放蕩編集長



2008/01

2007/11


2007/12/31

いよいよ今日で平成19年も終りですね。私にとっても多忙ながら充実した1年でした。これも全国の方々のお陰です。あらためて心より感謝申し上げます。私事昨日から芦屋の生家に来ていることは御承知の通りで、すっかりリラックスしています。丁度今紅白が始まったところですが、知らん人ばっかり出ていて、今年も殆んどテレビを見てへんかったなあと痛感しています。
写真は知る人ぞ知る芦屋汀子主宰宅にいる迷犬ロンです。もう20歳近いと思いますが、人間にすると何歳になりますか? やはり最近あまり元気がないようですね。


2007/12/30

今日から芦屋の実家、つまり稲畑汀子邸に里帰りです。ニュースなどではこの時期帰省ラッシュが報道されていますが、新幹線もそれほど混んでいませんでした。家族で移動しましたが、私1人大阪で降りしばらくうろうろした後、すっかり恒例になった、というのは恐縮ですが大阪の俳誌「河内野」の山下美典主宰お招きの晩餐会に伺いました。写真はそのお店、もう全国的に有名な「くいだおれ」です。以前このコーナーでご紹介した時は、皇室の慶事でこの人形が2人いたように記憶していますが、今日はオーソドックスに1人です。料理もすっかり堪能させて頂きました。ありがとうございました。


2007/12/29

今日から正月休みです。今年は旅も多く久しぶりの休日ということで昼まで寝て、のらりくらりとしていました。それでも午後からは部屋の整理などをして、少しは綺麗になったでしょうか? やはりこういう時はゴミが沢山出ますね。
写真は家にある私の唯一の灰皿です。何やらドラム缶のような形をしていて、置いてあるのは台所の換気扇の下で、家ではここかベランダでしか煙草は吸えません。まあ結構このような家庭は多いと聞いていますので、あまり苦もなく過ごしています。でも会社とはえらい違いでんな。まあ本数は減っているようですわ。


2007/12/28

平成17年12月29日のこのコーナーでも今日と同じ状況のことが書いてあるのですが、仕事納は一応昨日で、今日は残った仕事を片付けに出社しました。何んとかこれでゆったりと正月が迎えられそうです。年末の大掃除をする会社もあるそうですが、なかなかホトトギス社はその時間がありません。私のいわゆる編集長室は、自分で少し机の中などを整理した程度でした。いずれにせよ、今年も皆様には大変お世話になりありがとうございました。来年も何卒宜しくお願い申し上げます。
ちなみに写真は、これも前述の、平成17年12月29日のこのコーナーの写真と同じで、編集長室に掛けているカレンダーです。お馴染み社団法人日本伝統俳句協会の俳句カレンダーです。もうお買い求めになられたた方も多いと思いますが、平成20年度は「設立20周年記念」ということで、素晴らしいデザインです。写真ではそのカレンダーの後ろに今年の、同じ協会のカレンダーを重ねてみますと、少し平成20年度は小さいことがお判り頂けるでしょう。これも好評だそうで、もし未だの方は是非協会にお申し込み下さい、って別に私が儲かるわけではございませんが、実はある月には私の短冊が掲載されているのです。と言ってしまうと、却って売れんようになりますかいな。


2007/12/26

毎年のことなので、私は別に驚きませんが、朝出社すると、三菱ビルの玄関は、写真のように一夜にしてもう門松になっていました! でもホトトギス社はこれから最後の追い込みです。そんな中、昨日申し上げた通り、私は今年最後の句会でした。「目黒学園句会」です。この句会は、これも昨日申し上げましたが、忘年会はなく句会だけです。でも今年最後ということもあったのでしょう、お1人だけ御欠席であとは全員御出席でした。又新しい方もお1人お迎えして、来年からが楽しみですね。
今日は句会が終わってから、メンバーのお1人がホトトギス社へ句帳をお買い上げにいらっしゃることになり、御希望の方も御一緒に弊社を訪問されました。その他、今日は結構朝から来客があり、賑やかな事務所になりました。
何度も申し上げておりますが、ホトトギス社はどなたの御訪問も大歓迎でございます。心よりお待ち申し上げております。ちなみに明日が仕事納ということにしておりまして、私は1日会社に居る予定でございます。

