れときますわ。

真筆の行間に聞く秋の声
廣太郎


2008/10/18

今日から、熊本県がお当番で九州ホトトギス俳句大会です。今日は前日の同人会でした。全国的にも天気は良く、おぞましい飛行機も揺れることなく予定より早く熊本空港に着きました。会場は八代市で、ここはホトトギス同人赤星水竹居様の地元です。水竹居様は、丸ビルと虚子のご縁で有名ですね。ここで昼食を頂きました。上の写真は、そのデザートですが、お菓子屋さんに10月の俳句を沢山見せて、それをイメージしてもらって作ったとのこと。下の写真は、丁度花火大会をしており、ホテルの屋上からビールを飲みながら見ました。もう殆んどフィナーレでしたが、なかなか迫力のある揚花火でした。考えてみると最近実際揚花火を見る機会が無く、今年も初めてです。距離は写真のように少し遠かったのですが、「遠花火」という季題を堪能出来ました。

爽やかに生涯虚子の友として
廣太郎



2008/10/17

今週も今日で平日は終わりで、1日ホトトギス社での仕事でした。句会もなく、ほぼ1日デスクに座っていましたが、なかなかそうなると却ってしんどいですな。時々立って歩いたりしていましたが、昼前に弁当を買いに丸ビルに行きました。すると1階吹き抜けのイベントホール(という名前かどうかは判りませんが)に、こんなオッサンが居ました。一目で判りますか? そう、人形ですね。写真で見るとちょっとリアルかも知れませんね。ここにはこれだけではなく、こんな人形が数体展示されていました。これは11月2日と3日に埼玉県本庄市で行なわれる「本庄まつり」の山車の上に飾る人形だそうです。地元の方は御存知ではないでしょうか。いろいろ歴史上の人物の人形が飾られるそうで、この人形もどっかで見たことあるなあ、と思っていたら、果たして加藤清正だそうです。そういえばこの写真で初めて気付いたのですが、下に虎の絵が描かれているようですね。「虎退治」で有名な人でした、って私にとってはこの言葉は今は使いたくなかった!


2008/10/16

今日も朝からはホトトギス社に出社でした。そろそろ雑詠選を始めなくてはいけません。まあスケジュール的には順調ですね。そんなことで昼食はちょっと遠出をして、東銀ビルの時代によく行っていたラーメン屋さんに行きました。遠出といっても丁度東銀ビルと今の三菱ビルとの間になり、会社からは5分位です。それが今日の写真ですが、私が注文したのが手前、奥は社員Tが注文した品です。結構私は気に入っています。
夜は月例の登高会でした。終ってからは恒例のサングリアです。もう感想は言うまでもおまへんわな(^_^)v

蓋取りて先づ柚子の香といふ馳走
廣太郎


2008/10/15

今日の東京は朝から晴れて、結局昨日の西の虚子忌だけ雨になりました。こうも見事に雨男振りを発揮してしまいますと、なんか悪いことしとんかいな、と本気で思ったり、阪神が優勝せえへんかったんは私がファンやからとちゃうか? と思ったりはあまりしまへんが、まあ今日はそんな天気で爽やかでしたね。せっかくの天気でしたが、私は1日ホトトギス社です。定時まで仕事をし、何とも久しぶりに5時過ぎに退社して、家の近所の和食屋さんに向かいました。実は今日は家内の誕生日です。この店は以前にもご紹介しましたが、今日も絶品の料理でした。写真はその中の1品椀物で、ちょっと暗いのですが、中の具の真薯です。柿の形をしているのはお判りになるでしょうか? 季節を感じる料理の数々でした。


2008/10/14

今日は恒例の西の虚子忌です。昨日芦屋に泊まったので、朝汀子主宰の車で比叡山に行きました。やはり関西ですので1時間ちょっとで着き、ゆっくり吟行しました。でも今年は雨が激しく、あまり遠くには行けませんでした。写真はそんな中の、法要や会場のある寺の本堂です。御覧の通り雨や、霧も濃くなってきました。昨日まではあんなに天気が良かったのに、と思ったりしますが、まあ私の雨男ぶりが発揮された、ということにしときまひょ。それでも例年より多くの方にお越し頂きありがとうございました。又滋賀県を中心とするスタッフの皆様には本当に心より感謝申し上げます。

