放蕩編集長



2007/02

2006/12


2007/01/30

今日は1日会社で仕事をしていましたので、放蕩的な話題はない、ということでもないのですが、久しぶりにワインですねえ。いろいろご意見もおありのようですが、ホトトギス社とご縁の深いある取引先のお招きで夕食を御馳走になりました。六本木のあるフランス料理のお店で、こじんまりした感じで、料理は絶品でした。ここはリピーターになりそうです。ワインも、好みだけ言うとお奨めのこれをお持ち下さいました。さあ、この次は誰と行こかいな。


2007/01/29

はっぴい吟行会2日目、つまり最終日です。昨日の夜少し降ったようで、朝新雪が積もっていました。朝早くは曇っていて、直ぐ晴れてきたと思ったら又曇りサアッと雪が降ったと思ったら又晴れて、帰りは快晴でした。山の天気なんでしょうね。
今日はちゃんと雪の写真ですが、あまり可愛いので又犬も入れてしまいました。上になっているのがクッキー(雌)で、下がチョコ(雄)です、たぶん(^_^;) 仲は結構良いとは思うんですが、見ているといつも噛みあっています。

雪の上でけんくわばつかりしなさんな

廣太郎


2007/01/28

圏外になっていると思っていたペンションに電波が通じるようになっており、早速今日2回目です。このペンションには去年来ることが出来なかったので懐かしい感じがしました。しかも雪の情景は初めてです、って写真はぜんぜん雪とちゃうやん。これはこのペンションで飼っている犬です。去年まではハスキー犬を飼っていたのですが、急に死んでしまい、最近仔犬を飼ったそうです。やはり仔犬らしくやんちゃで、この携帯を噛みたくて、こんな写真になってしまいました。ちなみに名前は「チョコ」です。傍らには同じ兄妹がいて、それは「クッキー」という名前です。

雪煙あげて仔犬の戯れあへり

廣太郎


2007/01/28

しばらく間が空きましたが、この時期月末で雑詠の選を溜めてしまっており、会社から一歩も出ませんでした。それでも昨日は休みで家でゆっくりも出来ました。
今日からは以前にもご紹介した「はっぴい吟行会」です。群馬県の片品村へ向かう電車の中です。この時期は雪が多いそうですが、写真の、渋川付近はご覧のように全く雪はありませんね。情報では積っているそうですが……。
以前ご紹介した時にも申し上げましたが、片品村では多分携帯が圏外になってしまいますので、その様子は明日以降になりますm(_ _)m


2007/01/24

平成19も1月の末になりました。既に皆様は新年句会をすませた方も多いと思いますが今日は「目黒学園句会」の今年初めての句会でした。皆様お元気に御参加なさり、素晴らしい句が沢山ありました。句会後会社に帰り、仕事をして?、会社のビルを出るとこんな綺麗な月が出ていました。右のビルは以前にもご紹介したマイプラザです。写真は空を向いていますが、このビルの隣は現在空き地になっています。もちろん新しいビルが建つそうですが、今は少し空が広く感じられました。

寒灯の文字となりゆくビルの窓

廣太郎


2007/01/23

何んやクリスマスに逆戻りしたようで恐縮ですが昨日に続き電飾ですわ。昨日は新宿でしたが今日は丸の内です。丁度丸ビルを背にして、三菱ビルの裏、左のビルは文部科学省です。つまり三菱ビルの皇居側の隣で、1階は完全に共有しており、丸の内仲通りという道路を飾る電飾ですが、何時まであるでしょう? 今日は定例「若水会」という句会、もう御存知ですね。そこからホトトギス社への帰りです。真ん中に怪しげな人影のようなものが突っ立っていますが、心霊写真です……ってそんなことはおまへん。彫刻です。結構この道路の端には沢山の彫刻が建ち並んでおり、それも時期が来ると新しくなるようです。この世界には疎いので判りませんが、有名な人の作品もあるのでしょうか? 興味のおありの方は御覧になられると面白いかも知れませんね。
この写真は夕方5時過ぎですが、まだこんなに明るいですね。去年の冬至から比べてやはり日脚が伸びてきたようです。

