放蕩編集長



2006/11

2006/09


2006/10/31

早いものでもう10月も最後の日となってしまいました。ホトトギス社も移転してから2ヶ月近くがあっという間に経ってしまったことになります。今日は1日会社での仕事で、何んとか溜まっていた雑詠選などを仕上げました。この2ヶ月移転したホトトギス社へは沢山の方がいらっしゃって下さいましたこと心より感謝申し上げます。又こちらが忙しくばたばたしている時は満足におもてなしが出来なかったりしましたこと心よりお詫び申し上げます。実は今日も東京都にお住まいのT.T様がお越し下さったのですが、丁度コピー機の入れ替え作業があり、ばたばたしていて大変失礼致しました。お越し下さった方の中にはお祝いとしてお花やお菓子を持ってきて下さいました。重ねてお礼申し上げますとともに、これからいらっしゃる方はくれぐれもお気遣い頂きませんようお願い申し上げます。今日あらためて頂いたお菓子を見ていると、こんなお菓子がありました。字しか写っていませんが、箱を接写しました。何か面白い、というよりちょっと不思議な感じもしますが、味は正にこの名前の通りでした。言葉で詳しく説明するのはちょっと難しいのですが、この名付けが言い得て妙でした。


2006/10/30

朝はホトトギス社に出社し、午後は月例の「朝日カルチャー若草句会」です。以前にもご紹介しましたが、場所は新宿副都心。高層ビルが林立していますね。最近は我が丸の内も高層化してきましたが、新宿はやはりイメージとして高層ビル群です。句会が終わって外に出ると、そのビル群の間に綺麗な月が出ていました。今日の兼題が丁度「後の月」であったことからも? この後この月を肴に一杯……、どころではなかったのは言うまでもありません。

後の月 仰げば虚子の 笑顔かな  廣太郎


2006/10/29

会社に1日居るとデスクワークばかりで、休みの日は家で寝ていますのでこのコーナーのネタがどうしてもなくて困ります。実は昨日は「句会と講演の会」だったのですが、あまりにも楽しかったので写真を撮るのをついつい忘れてしまい、又間が空いてしまい、今日の休日に、なにげなく近所を歩いていますと、こんな情景を見つけました。自宅から50メートルも離れていない都心の住宅地の珍しい風景ですね。因みに句は昨日の句会の句です。

菊日和 続続 自然から学ぶ  廣太郎


2006/10/26

今日はご存知の通り年尾忌です。この日は何年か前までは例年良いお天気でしたが、その後結構大雨が降ったり荒れた天候が続きました。でも今日は久しぶりに素晴らしい秋晴でした。百名様以上の方にお越し頂き活気あるイベントになりました。会場はもちろん菩提寺の鎌倉寿福寺。写真は境内にある添水です。周りからはちょっと見え難い場所にありますが、澄んだ音を響かせていました。

忌心を 西へ運びし 秋の雲  廣太郎


2006/10/25

今日も昼間は句会「目黒学園句会」です。JR目黒駅ビルの中が会場で、朝この駅から会社に来て、又家の近くへ戻るようになりますが、それほど遠い距離ではなく、定期も持っていますので全然苦にはなりません。それよりメンバーの方との句会が楽しみです、ってこんなことを書くと会社で仕事している社員に叱られそうですが、句会が終わるとちゃんと会社へ又戻ります。今日の写真はその句会が終わってから東京駅を降りて会社のビルのすぐ近く、4時半過ぎでしたが、丸ビルが夕日に照らされてこんな奇麗に聳えています。昨日、一昨日と東京は強い雨だったので、よけいに今日の晴は奇麗な空が臨めました。空気も澄んでこんな景色になったのでしょう。大都会の良き一面を垣間見ました。