阪神は落目西虚子忌は節目
廣太郎


2008/10/13

今日は巷では3連休の最後の日でしたね。私も休日でしたが、芦屋に滞在していました。朝はゆっくりして虚子記念文学館に行ったりしました。夕方にはある方のお招きで夕食を御馳走になりましたが、その前に芦屋市の埋め立て地を散歩しました。私もこの写真の場所まで来るのは初めてで、子供の頃はこの辺りは海の中でした。夕焼に映えて見えるのは六甲アイランドの方向だそうです。人工の砂浜などがあり、海岸には釣りをする人が溢れていました。芦屋市も変貌していきますね。


2008/10/12

今日は朝から関西です。休みがないと、いったい今日が何曜日か一瞬判らなくなりますが、日曜日で、明日まで3連休の人が多いようですね。今日は兵庫県伊丹市の柿衛文庫で「鬼貫青春俳句大賞」の選考会に出席しました。去年もご紹介したように記憶していますが、30歳未満の方に限る30句の投句という、結構ハードかも知れませんが、俳句を始めて半年という方が賞の中に入られました。やはり若さもあるのでしょうね。写真は、柿衛文庫の中庭です。なかなか風情がありますね。この賞は来年も募集しますので、是非挑戦なさっては如何ですか?


2008/10/11

今日は、先日下見の時にご紹介したホトトギス社吟行会の当日です。生憎朝から雨模様でしたが、私の雨男ぶりをしっかり発揮した、というより昨日の阪神の為の涙雨ということにしときまひょ。雨でしたが、沢山の方にお越し頂きありがとうございました。東京からは結構遠かったのですが、沢山東京の方も来て下さいました。心より感謝申し上げます。午前中は雨でしたが、午後からは雨も止み、写真は終わって去る道のりから写していますが、今日の会場です。太陽も出て夕日に輝いていますね。自然も豊かで、良い吟行会でした。それにしても阪神タイガースは……。

恐れたることが起りて夜寒かな
廣太郎


2008/10/10

今日は1日ホトトギス社です。関東ホトトギス会の打合せや、歳時記改訂委員会の集まりがあり、結構お客様が大勢お見えになり、賑やかな社内でした。今日は週末ですが、明日は又、先日申し上げたホトトギス社吟行会があり、休みではないので、何か週末という感じはしませんね。先日申し上げました通り、明日はホトトギスを御購読なさっておられない方でもお越し頂けますので、心よりお待ち申し上げております。ところで写真はちょっとグロテスクに感じる方もおられるかも知れませんが、これも先日アップしました、出勤途中の小学校の植込みに咲いていた曼珠沙華の成れの果てです、なんて言うと可哀想ですね。でも、あんなに派手に赤い花を咲かせていたと思ったら、もうその勢いが衰えてしまったようです。何か哀れな感じになってしまいました。何やらどっかの野球チームを想像してしまいましたがな。


2008/10/09

このコーナーを御覧の方は、もう私の月例の句会の日は、事前に把握されているのではないでしょうか。今日もそんな句会、第2木曜日に行なわれる土筆会です。今日も会場は小石川後楽園でした。この中からは又東京ドームが見えて嫌ですけど、まあ出来るだけ見んようにしましたわ。東京は天気も良く、すっかり秋が深まっており、何か部屋の中の方がちょっと暑いように感じます。そんなことで、今日は少し会社を早目に出て庭園をゆっくり歩きました。小鳥の声、虫の声に混じって未だ秋の蝉が鳴いていたように思えました。何か季節が入り組んでいるようにも思えますが、それもこれも近くにドームがあるからや! ってもう止めときますわ。写真は、以前案山子もお見せしましたね。この庭園の中にある田圃です。今はすっかり刈られて、御覧の通りどろどろになっています。以前もこの田圃の由来は、私の文で書いたかも知れませんが、丁度説明の立札があるので、御参考までにお読み下さい。水戸黄門の民を思う気持の豊かさが伝わってきますね。

名苑の風を纏ひて小鳥来る
廣太郎


2008/10/09

今日も句会はなく、朝からホトトギス社に出社です。今の時期は結構余裕がありますね。依頼原稿や選を仕上げることが出来ました。実はここから悲しいお話なのですが、しょっちゅうホトトギス社にもお越しになり、句会でもお世話になりましたホトトギス同人浅賀魚木様が6日にお亡くなりになられました。今日はお通夜があり、伺いました。懇意の方が亡くなられるのは悲しいですね。拙句は悼句です。終わってからはご一緒に出席されておられた方のお1人のお宅の近所のベルギー料理のレストランで御馳走になってしまいました。どれも絶品で、写真は前菜の牡蠣です。生ではなく、一瞬湯にくぐらせるそうです。通夜帰りで不謹慎かも知れませんが、遅くまで堪能し、今次の日になってしまいました。10月8日でした。