春隣とは丸ビルの丸さにも

廣太郎


2007/01/22

今日から又句会が続きます。今日は朝日カルチャーの「若草句会」です。実は会が始まる前にメンバーの有志でホトトギス社を御訪問下さいました。その写真を載せようかとも思ったのですが、沢山で皆様が入りきれないようでしたので写真を撮るのを断念してしまいましたm(_ _)m そこでこの写真は句会場の近くの電飾です。クリスマスも正月も過ぎましたが、まだ綺麗に飾られていますね。
ところで、今日家に帰ると、このコーナーの愛読者でもいらっしゃる関西御在住のS・M様(イニシャルに他意はございません)から、私の句が載る時分ち書きになっているのは何故かという御質問を頂きました。そういえばこれを送信する時3行に分けて打っていました。載る時は1行ですもんね。そこで今日からは句は分ち書きにせずに載せて頂きます。御指摘ありがとうございましたm(_ _)m

冬薔薇抱いてアンコールはショパン

廣太郎


2007/01/21

去年もこの時期このコーナーでご紹介しましたがNHK全国俳句大会に伺いました。去年は会場の写真でしたが今年は何故か天ぷらですね。丁度隣の席にホトトギス同人Y・Sさんがいらっしゃったので終わってから一杯やりました。帰り道NHKホールに程近いホテルの天ぷら屋さんに入りました。ご馳走になってしまい恐縮しております。
ところで会場のNHKホールですが、何時もは渋谷から歩いて行くと、何故か必ず途中で道に迷ってしまうのですが、今日は試しに原宿駅から行くと何とすんなり行けてしまいました。まだまだ東京は未知の領域がありそうですわな。


2007/01/20

日付が変わってしまいましたが、19日の金曜日は、以前にもご紹介しました「角川俳句・短歌新年会」です。いろいろな結社の方と交流出来有意義な時間が過ごせました。会の様子を写真に撮れれば良かったのですが、盛況でちょっとチャンスを逃してしまいました(T_T)
会の後近くだったので銀座界隈をうろうろしていますと、写真のこのビルの前に来ました。今何かと話題の某食品メーカーですね。まあ私はあまり甘いものは頂きませんが、そんなことも言ってられない問題でしょう。何気無く銀座まで歩いてきてしまい、この後は、ご想像にお任せ致します。


2007/01/18

今年初めての「蕉心会」です。先日の「高濱年尾偲ぶ会」と「年寿会」に参加されたメンバーも多く、御慶もそこそこに句会は進行しました。昨日の東京は久しぶりの雨だったのですが、今日は又気持ちの良い晴天でした。会場近くにいる何時もの猫も健在で、持ってきた鰹節をむさぼり食っていました。写真は会場近くにある稲荷社の梅ですが、ほつほつ咲いていました。この側で例の猫は日向ぼこをしています。
この会は、以前にもご紹介したように句会後の「うがいの会」と称する飲み会があり、去年の11月まで行っていた店がなくなってしまったことも申し上げましたが、その後社員Tの尽力で新しい店が見付かり、去年の忘年会からその店で楽しんでいます。又ご紹介しますわな(^o^)/

一輪に 探梅心 芽生えけり  廣太郎


2007/01/17

昨日はお馴染稲城で「草木瓜会」があったのですが、ズボラをしていてアップしませんでしたm(_ _)m
今日はこれもお馴染「登高会」でした。先週の土曜日から毎日句会が続いていますね。今日は夕方からホトトギス社が会場となっておりますので、仕事の流れで句会に突入というノリですが、メンバーも素晴らしい方々なので真摯に勉強出来ます……、と思っています。でも終わると飲み会で、今日は会社のあるビルの斜め向かいにあるビルの店に来ました。写真はビルの外壁ですが、実はここはもうビルの中なのです。某保険会社の古いビルがここにあり、それが重要文化財で、その周りを覆うように新しいビルを建てたためにこのようになったとのことです。この壁の向かいがレストランで、豆腐料理の専門店でした。ヘルシーですね。酒は何時もと同じように飲みましたが(^_^;)
ちなみに2句ありますが、上は昨日の草木瓜会の句、下は今日の登高会の句です。

