放蕩編集長



2005/10

2005/08


2005/09/29

今日は、「俳句朝日」編集長の越村蔵様の句集出版記念会に伺いました。素晴らしい祝いの会でしたが、ちょっと写真がちゃうがな。こ、これは何と今日、我が阪神タイガースが優勝しましたがなw(^o^)w。丁度会(一次会)が終わり、その会場のロビーのテレビで見たのですが、金本ががウィニングボールをキャッチした瞬間です。いやあやりましたがな!なんや今日は「がな」ばっかりや「がな」バンザーイ!

秋灯という 一閃の 祝ぎ色に  廣太郎




2005/09/28

今日は、以前にもご紹介した目黒学園句会でした。終わってからは懇親会で、場所は句会場近くにあるフランス料理屋さんです。とても美味しくて、料理の写真はついつい撮るのを忘れてしまいました。写っているのは食後酒のカルバドスです。また是非来たいと思う店ですね。
家に帰ると、プロ野球は、我が阪神タイガースは、遂にマジック1になったではありませんか! 明日、決まるやろか?

その中の 一輪が統べ 大花野  廣太郎




2005/09/24

今日は、11月6日に行われる「ホトトギス創刊1300号関西祝賀会」の全体会議に出席しました。上の写真は委員の幹部、左から三村純也、山田弘子、千原叡子、吉年虹二氏、そして不肖私です。
関西の方にはお馴染ですが、下の写真、JR芦屋駅ビルのドアですが、ちょっとオモロイですわな。




2005/09/20

連休開け、とはいえ土日はホトトギス社のイベントでしたが、出社したのは久しぶりです、と思ったのも束の間稲城のお馴染「草木瓜会」に行きました。拙句はその時のものですが、写真は夜、さる妖しい人? と夕食で来た店の玄関です。こちらをご紹介するのは、私の執筆した俳誌のエッセイ以外初めてですが、も、もう絶品の焼鳥屋さんなのです。偶然見付け、もう10年以上のお付き合いでしょうか、最近ご無沙汰でしたが、久しぶりに身震いするような感動を味わいました、というのも大袈裟ではなく、一例ですが、鳥レバーが苦手な人は、私の知る限りこのお店のそれを召し上がると全員レバー好きになっておられます。お店の御意向もあり、ここでは詳細は申し上げませんが、機会があればお連れしましょう!

爽やかに 都市と自然を 繋ぐ河  廣太郎




2005/09/18

今日我がタイガースは順当にマジックを減らしたようですが、
こちらは「ホトトギス社吟行会」で、先日下見でご紹介しました東京は品川区の大崎に来ました。60名と参加者は少なかったのですが、残暑の都心を楽しんでおられました。最近は土日もこのようなイベントが多いのですが、明日は久しぶりに休日です。さあ、昼まで寝てよか?

神鈴といふ 新涼の 音色かな  廣太郎




2005/09/17

7月、8月とお休みだった「句会と講演の会」の再開です。子規忌として毎年のように三村純也先生のお話に盛り上がりました。今年は子規作の能を御紹介下さり何時もながら見識あるお話に頭が下がります。写真は演壇に飾られた七草。以前ご紹介した千葉の稲村蓼花様がお持ち下さいました。ところで、わが阪神タイガース、せっかくマジック出たのに今日負けたがな(T_T)

甲子園球場 怒濤 秋団扇  廣太郎




2005/09/14

先週もご紹介した「ひげ増」、「又かいな」と言われましても美味しいですもんね(^O^)
ところで、先週お辞めになった方をご紹介しましたね。そういうことで、お店では次のアルバイトの方を募集なさっているそうです。って何んや回しもんみたいですが、今日だけはそういうことにして、週1〜2日、夜6時〜6時30分から9時〜9時30分位までの時間、女性で、年齢は問わないそうです。写真は賄いの食事です。こんなに美味しそうな食事も付きます。詳細は電話03−3580−9415にお問い合わせ下さい。




2005/09/13

「秋風」だったらいいのですが、秋「風邪」みたいに鼻がぐすぐすしています。やはりこういう時はアルコール消毒に限る、ということで? 何時もの「ヴァン・ド・ヴィ」です。私の風邪ぎみを気遣われて、あっさりしたイタリアワインを薦めて下さいました。やっぱり風邪はワインが特効薬ですね、ということにしときまひょ。