闇汁に全身が目となつてをり

廣太郎


2007/12/25

クリスマスおめでとうございます。
昨日香川県から帰り、早速今日は今年最後の忘年句会です。「忘年」でなければ明日も句会なんですが、今日は月例の若水句会でした。忘年句会の名の通り句会の後は忘年会の酒盛でした。この会は、この忘年句会で私の特特選をとられた方に色紙を贈呈になっており、今年は写真の村井田貞子様が獲得されました。おめでとうございました(^o^)/
忘年会の宴会の模様は……、どうぞ御想像下さい。なかなか盛り上がりましたよ。

年用意明治の玻璃戸てふ歪み

廣太郎


2007/12/24

先ずは昨日の話なんですが、高松のホテルで、香川県の伝統俳句系の俳誌「紫苑」一千号記念祝賀会が行われました。前日の雨とはうって変わって晴れ、こちらは汀子晴そのものでしたね。前日の句碑建立は、実はこの祝賀行事の一環だったのです。その時の私の雨男ぶりも話題になりましたが、祝辞で高松市長様が
「昨日の雨は香川県の水不足を一気に解消してくれました。水不足の時には是非又高松にお越し下さい」
という意味のことをおっしゃって下さり、文字通り大いに面目を保ち、嬉しい限りです。永森とみ子主宰をはじめ誌友の皆様には心からお祝い申し上げます。
祝賀会の後夕方からは香川県の若い俳人、それも女性ばっかり! と夕食会があり、何ともウフフな1夜でした。上の写真は私のそんなロマンチックな心を映しているような高松駅前のクリスマスツリーです。そんなことですっかりホテルに帰るのが遅くなってしまい、このコーナーをアップ出来ませんでしたm(_ _)m
そしてここからがやっと今日の話題で、帰りの電車まで時間があり、恐縮なことに、祝賀会でお疲れでしょうに永森とみ子主宰はじめ「紫苑」のスタッフの方々が今日も香川県を御案内下さいました。高松城や、下の写真は四国88番札所寺にある高濱年尾の句碑です。年尾も「紫苑」の選者をしていたこともあり、とても縁の深さを感じる、今年最後の俳句の旅でした。ところで「紫苑」の「苑」の字は正式には草冠の下にウ冠が入るのですが、携帯では出せないようです。
いずれにせよあらためて、本当にありがとうございました。




2007/12/22

ここまで雨男ぶりを発揮するとは思いませんでしたが、昨日「イベント」と申し上げた通り、今日は恐縮なことに、私の句碑が除幕されました。「山気とは朝桜よりはじまりぬ」の拙句で、場所は琴平の松尾寺というお寺の境内です。上の写真は除幕の瞬間。地元で俳句を学んでいる子供達が除幕してくれました。この子供達の将来が本当に楽しみですね。句碑建立に携わって下さった皆様には心からお礼申し上げます。
除幕式の後は記念句会が行われました。150名様以上の御参加でした。香川県は昔から伝統俳句王国といわれており、今でも句会は何時も盛会です。
句会の後は夕食をしゃれたレストランで御馳走になりました。下の写真、どっかでみたことのある方ですねえ。そう、右は汀子主宰、左はかの有名な山田弘子先生です。2人がお持ちの皿が面白く、虚子記念文学館の俳磚と同じメーカーなのです。そういえば色がそっくりですね。感激した汀子主宰が
「放蕩編集長に載せなさい!」
ということでアップしました。

底冷を解く除幕でありにけり

廣太郎




2007/12/21

今年最後の俳句の旅で香川県に来ました。今日は明日のイベントの為に琴平に前泊しています。以前家族旅行で来て、このコーナーでもご紹介しましたが、偶然? その時と同じホテルに泊まっています。東京からは電車で来ましたが、岡山まで新幹線、そこから乗り換えて高松まで1時間弱と、結構早く来れます。東京を出発したのは昼前にもかかわらず着いてから吟行にお連れ頂きました。写真がその場所、屋島にある屋島寺です。源平合戦で有名ですね。この「龍の玉」と呼ばれる球体の石、小学生の時の修学旅行で見た、という記憶が突然蘇ってきました。同じ場所なのでしょうか?