のらり去年 くらり今年を 迎へたる

廣太郎

雪折に 杉の千年 幕閉ぢる

廣太郎


2007/01/15

「年寿会」2日目も下田は暖かい晴天です。朝日の出る前は南の空には見事な月が出ていました。去年は風が強かった記憶がありますが、今年は穏やかでコートが邪魔になるほどでした。朝9時半が句会の締切だったので、ホテルの付近を吟行しました。写真はホテル裏庭の臘梅です。毎年綺麗に咲いて我々を迎えてくれ、これを見るとやっと俳人としての今年の始まりを感じますが、実は今年初参加された拙句のような方に少し臘梅も遠慮しているようでした。その方は、もちろんヒミツです。このコーナーにも出演されておりますが……。

匂やかな 君に臘梅 従へり  廣太郎


2007/01/14

今日の朝までの「高濱年尾偲ぶ会」が終われば、そのまま、これも例年行われている「年寿会」です。今年は箱根も暖かかったので、想像通り下田は春の訪れを感じました。写真はちょっと季節外れかも知れませんがお雛様です。伊豆半島の稲取というところですが、「吊し雛」という文字通り天井から飾りが吊されています。福岡県の柳川や山形県も吊し雛で有名ですが、なかなか風情がありますね。

日向ぼこ テトラポットは 猫の庭

廣太郎


2007/01/13

1月のホトトギスの行事といえば、「高濱年尾偲ぶ会」が初めてになります。去年から箱根を会場にして行われており、去年ご存知の方は、雪の箱根をご存知ではないでしょうか。今年はうってかわって春隣の気候でした。山中湖まで足をのばし、そこにある老舗「ホテルマウント富士」で昼食をとり、そこの庭からの富士山が今日の写真です。絶景の場所なんですが、今日はちょっと靄ってました。この時期珍しいのではないでしょうか?

もう少し はっきりせんか 雪の富士

廣太郎


2007/01/11

昨日は「一水会」の話題でしたが、実際参加する句会としては、今日のお馴染「土筆会」が今年私の初句会でした。こちらもお馴染会場は小石川後楽園で、兼題のひとつが「寒鯉」だったので、実際に季題を篤と見ることが出来ました。写真では水が光って判り難いのですが、殆んどが真鯉である中に、緋鯉が2匹泳いでいるのが見えますか? 寒鯉らしくあまり派手な動きは見られませんでした。
ところで昨日のこのコーナーで、写真を載せさせて頂いた方から早速お礼のメールを頂きました。お断り無く載せてしまったので却って恐縮でございます。こちらこそ本当にありがとうございました。「佳人」に遠慮されておられましたが、紛うことなく佳人でいらっしゃいますよ。