濁酒 心濁つて をらざりし  廣太郎


2006/10/24

数えたことはないのですが、月に結構句会には行っています。今日はその中のひとつ何度かご紹介している「若水会」です。会場は後楽園の駅の近くで、東京ドームがすぐ側にあることも以前ご紹介しましたね。今年のプロ野球は私にとっては終わってしまいましたが、今日本シリーズが酣ですね。
まあそれは置いといて、写真は後楽園の駅前の公園です。会場の前から撮りましたが、ここは戦没者の慰霊碑があります。戦争の時代は今も忘れられていないのですね。

一事終へ 残りの菊と なりゆけり  廣太郎


2006/10/22

今日の日曜日も休日で、家でゆっくりしていました。やはりこういう日も必要ですね。午後からはちょっと出掛けましたが、家から最寄りの駅の前ではお祭でした。駅前広場にステージが作られ色々なチームが踊っていました。生憎雨が降りだしたので早々にこの場を離れましたが、結構活気ある町であることを再認識しました。


2006/10/21

「ホトトギス社秋の吟行会」で、JR京浜東北線大森駅近くにある「大田文化の森」を会場に行われました。ご存知の方も多いと思いますが、この辺りは「文士村」と称し多くの文化人に縁のある場所だそうです。中でもホトトギスの表紙絵を沢山描いて下さった川端龍子画伯の記念館があり、ここがメインの吟行地で、皆さんの力作を沢山拝見しました。写真は句会場から見た景色です。左こんもりと緑に茂っている先に記念館があります。

俯瞰する 池上通り そぞろ寒  廣太郎


2006/10/18

定例の「登高会」です。ホトトギス社の事務所で行われていることは以前にもご紹介しましたが、今日は新しいオフィスでの2回目です。句会によって様々ですが、この会も句会が終わってから食事を皆さんとします。東銀ビルが会場であった頃の名残で、例のヴァン・ドゥ・ヴィ迄、句会後来ました。やはりワインはここですわな。写真は会のメンバーの、文字通りお若い超美人軍団です。イヤホンマ(^_^)v

秋晴に 新幹線の 突つ込めり  廣太郎


2006/10/18

地方の大会や句会が続きましたが、今日は1日会社で仕事をしました。仕事帰りには何時もの「ひげ増」です。最近のこのコーナーでは女性との写真が多かったので、今日は本領発揮? ワインです。このお店はいろいろなワインを用意されて楽しいですね。今日はフランスのサンテミリオンです。知る人ぞ知る銘柄で、すごく美味しかったです。


2006/10/17

月例の、稲城市で行われる「草木瓜会」です。先月のこのコーナーで、ここを流れる「三沢川」、そしてそこに棲んでいるかみつき亀の話題にも触れたことも御存知の方は多いでしょう。その川が今日の写真です。先月も申し上げた通り川幅はあまり広くないのですがなかなか風情のある川だと思いませんか? 両岸の並木は殆んどが桜で、花の時期をご想像下さい。並木に隠れていますが左側に句会場があります。かみつき亀ですが、その後何度か目撃されているそうですが、まだ捕獲されてはいないそうで、結構この界隈では話題になっているそうです。ひょっとしてこの写真の中のどこかに潜んでいるのかも知れませんね。

秋の声 多摩の稜線 越えて満つ  廣太郎


2006/10/16

昨日は久しぶりの休日で、家でゆったり出来、ゆっくりと「寝た」のでこのコーナーの「ネタ」がありませんでした(-o-;)
今日はそんなことで爽やかに出勤しました。以前にもご紹介した「つつじ会」の方がいらっしゃりこちらも爽やかに勉強なさっていらっしゃいました。この会のメンバーの方で、ホトトギス社の新オフィスに来られるのが初めての方も多く、道に迷った方もおられたようですが、着かれると、窓からの見晴らしに感動なさっておいででした。仕事が終わって一杯、いやワイン一本の後に店を出ると、東京駅から見る丸ビルがこんな感じでした。綺麗ですか?