2007/12/20

今日は月例の登高会でした。もちろん、って喜んでいても始まりませんが忘年句会で、句会の後は、久しぶりにヴァン・ドゥ・ヴィに行き、美味しいワインを堪能しました。
ところで皆様のお手元にそろそろホトトギス1月号が着く頃だと思いますが、今月号でホトトギス同人の推薦をさせて頂きました。この登高会からも何人かの方々が推薦され、そのお祝いの雰囲気もある会になり、大盛会でした。
写真は新丸ビルの中にあるクリスマスツリーです。なかなかシンプルで丸の内の中で落ち着いた感じでした。いよいよクリスマスも近いですね。

里神楽大蛇はプラモデル屋さん

廣太郎


2007/12/19

今日は1日ホトトギス社で仕事をしていました。そろそろ年末も近いのでクエスチョンマークは無しですわな。それでも夕方からは、日本伝統俳句協会全国大会の打合せがありました。来年の話ですが、そうこうしている間にすぐ来てしまいますからね。担当されておられる埼玉県部会の方は本当にご苦労様です。
会議の後はゆっくり飲みました。久しぶりに丸ビルです。時間が7時を過ぎていたのでなかなかお店も混んでいましたが、すんなり入れる店もあり、なかなか堪能出来ました。
写真はビルを出たところのイルミネーションです。この写真は結構オーソドックスですが、今年は凝った飾り付けもあります。追々ご紹介しましょう。


2007/12/18

今日はホトトギス社へは出社しませんでした。
「サボッたんかい」
いえいえ、とはいえ忘年句会です。月例の草木瓜会です。毎年この月は忘年会の前、午前10時締切になり、この時間、私は必ずラッシュに遇います。普段はラッシュを経験しないので、貴重な経験かも知れませんね。今日の会場は、今年のホトトギス社吟行会が8月に行われたのと同じ場所でした。吟行会の時は残暑が厳しかったのですが、今日は冬晴れの1日でした。季節の移り変わりを感じますね。
写真はメンバーの方がお持ちになった稲城の銀杏の葉です。左は私の手ですが、大きさがお判り頂けるでしょうか?

あなたへの気持は冬の雨に解き

廣太郎


2007/12/16

久しぶりの休日です。朝、というより昼まで寝ていました。何ヵ月かぶりに散髪に行き、夜のミサに行きました。ちょっと家庭的な雰囲気を味わえましたね。写真は散髪の帰り、近所の公園に立ち寄った時、この公園では動物を保護している場所があり、そこにいた犬です。兎や馬も飼育されていて、隣の馬場で乗馬もさせてくれます。この犬は以前来た時にはいませんでした。ひょっとして最近拾われたのかも知れません。けっこう人なつっこいとは思いましたが、何か脅えていたようです。


2007/12/15

今日は日本伝統俳句協会の、東京・神奈川部会が行われました。新宿の神楽坂という風情のある街並みで、以前にホトトギス社吟行会も行われましたね。写真はここにあった城跡で、今ではお寺になっています。東京の中心にもまだまだ江戸時代の風情が残っていますね。
句会が終れば打ち上げ、ということは、特に師走は定例ですね。久しぶりにカラオケなどに行きもして、すっかり遅くなり、今これを打っているのは11時59分です。12月15日でした。

坂といふ師走の歩幅ありにけり

廣太郎


2007/12/13

12月の句会は忘年句会が多いですね。今日も月例の土筆会があり、終わってから忘年会でした。ここしばらくは芝公園のマンションが会場でしたが、今日は久しぶりに小石川後楽園に来ました。昨日は丸の内の黄葉でしたが、今日は紅葉です。この写真の情景は以前もあったような気がしますが、今年は色付くのが去年よりも遅いのではないかと思います。昨日のコメントと同じく、やはり色付く前に散っているようです。
この後の忘年会は……、そらもう盛り上がりましたがな。

