放蕩編集長



2004/09

2004/07


2004/08/31

「第12回夢二忌俳句大会」の、今日は前夜句会です。上の写真は今回の選者の中、左から「天為」編集長の対馬康子様、「桑海」雑詠選者の木暮勉様、大会実行委員長の木暮陶句郎様です。
句会が終わればお決まり懇親会ですが、酒を飲んでいるばっかりやおまへん。句会での特選句の表彰があり、私の特選は「歳月のロマン露けしオルゴール」をお作りになった、下の写真にある、長野から御参加のホトトギス同人寺島きよ子様です。
今、宿の部屋でこれを打っていたらドヤドヤとキレイなネイチ……いや飲み友達がやってきたので、この辺で。

爽やかに マーチ奏でし オルゴール  廣太郎




2004/08/30

たまには、って結構ありますが、放蕩編集長プライベートのひとときは、こんなプラモデルを作って楽しんでいます。実はホトトギス社の編集長室にも飾ってあったりするのですが、これは自宅にある最新作。ドイツのパンサー戦車です。下の写真は乗組員のクラウス君……、なんて言うともうオタクですわな(^_^;)。ちょっとは本物みたいに見えますか?




2004/08/26

社員T.

今夜は東京サロンでした。丸ビルの五階にあるレストランで、「海」をテーマに話を持ち寄り、おいしい食事を摂りながら楽しい時間を過ごしました。写真は本日飲んだワイン(ラベルだけになってしまいましたが)です。赤はお肉にとてもあう香りのいいものでした。今回、編集長を写すのを忘れました。



2004/08/22

第15回日本伝統俳句協会全国俳句大会の当日です。3句投句で代表選者と汀子会長の選で賞が決まります。僣越ながら私も選者をさせて頂きましたが、見事全国俳句大会大賞は、地元北海道の高橋笛美様でした。写真は汀子会長から賞状をお受けになる笛美様。おめでとうございました。
来年は東北支部担当で、松島を会場に9月10日、11日に行われる予定です。皆様是非参加しましょう。

稲妻に 石狩河口 威を正す  廣太郎


2004/08/21

7月に続き北海道に来ています。
伝統俳句協会の全国大会が札幌で開催されました。
今日は昼間、7月にも行った石狩川の河口を吟行しました。
上の写真の通り雷雲が出て時々激しい雨になったりしましたが、芒や赤蜻蛉が多く、すっかり秋のたたずまいでした。
夜は、明日の本番を控え前夜祭です。
下の写真のように全国から沢山の会員が集まりました。




2004/08/19

社員T.

今夜は毎月恒例の登高会の後の飲み会てす。今月から新メンバーが参加です。
汀子先生の山会のフィリピンを題材とした写生文に登場した「塚原治さん」です。日本に戻っていらして句会をお探しだったので、早速廣太郎先生の句会にお誘いして、ご参加いただくことになりました。左側は今橋眞理子さんです。何度もご登場いただいておりますので、もうおわかりでしょうね!


2004/08/17

今日二回目のアップですが、東京都下の稲城市で行われている「草木瓜会」という句会に参加しました。秋の蝉が元気に鳴いていました。ここの蝉は結構人慣れしているのでしょうか、写真のようにこんな近くで写真を撮っても逃げません。この後採って食べた、というのは、勿論ウソですよ(^_^;)

窓の秋 夕日の粒を 招き入れ  廣太郎


2004/08/17

ホトトギス社の夏休は、各自順番にとり、会社自体の休みはありません。
今年最後にとったのは社員Tでした。静岡県の下田に行っているそうです。
今日、Tよりメールが届きましたが、下田はこのような大荒れの天気だそうです。
そういえば、天気予報で
「天気が悪くなるというのは、秋が来ている証拠です」
と予報官が言っていた記憶がありますが、都心は日曜日、丁度私が松山にいる時雨が降り、涼しかったようですね。
でもそれからは少し残暑が戻ってきているようです。

2004/08/15

今日はいよいよ「俳句甲子園」準決勝、決勝が行われ、何と甲南高校が優勝しました。
「お前が審査員したからや!」
と言われそうですが、やはり実力は大したものだと他の審査員もおっしゃっていました。写真は優勝旗授与。
この様子は後日テレビで放送されるようですし、このイベントを題材とした、ドキュメントではなく有名俳優を起用した「恋は五七五」という映画が来年3月に封切られるそうです。


2004/08/14

「俳句甲子園(全国高校俳句選手権大会)」の、今日は開会式から準々決勝までが行われました。上は開会式ですが、プラカードが読めますか?我が母校甲南高校が兵庫県代表で、35校の1校として出場しています。何と準々決勝に勝ち残り、明日の準決勝以上に挑みます。
この大会のルールを全部説明するのは難しいのですが、2校対戦でそれぞれの句と、その批評によって競われます。下の写真で様子を想像してみて下さい。




2004/08/13

昨日東京に1日いただけで、何と又四国は松山に来ています。「俳句甲子園」の審査員に招かれました。何しろ初めての事で、どうなる事でしょう。
ホテルの部屋で寛いでいると、外から汽笛の音が聞こえてきて、見ると写真のようにSLのような路面電車が走っています。ひょっとしてこれが、よく聞く「坊ちゃん電車」なのでしょうか?


2004/08/11

社員T.

編集長の夏休みは今日が最終日。明日からはまたいつも通りの仕事づけの毎日になります。
今日は編集長室に勝手に侵入して、編集長が椅子に座って見るとどのように見えているかをお届けしたいと思います。編集長になった気分でご覧下さい。


2004/08/10

昨日の予告通り今日は琴平です。午前中は、上の写真のように大歩危渓を遊覧船で下りました。この岩は、獅子舞の形をしているそうです。
下は、金刀比羅宮への石段の途中からホテルが見えています。
実は35年前小学校の修学旅行以来の来訪ですが、やはり結構町並みは変わっているそうです。変わっているといえば、小学生の時は楽々この石段を登った記憶がありますが、今回はこの辺までです。




2004/08/09

実は今日から盆休みをとり、旅行に来ています。先ず神戸の家内の実家から車で明石大橋(上の写真)を渡り、徳島県の「祖谷渓」まで来てしまいました。下の写真のように素晴らしい景色です。
ちなみに明日の予定は琴平です。




2004/08/07

今日は、日本伝統俳句協会関東支部大会が東京部会担当で世田谷区民会館を会場に行われました。支部事務局がホトトギス社にある関係もあり、社員全員手伝いに来ています。当日句の会長賞は「東京を知る夏帽についてゆく」の御句で、このコーナーにも以前御登場頂いた田丸千種様です。写真は右の大久保白村関東支部長より賞状を授与される千種様です。下記のような句ではなかなか賞には程遠いですわな。

冷房を 抱へ込んだる 漢かな  廣太郎


2004/08/02

今日は週の始めの月曜日。久しぶりに土日は休日でゆっくり過ごしましたが、その分今日はダレてます。そんな中この光景はホッとしますね。皇居が近くにあるからでしょうか、丸の内も毎年蝉がよく鳴きます。今年は例年より少ないようですが、ホトトギス社の窓のすぐ外で元気に鳴いています。




2004/09

2004/07