放蕩編集長



2005/01

2004/11


2004/12/30

今日から芦屋の実家で正月を過ごします。新幹線からは富士山が上の写真のように綺麗に見えています。
夜は、以前からお約束していた俳誌「河内野」の晩餐会にお招き頂きました。山下美典主宰はじめ幹部が揃い楽しいひとときを、下の写真の、かの有名な大阪の「くいだおれ」で過ごさせて頂きました。あれ、あの人形が二人いるやん('_'?)。今日は皇室で慶事がありましたね。そのお祝いで二人出しているそうです。




2004/12/29

朝から都心はご覧の通り雪です。昨日からホトトギス社は正月休みで、写真は自宅のベランダです。少し前まであんなに暖かかったのに、やはり今年の天気は何か少し異常なのでしょうか。


2004/12/28

今日は今年最後の句会「若水会」でした。忘年句会で、会後は楽しい宴会ですが、今日は特別特特選を選ばせて頂き、長谷川弥生様が獲得されました。写真は賞品の色紙の贈呈式です。

暦売 虚子の頁を 先づ見せて  廣太郎


2004/12/27

今日はホトトギス社の仕事納めです。やり残した仕事はありますが、とりあえずは打ち上げ、ということで、終業後はビルの一階にある、夜は洒落た飲み屋になる喫茶店(ここもそのうちご紹介しましょう)で軽くワインを一杯……、いや重く一本飲んだ後、勢いでどんどん例の「ミレナリオ」の方へ歩いて行き、ついに入り口まで来てしまいました。さすがここまで来ると綺麗ですね。ただここからはやっぱりものすごい人で、さっさと引き返しました。


2004/12/24

なんか明るすぎて判りませんか?今日から例の「ミレナリオ」が点灯されました。このイベントについては社員Tが12月8日にアップしている通りですが、今正に点灯の瞬間です。ただ、ものすごい人出の為近寄れません。ホトトギス社のあるビルの前から撮りました。雰囲気は判りますか?1月1日まで午後5時から点灯しています。ホトトギス社へいらっしゃるおついでにご覧になってはいかがですか。ちなみにホトトギス社は来週27日まで営業致しております。


2004/12/21

12月の句会は軒並忘年句会になりますが、今日は「草木瓜会」の忘年句会でした。句会は何時ものように稲城市で行われましたが、忘年会は「多摩センター」というところにある豪華な会場でした。駅の近くには、こちらも豪華な、こんなイルミネーションが飾られていました。やはり季節ですかね。

底冷に 猫固まつて をりにけり  廣太郎


2004/12/19

6月16日のこのコーナーを覚えておられるでしょう。「野分会一句百言」単行本編集委員会が行われ、今日は関西の委員の方も集まって下さいました。右から椋誠一朗様、奥様の則子様、奥田好子様、藤井啓子様、そして前回もご紹介しましたが関西代表の黒川悦子様です。ところで今日の会場は「花鳥諷詠塾」です。以前ドアだけお見せしましたね。やっと内部をお見せ出来ました。


2004/12/16

最近は毎月アップしていますが「登高会」です。もちろん忘年句会です。何時もとは違って豪華? に会席料理の店で句会後やっています。今回から、メンバーの大倉源次郎氏のご紹介で能楽師櫻間右陣氏が参加されました。櫻間家は、ご存知の通り虚子とも深い繋がりのある家で、縁を強く感じました。

オリオンの 存問受けて 枯尾花  廣太郎


2004/12/14

今日は千葉県流山市の「新流会」に来ました。駅に降りると、プラットホームのベンチにこんな座布団が敷いてありました。素晴らしい心遣いですね。

水嵩も 鴨を育む ものとして  廣太郎


2004/12/11

今日は日本伝統俳句協会の神奈川・東京合同部会がありました。場所は神奈川主導で、横浜です。上の写真、有名な「赤煉瓦倉庫」です。すっかり観光化されていますが、今日は花嫁さんがいますね。
会が終ればお決まり、もう何も言うことはございません。私の隣は今井肖子さん。以前このコーナーで登場して頂いていますのでそこを御参照下さい。その隣は、伝統俳句協会事務局にお勤めの佐藤玲子さんです。いやあ、たまりまへんわ。

冬凪や 連合艦隊 統べし海  廣太郎




2004/12/8

社員T.

「久しぶりにカレー食べへん?」ということで、編集長と連れ立っておいしいタイカレーのお店でランチ。途中、丸ビル前で「ミレナリオ(ルミナリエではありませんから)」の準備をしていました。2000年から始まった丸の内の新しい年末行事ですが、これに点灯されるととにかく人、人、人。東京駅から吐き出されてくる人の波に押し潰されそうになりながらの帰宅となります。この写真では分かりにくいと思いますが、後ほど、明る〜い灯の点ったものをアッブ出来ればと思ってま〜す。


2004/12/4

昨日から今日にかけて「はっぴい吟行会」が行われました。この会は、群馬県の、沼田駅から車で1時間半位の片品村というところに社員Tのお従姉妹様が「はっぴいペンション」というペンションを経営しておられ、そこを会場に行われ、今回で4回目です。実は昨日の「放蕩編集長」に入れればよかったのですが、このペンションは私の携帯の電波が圏外となってしまい、今日まとめて入れています。
言い訳はこの辺にして、昨日の吟行は、上の写真、有名な「吹割の滝」でした。川底が陥没して、このような滝を形成しているという珍しい滝ですが、少しナイアガラの滝に似ていませんか?そう「日本のナイアガラ」とも言われているそうです。

涸るることなき 吹割の滝と君  廣太郎

2日目の今日は、ペンションの周りの吟行ですが、空気が綺麗です。写真には写せませんでしたが、昨夜はものすごく綺麗な星空でした。下の写真は、帰りにペンションの前で撮りました。小さいですがご存知の方はおられますか?

昨夜星の 楽を奏でし 冬の空  廣太郎




2004/12/2

今日は「蕉心会」です。7月1日に社員Tが入れている通り、句会後は「うがいの会」、と言うより文字通り今日は忘年会でした。その7月1日に、私と一緒に写って下さった、お店の「N嬢」です。パルミジャ―ノを刳り貫いた中をフランベして、リゾットを作って下さっているのです。彼女に何しているわけやないですが、絶品でしたよ。このイタリア料理店は、本当に美味しい料理が揃っていて、毎月楽しみです。おっと、ちゃんと句会もしていますが。
お問い合わせ下さればこっそりこのお店をご紹介しまひょか?

君が来て こその 忘年会であり 廣太郎




2005/01

2004/11