【山行名】  :感激再現の四ッ岳
【日程】   :2008年3月9日
【山域】   :乗鞍山系 四ッ岳
【メンバー】 :伊能さん、のーきょーさん、しんさん、アウターさん、ごましお
          (会員外、いるかさん、えださん、まこっちんさん)
【行程】   :キャンプ場 6:20 〜徒渉地点 7:30 〜1750m 8:20 〜 2350m 9:40 〜山頂 11:5、11:40 〜
        山頂下ルンゼ 12:0、12:40 〜 1750m 14:0 〜キャンプ場 15:05

思わぬパウダーを楽しめた昨年に続き、今年も同じ時期に登ることになった。
今年は毎月登ると豪語していた伊能さんも悪天候には勝てず、今回で3回目の挑戦になった。
放射冷却の影響で今朝はすごく寒く感じる。




早朝の天気は、予想通り雲一つ無い快晴そのもの、朝焼けに染まる笠ヶ岳は何度見ても美しい。
平湯キャンプ場では、既に数台支度をしている。深夜出発したアウターさんも到着しており、今回我々は8人の今回大人数になり、ボーダーも居てフットワークが若干心配になる。
それに3日前に痛めた腰が何処まで保つか分からない。皆さんの脚を引っ張るような事態になりそうなら、潔く撤退する覚悟で歩き出した。6時20分出発。


既にしっかりしたトレースがあり、無駄が無く刻んである。最初の谷の急斜面を右へ回り込んでいて、先行者は地形を良く知っているのが伺える。ボーダーのまこっちんさんは出だしから遅れ出す。やっぱりスキーの浮力にはスノーシューは敵わない。
最初の台地に出て、前方の山容が見え始めた所でえださんを待つ。トレースはしっかり付いているので我々は先に行くことにした。
私の腰は、今のところ問題無いようだ。最後尾をゆっくり歩く。


7時30分 徒渉地点
トレースはドンピシャで氷柱が目印の徒渉地点に下りている。
去年より随分雪が多いので問題なく渡り、少し下って登り上げる地点が少し登り難いが問題は無かった。
尾根に乗って傾斜の緩やかな疎林帯を1750m辺りまで登り、少し右に折れると本格的な針葉樹林帯の登に入る。帰り道はここがポイントになったのだ。


8時20分 1840m辺り
歩き始めて2時間経過したので休むことにした。今年は雪が多いように見える。皆さん快調で、私も遅れず付いて行くことが出来一安心だ。登り出すと見覚えのある枯れた木を見つける。去年は時間が掛かったのに、今年は意外に早く着いた感じだ。

9時15分 2200m辺り
2000m辺りでアウターさんが遅れ出す、やっぱり1時間半の睡眠では体に堪えてるみたいだ。その内にしんさんに道を譲られてしまう。今年初スキーで運動不足を痛感すると言っている。のーきょーさんも風邪気味で何時もの馬力が無いようだ。しばらくして先行者4名(3名?)に追いつく。どうやら山スキーMLで拝見する飛騨のHさんが居ると伊能さんに教えてもらう。やっぱり人気のある山なのだ。


9時40分 2350m辺り
右にトラバース気味にトレースが付き、森林限界に近づくとトップが見えてきた。伊能さんがひょっとして去年もラッセルしてくれた松本のOさんではないかと言う、下で見ると確かに雰囲気が良く似ている。疑心暗鬼で追いつくと本人だった。
2年続けてラッセルでお世話になり、しかもほとんど同じ地点で再会するなんてことが起こったのだ。道理でトレースが的確だったのも頷ける。こんな事もあるのですね、少し感激しました。


10時10分 雪庇越え
伊能さんが先頭に立つと持病が出始めたのかスピードが落ちたので交代する。新雪の下にはアイスバーンが見え滑り始めたので、クトーを効かしながら登った。Hさんが雪庇を突破しているが見えたので、私も右に折れ突破すると去年感激した大斜面が現れる。
前回はここから苦しい登りだった事を思い出す。今日も息苦しいが、先週の篠山マラソンに較べるとまだ余裕があった。昨年カチカチのアイスバーンを蹴散らしながら登ったルンゼの入り口は、Hさんはツボ足で、私はクトーを効かせ雪煙を受けながら難なく登れた。


10時30分 山頂下ルンゼ
山頂から続くルンゼに入るか前回登った右斜面か迷ったが、Hさんにルンゼだと教えてもらう。上を見ると雪煙が巻き上がり強風が吹いている。寒いので後続を待つことにした。HさんOさんは直ぐに追い越して行き、続いているかさんが現れる。
皆それぞれに問題を抱えながらの登高になった中で元気者が一人、いるかさんは最近体質改善した効果が現れているようで、前回とは別人のような登り方だ。直ぐに見えなくなった。


11時5分〜45分 山頂
去年同様申し分のない天気だ。360度何処を向いても絶景が広がっている。自転車で登った畳平方面は氷の世界で輝いている。白山と笠ヶ岳から前穂高までの稜線の奥に槍ヶ岳。手前には十石山と展望は文句なし。HさんOさんと写真を撮る。Hさんの超幅広の板を初めて目にすると、私の板の2倍の幅に圧倒された。Oさんの板も今年は幅広だ、私も欲しくなってきた。


のーきょーさん、しんさんが到着。しんさん、2度目の挑戦で山頂を踏み感慨深いようだ。
後続の3人を待つ間に強風で冷えて寒くなってきた。
少し下ってルンゼで待つことにする。滑り始めるとアウターさんが山頂近くまで上がってきていた。


山頂下ルンゼ 12時0分〜40分 
山頂付近はシュカブラばかりだが直ぐに新雪に変わり、今回も快適な滑走が待っていた。
ここまで下りてくると日差しを感じて暖かい。待つ間にえださんも上がってきた。アウターさんが下りてきて、ボーダーを待つが途中で待っているようなので下った。

雪庇
まこっちんさんを発見。どうやらスノーシューの調子が悪く歩き難いらしい。
この下が一番のパウダー地帯だ。残念ながら既にシュプールが何本か刻まれているのが惜しまれる。大人数では仕方がない。



2200m辺り
各自思い通りにシュプールを刻み、雄叫びを発しながらフカフカのパウダー斜面を下りてきた。2年続けて味わえ満足だ。
一休みした後、伊能さんが仕込んできたGPSポイントを頼りに登りのトレースを横切り、東側にあるルンゼに向かっているとは後で知らされた。相変わらず準備の良い人だ。


1750m辺り 14時頃
ルンゼに入ると、幅は狭いが疎林になる。真っ新な雪面を最初に滑ると気持ち良い。余りに快適なので一気に下まで降りてしまい勿体なかった。次回もこの谷で遊ぶことにしよう。
GPSで確認し左斜面を大きくトラバースして、登ったトレースに復帰した。ボーダーはこのトラバースで苦労したようで、しばらく待つことになった。
後はトレースに沿って下るだけ。既に何本もトレースがあり間違えることはない。


駐車地点 15時5分
徒渉地点に下ると、流石に雪が重くなった。日陰になると一旦溶けた雪がもう固まり始めている。日に照らされた氷柱が青く輝いていた。
最後の谷の急斜面で、雪に埋もれた立木に脚を取られ、今日初めて大転倒してしまい、一瞬腰のダメージを心配したが大事に至らずに済んで良かった。


山では時折偶然の出会いがあるものだが、今回は正にそれだった。
快晴、新雪、再会があり、腰痛を心配しながらのスキーで感慨深いスキーになった。
何時までも記憶に残るだろう。