寒鯉に カメラ目線と いふがあり  廣太郎


2007/01/10

今日の写真は私が撮ったのではございません。今日は1日ホトトギス社で仕事等をしていました(「等」が曲者ですが……)。そんなことで放蕩はしていないのですがこの写真、ある方が社員Tの携帯メールに送られ、社員Tが会社のパソコンにメールを送り、そして私が今日のこのコーナーでご紹介している、という手間をかけているのです。でも考えてみると、これだけメールを転送するのも時間が掛からなく、やはり便利な世の中になりましたわな。
ところでこの写真、「一水会」という文字がお判りになるでしょう。もちろん句会の名前なんですが、この「放蕩編集長」に登場したことはないのではないでしょうか? 実はこの句会、毎月第1水曜日に行われていて、私も一応メンバーなのです。昔は丸ビルで行われていて、夕方から始まるこの会に私も出席していたのですが、丸ビルが建て替り、会場も別の場所になり、私も第1水曜日がどうしても都合がつかなくなり、何時も不在投句をしてしまっています。本誌「廣太郎句帳」にはこの会での拙句がありますのでどうぞ御覧下さい。さてその一水会が今日(第1水曜日ではございませんが正月の関係で今日になったそうです)で400回を迎えた、という記念のお菓子が今日の写真なのです。メールを社員Tにお送りになられた時の本文を読んで頂くのがより判り易いと思いますので掲載致します。
「 本日の一水会は何と33年で400回のお祝で高瀬竟二さんがクッキーをみんなに用意して下さいました。紅白饅頭とか、餡いり鯛焼〔おかしら付〕の案もありましたが、持ってくるのが重いので、サブレーになりました。」
という文でした。高瀬竟二さんは、ホトトギス同人でこの会の幹事をなさっていらっしゃいます。メールを送られた方ももちろんメンバーで、私とは他の句会でも御一緒させて頂いておりこのコーナーでもご紹介したことがあります。佳人で、何かあるといけませんのでお名前は伏せときますわ。今年は私も出席出来れば良いのですが……。


2007/01/09

1月5日が仕事始でしたが、申し上げましたようにそれから又3連休となり、実質いよいよ今日から本格的にホトトギス社の始動、という感じです。丸の内も何時もの活気が戻ったようです。早速今日は「ホトトギス」2月号の最終出張校正の日で、社員は最後の校正に励んでいます。私は悠々とこの「放蕩編集長」を書いておりますが、一応社員の目は盗んでおります。
丁度2ヶ月前になりますか11月8日のこのコーナーと同じアングルの写真で代り映えしませんが、中央のビルがどんどん高くなっていきます。どこまで伸びるんやろなあと、毎日眺めていますがJRの線路の反対側ですので結構距離はあるようです。それでも最近何かこちらに圧し掛かってくるような印象になってきました。あまりそちらの方面に行くことはないのですが、そういえば以前一度ご紹介した美味しい焼き鳥屋さんの近くかなあとも思います。今度その店に行く時に確かめられるでしょうか。


2007/01/07

今日は思いっきりプライベートで恐縮ですが、12月5日にこのコーナーでご紹介しました20歳になった娘の成人式でした。え、1日早いんちゃう? そう、丁度祝日当日が、最近はハッピーマンデー法でしたかその関係で前日が日曜日になりますので以前にもご紹介しました籍のある目黒のカトリック教会でお祝いをして下さいました。3人並んでいる後姿の内の1人が娘です。ここまで育ってくれ感無量ですが、考えてみると私もそれだけ年をとっているわけですね。写真、祝福をして下さっている神父様は私より年下なのです。いやあ時代ですわな。


2007/01/06

昨日申し上げた通り今日から又3連休ですね。こんなに休みが続いて来週から社会復帰が出来るんかいな、と思ってしまいますがしっかり寛いでいます。
そんなことで実は写真は昨日撮ったもので、会社の帰りに丸ビルの前を通ると何やら中がガヤガヤしていたので入ってみると、丁度去年クリスマスツリーが飾ってあった場所にこんなスケートリンクが出来ていて子供達が楽しんでいます。ローラースケートかと思いきや、何とちゃんと氷が張ってありアイススケートでした。最近のフィギュアスケートブームが関係しているのでしょう。写真左に大きく件の選手のポスターがありますね。この後しっかり飲んだのは……、ここだけの話にしときまひょ、ってバレとるやんf^_^;