2006/10/14

今日は、以前にもご紹介しました「西の虚子忌」です。比叡山横川の元三大師堂で行われることもご存知ですね。今年も150名様という多くの参会者でした。何時も私は朝少しゆっくり、午前11時頃に行くのですが、今年はがんばって東京朝6時20分の新幹線に乗りました。ゆっくり出来ましたが眠いです(-.-)zzZ
写真は元三大師堂の境内ですが、今年はこんな犬がいました。どうも此処で飼われているようで、すごく人になついていました。

峰寺といふ 露けさを 置く忌日  廣太郎


2006/10/13

今日も「ひげ増」に行ってます。こんなに頻繁に行くと飽きへんのかと思われるかも知れませんが、メニューもバラエティに富んでいて全然大丈夫です。ちょっと今日は妖しい写真ですが、私の隣は以前ここでアルバイトをしていたYさんです。今はもう御結婚もされて、来月から御主人様の仕事の関係でロンドンに行かれるのです。3、4年は行かれるとの由、さしずめ今日が串揚げ食べ納め、ということでした。どうぞロンドンでもお元気にお過ごし下さいね。又この「ひげ増」でお会いする約束をしてお別れしました。このお店は、いろいろ人生模様もあり、ちょっと凄いですね。


2006/10/12

昨日の文で「今日は久しぶりに1日会社で仕事を」と書きましたが、一昨日も1日会社にいましたので、久しぶりではおまへんわな。
「ほなら、一昨日は会社に居てても仕事してへんのか」
と言われそうです。酔ってメールを打つと、ロクな文章になりまへん。
ところで今日は定例の「土筆会」です。何時もは小石川後楽園が会場であることはお馴染ですが、今日は会場の都合で、以前他の句会でご紹介した「花鳥諷詠塾」が会場となりました。東京都港区芝公園という場所にあり、結構都心のど真ん中です。今日はこの会場の外観をお見せしますが、普通のマンションなのです。これも以前申し上げたと思いますが、稲畑汀子主宰所有の部屋で、私が東京へ来て初めて住んだ部屋なのです。今は完全に改装して句会場として使っています。
ところで昨日の写真、早速答を頂きました。これを流行らすつもりはございませんが、九州御在住のこちらもお若い超美人の方からのお答でした。でも残念ながら合ってはいませんでした。せっかくお答を頂いたので、もうちょっと答の発表は延ばしましょう。よろしければお答をお送り下さい。

秋声に 東京タワー 応へをり  廣太郎


2006/10/11

今日は久しぶりに1日会社で仕事をしていました。考えてみるとしばらく休みがないですね。でもしっかり睡眠時間と、飲む時間はとっています。今日も仕事帰りでうかがった「ひげ増」です。写真は何か判りますか? 又クイズにしようかと思いましたが、プロ野球が少なくともセリーグが終わってしまいましたので、何か疲れましたわ(-.-;)

2006/10/10

昨日鹿児島から帰り、今日は普通にホトトギス社に出社です。あまり疲れを感じないのは若いからでしょうか? いやいや酒に癒されているからでしょう、なんて言うと怒られそうですが、今日も仕事帰り、以前ご紹介した、関西系のお店が入っている丸の内のビルの焼き鳥屋さんに行きました。此処は店員がしっかり料理を把握しており、心地好い雰囲気を楽しみました。写真はそのビルです。丸の内のシンボルのひとつです。


2006/10/09

「九州ホトトギス俳句大会」の当日です。鹿児島市内を吟行しましたが、ここはご存知の通り西郷隆盛が有名で、たくさん史跡がありますね。写真は有名な「黎明館」です。この後ろには隆盛終焉の地城山があります。今日は丁度映画でしょうかロケをしていました。大会は180名以上の盛会でした。地元のお世話下さった方には心より感謝申し上げます。