2005/09/11

伝統俳句協会全国大会の当日です。俳句大会や、表彰式が行われました。去年北海道での大会の様子をお伝えしましたが、今年の仙台も盛会でした。写真は募集句の大会大賞、兵庫からお越しの長谷川朝子様です。おめでとうございました。
来年は9月9日、10日に金沢で行われます。ぜひ皆様参加しましょう。

秋潮を 凹ませてゐる 汽笛かな  廣太郎




2005/09/10

今日から明日にかけて日本伝統俳句協会の全国大会です。東北支部の担当で仙台で行われました。吟行はかの有名な松島。芭蕉にも縁があり、上の写真、こんな人形がさりげなくあり、一緒に撮って頂きました!
夜はもちろん懇親会で、下の写真は東北の伝統俳句協会重鎮佐久間庭蔦様です。何と92歳だそうですが、こんなにお元気です。






2005/09/08

久しぶり、というわけではないのてすが、新橋の「ひげ増」です。以前ここの看板娘をご紹介しましたが、この方もその一人、かおり嬢です。残念ながら今日でこのお店を退職なさり、アメリカに行かれるそうです。頑張って頂きたいですね。

忘れめや 日本の秋と 串揚と  廣太郎


2005/09/05

9月に入ってから2日以外毎日句会です。まあ職業上当り前かも知れませんが、今日はお馴染「蕉心会」。終わってからはうがいの会、ということや、その会場のイタリアンレストランで今月の誕生日の方にケーキのプレゼントがあることを以前ご紹介しましたが、今月は私の右、山口苳川様です。左は誕生日が今月ではないのですが、その月欠席だったので今日プレゼントがあった誉田若菜様です。レストランも粋ですね。さすが!
私の持っている扇子? まあおちゃらけですわ。

露の世といふ 水禍あり 風禍あり  廣太郎


2005/09/04

今日は特別予定はなかったのですが、昨日は芦屋の汀子主宰宅、というより生家に泊まり、たまたま「野分会」芦屋例会があり、参加させて頂きました。先月の阿波踊でもうお馴染みですね。会場が関西ということもあり、先月ご紹介した鈴木たみ様はじめ徳島からも来られていました。句会の様子を写真に、と思ったのですが、参加者は(私以外)美男美女揃い。カメラの手が震え撮れませんでした。そこでこれは阿波踊の写真を頂いたものから転写しました。
野分会の方にはこのコーナーをご覧頂いている方が多く、昨日の「世界一のステーキ」の店の記事から、地元ということもあってか
「あのお店神戸の何処にありますのん?」
とはこちらも美人のY・Oさん。ぜひご賞味下さいね。

虫の宿 めきて生家で ありにけり  廣太郎


2005/09/03

お馴染登高会ですが、今日は吟行会として、芦屋の虚子記念文学館に来ました。結構残暑が厳しかったのですが、有名な三代句碑、震災モニュメントを吟行して、夜は以前にもご紹介した例の「世界一のステーキ」を神戸で堪能しました。芦屋は十年前の阪神・淡路大震災で多大な被害を被りましたが、芦屋駅前に、こんなレトロなポストを見付けました。震災にも耐えたのでしょうか?

受付は 幼馴染や 灯下親し  廣太郎




2005/09/03

社員T.

今日は登高会の吟行会で芦屋の虚子記念文学館へ参りました。投句締切が15時でしたので、その前に芦屋ホトトギス会に飛び入り参加。兼題(鉦叩・夜長)と席題(秋風・松手入)で4句出句。芦屋ホトトギス会にご参加の皆様には、お騒がせしたうえに、慌ただしく席を立ってきちんとご挨拶もいたしませず、大変失礼申し上げました(編集長)。また機会があったら参加させていただきたいと思います。さて、この写真、廣太郎先生の横から写してしまいましたので、ちょっといけない構図だったかもしれませんが、バックは俳磚です。芦屋の残暑をたっぷりと堪能(?)、文学館の展示に心地よい汗をおさめて参りました。


2005/09/01

今日は去年もご紹介しました「夢二忌全国俳句大会」です。同日の去年を参照して頂いて、同じ花野吟行ですが、今年は例年になく花がすごく多い年でした。ひょっとして夢二忌13回のなかで1番綺麗じゃないかとおっしゃる方もいらっしゃいました。上の写真、いかがでしょう。
下は、花野近くにある榛名湖畔の名物馬車です。1頭で大きな馬車を曳いていますね。

その中の 松虫草と いう可憐  廣太郎

木洩日といふ 彩りも 大花野  廣太郎






2005/10

2005/08