2007/01/05

今日がホトトギス社の仕事始です。社員も恙無く全員出社しました。私の家の方へもですが、ホトトギス社へも沢山のお年賀状を頂戴致しまして、誠にありがとうございました。今日は結構皆様から頂いたお年賀状を楽しく拝見させて頂くのに時間を費やした1日でした。心よりお礼申し上げます。会社は今日1日出社すると、もう明日から又3連休になりますが、そんなことも影響してか、丸の内は未だ人がそれほど多くはないようでした。9日から、という会社もあるのでしょう。
写真は、御存知七種です。明後日七種粥を召し上がる方も多いのではないでしょうか。この籠は毎年年末に、かの有名な、そう、この三菱ビル第1号のお客様大久保白村様がホトトギス社に下さるのです。今年も、いや厳密には去年もお持ち下さいました。本当にありがとうございました。芹、薺、御形、繁縷、仏座、菘、蘿蔔がちゃんと植わっています。なかなか風情がありますね。


2007/01/04

ホトトギス社は今日までが正月休みで、家でのんびりしました。いよいよ放蕩してまへんな。写真は我が家の玄関にある正月飾りです。暗くなってから撮りましたので、よう判りまわへんな。明日が仕事始めですので、まだちょっと正月気分でした。
ところで、1日の元日に芦屋の庭にある灯篭をご紹介し、その種類をお伺いしましたが、このホームページを作って下さっている江口様から「朝鮮灯篭」との答を頂きました。先の阪神・淡路大震災では倒れましたが、無事復元され、今に至っています。それにしても答を頂きました江口様は、年末、正月とこのコーナーを休まずアップして下さいました。心から感謝申し上げますとともに、今年もよろしくお願い申し上げます。


2007/01/03

平成19年の正月も3日となり、今日は早々と東京に帰ってきました。ホトトギス社は明後日が仕事始になりますので明日はもう1日休みです。昼前の新幹線に乗りましたが、今日の神戸はすごく暖かかったのが、東京に着くと結構寒かったです。夕方のテレビの天気予報で
「今日は関東地方以外は春の陽気でした」
と言っていたので納得しました。写真は東京の自宅、玄関を入った正面の飾り棚です。まだクリスマスの名残があるのがお判りになりますか?


2007/01/02

昨日の正月はすごく良いお天気でしたが、今日の関西は雨で、お降り、という雰囲気でした。毎年年末年始にお招き頂いております大阪の俳誌「河内野」の山下美典主宰をはじめとしたスタッフのメンバーの会食に今年もお招き頂きました。大阪ということで、というわけではございませんが、名物道頓堀の、一昨年でしたか年末にご紹介しました食い倒れの味を堪能しました。今日の写真も有名ですわな。東京の人も、この蟹のインパクトが強いようです。食い倒れの店から程近いご存じ「かに道楽」の特大の蟹です。確かに動いていました。


2007/01/01

平成19年、2007年の新年明けましておめでとうございます。今年もホトトギス、並びに放蕩編集長をよろしくお願い申し上げます。
昨年の正月はちょっとした家庭の事情で東京で新年を過ごしましたが、昨日申し上げた通り今年は芦屋の実家で新年を迎えました。皆様は初詣どちらに行かれたでしょうか? 私はご存知クリスチャンということで上の写真のように新年のミサに与かりました。芦屋のカトリック教会です。ここは汀子主宰も通っていることはご存知の方も多いと思います。私も洗礼を受け、結婚式を挙げ、娘も洗礼を受けたこの聖堂が去年献堂50周年を迎えました。その記念の小冊子を貰いましたが、中には汀子主宰の一文が載っています。この教会は芦屋川畔にあり、虚子記念文学館に来られる途中に御覧になった方は多いでしょう。
下の写真は汀子宅の庭で、正月らしく鶴も来ました。ってこれは年中居ます、というか陶器ですので動きませんわ(^_^;)
実はその奥の灯篭ですが、この家が建った昭和の始めからあり、虚子記念文学館の庭からも見えますが、先日館の句会「六甲会」の折ある方から
「あれは何という種類の灯篭ですか?」
という意味のことを聞かれたじろぎました。そのジャンルに詳しく、ご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?






2007/02

2006/12