城山の 哀史の色に 粧へり  廣太郎


2006/10/08

今日は東京からひとっ飛び鹿児島に来ています。今日から「九州ホトトギス大会」です。明日が大会で、今日は同人会が行われました。吟行は有名な桜島です。奇しくも今日久しぶりに噴火したそうで丁度飛行機が着陸する寸前にその様子を飛行機の窓から見ましたが、携帯電話が使えないので、写真は既におさまっていますが、噴煙は見えるでしょう。結構残暑でしたが、風はカラッとしており晩秋を感じる1日でした。

噴煙も 加へ百態 秋の雲  廣太郎


2006/10/07

栃木県那須烏山市で「社団法人日本伝統俳句協会関東支部大会」が行われました。ここを流れる那珂川に掛る簗が有名で、上の写真のように参加者はこの簗の上に乗り鮎を捕るところを堪能していました。今の季節は下り簗、落鮎ですね。さて、実は上の写真には先日「123456」のアクセス数をゲットした方がいらっしゃるのです(^_^)v何、クイズ? いやいや、御本人の希望で匿名というお約束ですのでこの話題はこれでオシマイ。御想像下さいね。そういえばまだご褒美差し上げてまへんわ(^_^;)
ところで会の方は盛り上がり、予定より少し遅れて終わりましたが、帰りのバスからはこんなきれいな秋夕焼けが見えました。その後月も見えました。

水歪むより 落鮎の 色となる  廣太郎




2006/10/05

第1木曜日は「蕉心会」です。この会は吟行句会なのですが、生憎の雨でした。でも俳句は詠めますね。皆様素晴らしい作品が出ていました。
終われば恒例の「うがいの会」ですね。こんなイタリアワインを堪能しました。バックにはメンバーの加藤厚子様が写っています。お馴染の方ですね。
最近は寒暖の差が激しく、私もちょっと風邪を引いて、句会の最中はふらふらしていましたが、飲んだらすっかり元気になってしまいました(^o^)/

白萩に 私負けたわ 好きにして  廣太郎


2006/10/04

昨日はとんでもないアクセスの数字をゲットした方の話題で、興奮が覚めませんが、今日は久しぶりに1日ホトトギス社で仕事をしました。最近は1日会社で仕事をする機会が少ないので、デスクワークはやっぱり疲れました。そんな疲れを癒す為に? 夜は、こちらも久しぶりの「ひげ増」です。今日は写真のようにおとなしく? ビールです。でもこの前はしっかりワインを飲んでました。ちょっと飲み過ぎですかな(-.-;)


2006/10/03

今日出社すると、写真のような驚くべきメールが来ていました。何と「123456」とならんでいるではないですか。私も全くこの並びは今まで気付かずに、ゾロメやきりの良い数字ばかり意識していましたが、この数字はそれよりも大変なことではないでしょうか。まあ「12」、「123」はともかくとして、「1234」、「12345」の方の申告はございませんでした。御本人様も「こんなんありですか」
と謙遜していらっしゃいましたが、いやいや凄い! この次この類の数字は「1234567」ですもんね。
おー、ここまで行くのに何とあと1111111人という又面白い数になることを計算して判りました。さあこの時まで私は生きているでしょうか?
ところで、残念ながら御本人の強い御希望で、今回はお名前を発表出来ません。関東にお住まいのお若い超美人ということだけ申し上げておきましょう。そして彼女には深夜にでも私からこっそりご褒美を差し上げることに致しましょう。何? 私の○○が欲しい? ええがなええがな、まかしときなはれ。

馬肥ゆる 君の存問 受けてより  廣太郎


2006/10/01

東海ホトトギス俳句大会の当日です。名古屋にある徳川美術館の庭園を吟行しました。生憎の雨でしたが、写真のようにこんな風情の庭園を堪能しました。
雨といえば今日の阪神中日戦、幸か不幸か中止になりましたね。私は幸とおもいますが、残り試合ぜひがんばって欲しいですね、って中日ファンも見ていらっしゃいますわな。

萩の花 雫留めて 揺れにけり  廣太郎



2006/11

2006/09