武士の思ひ出永遠に星月夜
廣太郎


2008/10/07

昨日(本当は今日)アップした文章を読むと、やはり文字の変換ミスが多いでんな。やっぱり酔っていて、しかも午前様ではちょっとアキマヘンな。今日は会社のパソコンから送っていますので、大丈夫だとは思いますが……。ということで、って又何の脈絡もございませんが、昼間は千葉県の我孫子市に行きました。今週11日の土曜日に行なわれるホトトギス社吟行会の下見です。結構ぎりぎりですね。写真は会場の展望室から見た光景です。「手賀沼」という名前ですが湖のような雄大さです。これを御覧の皆様も是非お越しになられませんか? 我孫子駅からバスも出ていて、勿論タクシーでも「手賀沼親水広場」といえば判ると思います。午後1時締切で5句、勿論ホトトギスの読者ではいらっしゃらない方も喜んでお待ち申し上げております。


2008/10/07

10月に入り、早速2日空きましたが、昨日と一昨日は今月唯一の連休です。だからというわけではないのですがゆっくりし過ぎましたかな。今日は早速ホトトギス社に出社して、何とか仕事をこなしました。夕方からは、2二ヶ月に1度の定例はせを句会です。超結社の句会で勉強になりますな。終わってからは楽しく盛り上がりました。
写真は、その句会に向かう途中、丸の内の情景ですが、朝から雨が降っていた東京も夕方にはこんな夕焼空です。明日はお天気も良いのでしょう。盛り上がっているうちに、10月7日になってしまいました。6日のこのこーなーでした。

松手入潮風といふ伽のをり
廣太郎


2008/10/03

今日も東京は良いお天気で、すっかり秋ですね。何か昨日も言いましたかいな。ところで今日は朝会社には行かずに、横浜の多摩プラーザという駅からある方の御宅に行きました。去年も申し上げましたのでもう御存知でしょう。そう、来年度「ホトトギス」の表紙絵が出来、画家の先生にその絵を頂きに上がりました。もう来週の始めには印刷会社に原画を渡しますので、今日は特別に写真で公開しまひょ……、って何か意地悪っぽくて申し訳ございませんが、題字「ホトトギス」の「ホ」だけですわ。やはりホンマモンは、本が出る時まではちょっと未公開で、どうぞ1月号をお楽しみになさって下さいませ。毎年のことですが、今回も、それは素晴らしい御絵です。作者はここで申し上げましょう。こちらも、今日伺った場所からお判りの方もおられるかも知れませんね。そう、岡信孝先生です。本当にありがとうございました。


2008/10/02

もうすっかり秋のたたずまいですね。今日は久しぶりに東京は快晴で、今年初めて「爽やか」という季題がふさわしかったのではないでしょうか。朝はホトトギス社に出社して、午後からは月例の蕉心会です。この会は毎月定例に出席する会で最初になりますので、季節の変わり目も意識することもあります。今日は季節こそ変わりませんが、正に秋酣の爽やかさでした。写真は久しぶりに例の、今日の会場芭蕉記念館分館の近くにいる猫で、すっかりお馴染ですね、ってそうでもないかも知れませんが、先月まで暑かった時期は、私のやる鰹節をあまり食べずに、ちょっと痩せていたようにも思えましたが、今日は会うなり餌をねだり、鰹節をやるとむさぼり食っていました。

紅は日を白は風恋ふ萩なりし
廣太郎


2008/10/01

今日から10月ですね。いよいよ今年も残り少なくなり、すっかり晩秋のたたずまいが都心でも感じられます。今日は1日ホトトギス社での仕事でした。来年の関東ホトトギス大会の打ち合わせや、新聞の取材で結構お客様がいらっしゃいました。賑やかで、私はこの雰囲気が好きです。どうぞ皆様もお越し下さいませ。
夜は久しぶりにひげ増に行き、帰宅はそんなに遅くはなりませんでした。写真は家にお送り下さる句集や俳誌です。最近は休みが無いので、3日もほっとくと直ぐ溜ってしまいます。お送り下さいました方々にはなかなかお礼もままならず申し訳ございません。この場をお借りして心からお礼申し上げます。





2008/11

2008/09