冬紅葉四阿の屋根燃えてをり

廣太郎


2007/12/12

昨日と今日は、おとなしく? 1日ホトトギス社で仕事?(又「?」が復活ですか)をしていました。今日はホームページを制作して頂いている江口様との打ち合わせもありました。もうすぐ平成20年の1月号が発行になりますね。表紙も新しくなることも申し上げておりますが、どうぞお楽しみになさって下さいませ。
ところですっかり話題から遠ざかっていますが、ホトトギス社のホームページアクセス数をさっき見てみますと、187187という数になっていました。以前123456というとてつもない数字をゲットされた方のインパクトが強すぎてついつい忘れてしまっておりましたが、どうぞきりの良い数字をゲットされた方は、是非お知らせ下さいませ。1番近いのは188888になりますか。
写真は昼に食事に出た時、ビルの前に吹き溜まっていた銀杏落葉です。今年も黄葉が遅く、最近ようやく色付いてきたところが、今日は風が少し強く、どんどん散っています。見頃を迎えられるのでしょうか?


2007/12/10

昨日大阪から帰り、早速ホトトギス社に出社です。今日は月1度行われる、日本伝統俳句協会の機関誌「花鳥諷詠」に連載されている「女性俳句研究」のメンバーの方の研究会がありました。今年最後ということで、我々ホトトギス社員も加えて頂き、忘年会となりました。お昼なので私の大好きな例の飲み物はありませんでしたが、上の写真のように美味しいお惣菜を頂きました。写真の後ろにはメンバーである佳人のお2人が顔以外写っています。このコーナーに時々出て頂いていますが、今日は私の独断で、お名前はもちろんイニシャルも控えさせて頂きます。どうぞ御想像下さい。
夕方からは、月例の朝日カルチャー若草句会でした。こちらも年末ということで句会後は忘年会でした。メンバーの方で、句会場近くの新宿に詳しい方にお願いして、夜景の綺麗なレストランで、こちらは夜で、例の飲み物は飲み放題でした(^o^)/。下の写真は新宿のイルミネーションです。例の飲み物の写真よりは綺麗でしょ。

夜の霜朝日に命還しつつ

廣太郎




2007/12/09

朝は久しぶりにゆっくり寝坊をしました。宿泊したホテルは、大阪でも屈指のひとつだそうで、本当に2日間快適に過ごせました。すっかりリラックスした後は昨日の句会に続き「未央300号記念祝賀会」でした。この俳誌の祝賀会は私事3回目だと記憶していますが、何時もユニークな演出で楽しませて下さいます。今日も踊ありシャンソンありの楽しい会でした。二次会まですっかり楽しませて頂き、ついつい写真を撮るのを忘れ、帰りの新大阪駅に来てしまいました。今年はいろいろな俳誌の祝賀会に出席させて頂く機会が多かったように思いますが、関西は、その中の結束力が強いように思います。関東もがんばらなければ、と思った1日でした。


2007/12/08

昨日予告しました通り、イベントは、今日から、伝統俳句系の俳誌「未央」300号祝賀会に伺いました。今日は前日の記念俳句大会です。写真の城、お判りの方も多いと思いますが、大坂城ですね。このコーナーではいろいろな地方の城の写真をご紹介しましたが、その中でも出色の城だと思うのは私だけ……やろか? 何れにせよ名城のひとつでしょう。こんなことを申し上げていますが、実はお恥ずかしい話、私がこの城をここまで近く訪れるのは初めてなのです。関西に住んでいた頃は、却って身近で、何時でも行けるわ、と思っていたのかも知れません。関西には未だそんな名所があるかも知れません。これからもそんな場所をどんどん吟行したいですね。

ほつこりと冬日ずしりと天守閣

廣太郎


2007/12/07

今日は今年最後の六甲会でした。芦屋の虚子記念文学館で、以前にも申し上げた通りダブルヘッダーで、合わせて約150名様の方の御出席でした。写真は館の入口近くの冬紅葉です。ここも今が見頃のようですね。今日の兼題のひとつが時雨でしたが、朝東京から芦屋まで新幹線沿線は快晴が多かったようです。ところが今日の句会が全て終わった後、芦屋は突然大時雨となりました。句会の前でしたら良い句材になりましたのにね。
実は今日、その後、芦屋の実家に泊まらず、大阪のホテルに居ます。明日から大阪で、あるイベントがあるのです。その種明かしはどうぞ明日からをお楽しみに(^o^)/

