【山日記】   :焼山北面台地
【山域】    :頸城
【日程】    :2008年4月6日
【山行形態】 :日帰りスキー
【食料】    :行動食
【メンバー】  :伊能さん、いるかさん、ごましお

【行程】
笹倉温泉 4:20 〜 つづら折れ林道 5:30 〜 アマナ平 6:20 〜 北面台地末端 7:15 〜 賽の河原対岸 7:50 〜 8:40分岐 9:0 〜10:10 2060m地点 10:30 〜 12:20 焼山山頂 12:55 〜 胴付切戸 13:12 〜 分岐 13:40 〜 北面台地末端 14:20 〜 笹倉温泉 15:10

焼山は以前テント泊で挑み、外輪山までたどり着いたが、時間切れで撤退したことがある。2週間前の笈ヶ岳のハードな山行に続く日帰りチャレンジ第2弾として、最近体質改善したいるかさんも加わり焼山をリベンジすることになった。

前日の夕方に出発し途中のPAで仮眠を取り、早朝3時起床。笹倉温泉に移動すると4時前だった。駐車場には身支度を調えている人がいる、後で知ったが山スキーMLで良く見かけるHさんだった。
駐車場の明かりの下、我々も準備をした後出発した。
へっ電の明かりだけが頼りだが、思いの外明るい。後続の灯りが見えなくなったので、仕方なく橋を渡って待つこと10分、どうやら伊能さんがサングラスを忘れて戻っていたようだ。

つづら折れの林道は適当にショートカットの連続、まだ雪が硬くて緊張する、今年は雪が多いように思った。上部はトレースがしっかり刻まれているので比較的安心だった。



つづら折れを過ぎると焼山が現れる、今日は朝焼けで赤い。1時間半経過した標高950m地点で一休み。前方の奥に山頂が輝いている。



沢山のトレースがあり、すっかりメジャーなコースになったようだ。快調に歩きアマナ平に到着する。



アマナ平から北面台地に上がるコースを今回は手前から取ったがこれは失敗だった。通常のコースが正解だ。
登り切ると正面に焼山が登場する。前にテント泊した所であり、3回目だが何度来てもこの瞬間は素晴らしい。
特にいるかさんは、一度アマナ平で敗退した後なので感慨深いようだ。テントが一張りあるがもう出発した後だった。



火打ち、影火打ちと遙か彼方に聳えている。以前は、正面から右斜面をトラバースして外輪山に乗り上げたが、今回は私の提案で胴付切戸から挑戦することにした。前方に先行者が登っているのが見える。どうやら火打ちを目指しているようだ。
賽の河原に向かい、下部から谷に降り少し歩いて対岸に登ったがこれが一番簡単なようだ。



少し歩くと浅い谷があり、伊能さんは谷中を登り、私は台地を登ったが、ほぼ同着だった。やっと山頂の噴煙が視界に入った。振り返ると台地の奥に、日本海に伸びる頸城の山々が見渡せる。今日はヘリスキーが行われるので爆音がし始めた。



火打ちに向かう分岐で一休みする。思いの外順調に登れたので山頂が期待できそうだ。陽射しが強くなってくる。ここから先は初めてのコースになる、標高が上がっても風の無いのが幸いだ、台地が遙か下になってしまった。



胴付切戸手前でここから先のコース取りを考える。切戸を越して回り込むか、山頂を目指して直登するか迷った。前回外輪山から急斜面を滑った記憶があったので、回り込んでも一緒と判断し、上に見える大きな岩までこのまま登ることにした。
ところが、岩の前は雪が切れ落ちゆっくり出来ないし、上は傾斜が強くなっているのでアイゼンに履き替えた。
アイゼンを付けた登高は久しぶりで緊張する。先頭のいるかさんが大きくステップを切りながらドンドン登る、所属山岳会で鍛え上げられているだけあって慣れたもの。この傾斜と今日の雪なら雪山の初歩らしいが、二人はその歩幅に悲鳴を上げ小さくするよう頼んだ。直ぐにアイゼンに雪団子が付き始め一歩一歩が重い、堪らず伊能さんはアイゼンを外す。ビビリの私は怖いのでそのまま重くなった脚を持ち上げながらついて行く。下を見れば恐怖心が増すので足下を見ながら登るだけで精一杯だ、偶に団子を落とすが直ぐに付くのでまた落とすという修行が続いた。
噴煙も近づき傾斜も少し緩くなった所で大休止。大汗を掻きヘロヘロになりながらやっと休憩できた。今回の私の核心だった。



再び山頂と思しき所へ向かって歩くと呆気なく焼山のプレートを発見した。ヤッター!、山頂だ、8時間架かって辿り着いた。既にアイゼンの足跡があるので、テント泊の人ものだろう。我々が一度敗退した所から足跡があるので正面から登ったようだ、案外近いのでもっと前回歩けば良かったと伊能さんと話した。
焼山のプレートから、下方に北面台地、アマナ平、笹倉温泉方面が一望できる。



金山から雨飾山方面もバッチリで、奥に北アルプスもすっきり見渡せる。噴煙上がる火口からは火打山から右に妙高山まで稜線が望めた。こんなに天気が良いと嬉しくなる。名残惜しいが寒くなったので滑ることにした。




最初は緩斜面で急激に落ちてゆく。直登した斜面は無理なので、少し右に折れると切戸が底に見え、これなら転んでも止まる事が出来そうと分かり少し余裕ができた。ターンをする度に板で削られた表面の氷が落ちてゆく中を滑り落ちる。久しぶりの感触だ。切戸まで下りると一安心できた。
そのまま谷を滑ることにして伊能さんが偵察に下りる、どうやら問題無さそうなので私も続いた。振り返ると噴煙が随分遠くに見える。



そのまま快適な谷を滑ると、火打山のコースと合流した。既にトレースが4本刻まれている。雪質もこの辺りが一番良かった。
朝休憩した分岐まで滑ると雪質が重くなり始める。午後になり陽射しが強く暑くなってきた。



台地に下りるまでが最後のお楽しみ、味わいながら滑る。河原から台地に上がると雪が腐り非常に重たい。後は消化試合、直滑降するのみ。台地末端で最後の見納めをする。この時間になっても雲一つ無い、こんな天気に登れて幸運だった。登り5時間に対して下りは1時間半で下りてきた。

お別れの後は、なるべくスピードを落とさないようにしてつづら折れ林道の橋まで下りてくると、ヘリスキーのグループも反対側から大勢下りてきた。一日中音がしてたので相当人が滑ったようだ。駐車場に帰ると、近くの人に尋ねられ、焼山まで登ったと話すと感心された。
日帰り温泉に浸かり、久しぶりに登頂記念として糸魚川で特上ちらしを食べて帰阪。店主が岡山の人が少し前に食べて帰ったと話している。山スキーヤーにとってすっかりお馴染みの店になったようだ。親不知から高速に乗ったが、糸魚川と料金が一緒だった。

最後に
前回外輪山で敗退して、喉元にトゲが刺さったようで気になっていた焼山。ようやくトゲが抜けました。

                        ごましお