【山行名】  :過激パウダー四ッ岳
【日程】   :2007年3月10日
【山域】   :乗鞍山系 四ッ岳
【メンバー】 :伊能さん、のーきょーさん、ごましお
【行程】   :キャンプ場6:50 〜徒渉地点8:15 〜 森林限界11:0 〜山頂12:0、12:35 〜徒渉地点14:20 〜キャンプ場14:45


去年周辺の猫岳や剣ヶ峰に行った時から、次はこれだと決めていた。幸い企画が上がったので迷わず参加した。

早朝の平湯キャンプ場には既に数台止まっており、尋ねると皆四ッ岳らしい。週初めの戻り寒波で上部は新雪の予想が出来る。ラッセルの心配をしたが、先行者が大勢いたのでその心配もなかった。7時前出発した。




キャンプ場の中を通り、平湯大滝を右から巻く尾根に上がるのに先行者は難儀している模様だ。硬い雪に新雪が積もり、急斜面では板が横滑りして登り難い、のーきょーさんも苦戦中だ。



尾根に上がった後しばらく登り、徒渉地点に先行者が下りたので釣られて下り、板を投げ下ろしてジャンプで通過した。もう少し上流の立派な氷柱辺りで渡れたらしく、下山はこのブリッジを帰った。



尾根に上がりどんどん高度を稼ぐ、自然と大汗が吹き出てきた。9時半に一休みする。若者2人組とおじさんに追い抜かれた。
高度を上げるに連れて新雪が増え始め良い感じになってくる。雪を被った木々の間から、笠岳から槍穂高の稜線が一望でき、今年も山スキーをやってるぞと実感する。
前方に木々の間から山頂が現れた、まだまだ遠い。




森林限界に近づくと、新雪が深くなった。途中抜かされた若者が休んでいる、おじさん達はゆっくりと登るだけ。




木立がなくなると、トップグループの2人が見えてきた。1人はアイゼンを付け直登する模様だ、もう1人は左から窪みに向かってトラバースしている。伊能さんもクトーの歯を最大にして氷化した雪面を蹴りながら続くので我々も慎重に登った。




山頂近くになると疲れでペースが上がらない。先行者はルンゼを登っているが我々は尾根沿いに登った。






12時02分、伊能さんがトップをを切って5時間かけ念願の頂に立てた。もうバテバテです。森林限界を超してから息苦しさを感じて最後は辛い登りになった。続いて先ほどの2人が到着、休んでいると最初に追い抜かれた若者も登ってきた。
快晴、無風、これ以上は望めない大展望を満喫する。もちろん北アルプスは全望でき、剣ヶ峰から畳平、スカイライン、猫岳と手に取るようだ、遠く白山まで見渡せた。
先週は天気が悪く途中で敗退したとおじさんが話してくれた。それを聞くと嬉しさも倍増する。





素晴らしい展望の後は滑走だ、一見クラスト気味なのに滑ると何の抵抗も感じない。思い通りのシュプールを描いてあっという間に下ってしまう。こんな雪は年に有るか無いかの極上パウダーで久しぶりに滑りが楽しい。これが北面斜面なのだ、思わず奇声を発してしまった。






樹林帯に入ると積雪量が多くなり、さらに快適なパウダーが待ち受けていた。
もう極上この上ない、ターンのきっかけだけで板が勝手に回ってくれるのだ。何の抵抗も無い。
久しぶりの快適滑降で、苦労が報われる。山スキーの喜びはここにあり!
存分にパウダーを楽しみながら滑るだけだった。




標高が下がると徐々に硬い雪に足を取られそうになった。徒渉地点は登りに使った地点より少し上流に、板を履いたまま渡れる地点があり、更に上流に立派な氷柱が見えていた。
登り返して下る時、板がクロスして大転倒してしまう。朝難儀した最初の斜面は既に大荒れ状態になっており、軽いデブリが至る所に発生していたが、慎重に滑って無事キャンプ場に帰った。14時45分着。

あとがき
快晴の中1400mの登りは疲れたが、それに見合う新雪パウダーに大満足して終了。
帰り道、宮春によって噂の定食を食べてこれも大満足、久しぶりに思い出に残る山スキーになりました。