掘炬燵吾輩は猫踏んぢやつた

廣太郎


2007/12/06

今年2回目になる忘年句会は今日の蕉心会です。何時もと同じ江東区芭蕉記念館分館で行われました。今日は天気も良く東京は小春日和でしたね。こんな日にぴったりなのが上の写真、とは私が勝手に思っていることですが、芭蕉像のある屋上庭園に行くと、御覧のように冬空にぽっかりと飛行船が浮かんでいました。その昔ドイツが飛行船を開発し、世界一周をして、日本へも立ち寄り、虚子がそれをわざわざ見て句を作ったのをご存知の方もおられると思いますが、ふとその情景を想像してしまいました。
下の写真はお馴染会場近くに居る野良とおぼしき猫ですが、今日は余程飢えていたのか、私を察知するや否や餌をねだりまくりました。一応持っていた、というか近くのコンビニで買った(なんで買うのでしょう? )鰹節をやると、あまり人馴れしていない筈が、食べている間は、こんな近くで携帯の大きなシャッターが鳴っても全く無視してむさぼり食っていました。

飛行船ツェッペリン号めく小春

廣太郎

竈猫ほんまは猫とちやふんちやふ

廣太郎




2007/12/04

昨日のこのコーナーの日付は結局今日になってしまいましたね。でも今日のこれが12月4日の放蕩編集長です。とはいえ今日は1日会社にいました。昨日は今年最初の忘年会だと申し上げましたが、皆様もこれから忘年会シーズンを迎えられる方も多いのではないでしょうか。年末はそんな忘年会シーズンと、又クリスマスシーズンですね。ここ丸の内も冬木に電飾が施されています。又その様子はこのコーナーでご紹介しようと思っていますが、今日の写真は例のカレー屋さんサングリアのあるビルの入口にある飾り付けです。クリスマスツリーのようにも見えますが、なかなか凝った飾り付けですね。


2007/12/04

今日は12月に入ってからは初めての出社になりますね。相変わらず休みはありませんが、夕方からはいわゆる超結社の句会でした、といってもお馴染「はせを句会」です。何時ものように花鳥諷詠塾で句会が行われた後忘年会になりました。芝公園からは近くの銀座にある絶品の薩摩料理の店です。写真は料理の中の逸品いかなごの刺身です。あまり贅沢を言うと怒られそうですが、私はあまり刺身は食べません。でもこの刺身は絶品でした。その他美味しい料理を堪能して、その後二次会、いや句会から数えると三次会になるのでしょうか、すっかり午前様になってしまいました。今年最初の忘年会、12月3日でした。

納豆汁つくづく東男たり

廣太郎


2007/12/02

廣太郎を囲む会の当日です。9月に伝統俳句協会の全国大会があったのを覚えておられる方も多いでしょう。その時と同じ後楽園を吟行しました。全国大会の時は残暑が厳しかったのですが、今日はもう冬の風情ですね。写真のように銀杏落葉がこんなに綺麗です。暑いのが苦手な私にとっては堪能出来た1日でした。来年も12月の第1土曜、日曜日に開催されることが決まりました。どんな季題が迎えてくれるでしょうか?

裏庭は人を拒みて銀杏散る

廣太郎


2007/12/01

おもむろに今日から12月、今年ももう終りですね。今月の始めは早速岡山に来ています。毎年お招き頂く「岡山囲む会」です。年によっては倉敷市や井原市で行われますが、今年は岡山市が吟行及び会場でした。市内を流れる西川という小川があり、散策道として知られています。写真はその情景で、紅葉が綺麗でした。真ん中に青鷺が居るのがお判りになられますか? 後ろの鳥は模型です。色々な鳥が生息しているそうです。下流では季節になると蛍も飛ぶそうです。大都市の真ん中でなかなか風情がある場所ですね。
ちなみに私は雨男としてすっかり定着しているようですが、今日も時雨れました。まあ季題は提供出来ましたわな。

吉備時雨とは嫋やかに穏やかに

廣太郎





2008/01

2007/11