【山日記】   :立山雄山滑降
【山域】    :立山
【日程】    :2008年5月3〜5日
【山行形態】 :テント泊スキー
【食料】    :共同食2日分。行動食3日分
【メンバー】  :伊能さん、PINEさん、くりさん、薫さん、BAKUさん、のーきょーさん、ごましお

【行程】
2008年5月3日 快晴
立山 6:50 〜 室堂 8:10 〜 8:40 雷鳥沢テン場 10:35 〜 11:40 剱御前12:45 〜剱沢下部 13:33 〜 剱御前 14:30 〜 雷鳥沢テン場 15:0

2008年5月4日 快晴
雷鳥沢テン場 7:10 〜 富山大研究所 9:0 〜 御山谷2400m 9:40 〜 10:45 一ノ越 11:20 〜 12:15 雄山12:50 〜 雷鳥沢テン場 13:35

2008年5月5日 曇り雨
雷鳥沢テン場 6:40 〜 2790m 8:0 〜 稜線ケルン 8:20 〜 2790m 8:30 〜雷鳥沢テン場 9:0 〜室堂 10:20

2008年5月3日 快晴

今年の連休は5年ぶりで立山に行くことになった。前回は御山谷を滑り、悪戦苦闘して黒四ロッジに辿り着いた思い出が強烈に残っている。翌日立山川を滑ったのは、私の山スキーの原点になった。
今回もどのコースであれ私にとって新鮮だ。食材をたっぷりザックに詰め込んで立山を出た。



前回は雨の中、雪の大谷を通ったので印象に残らなかったが、今日は快晴で最高16mの壁の高さを見ることが出来た。室堂はいつものようにツアー客や登山者に大勢のスキーヤーも居て賑わっている。PINEさんの年季が入ったキスリングが目立っている。
毎度のことながら準備に手間取っていると、メンバーが見えなくなった。



滑り始めて最初のターンで荷物に振られて見事転倒する。やっぱり担ぎ過ぎた。
私はみくりが池から雷鳥沢のテン場に向かったが、メンバーは室堂山荘から下りるコースを選択したので、テン場でしばらく待つことになった。
整地後設営する間、陽射しで暖かい。半袖になりたいがなるべく肌を露出しないよう完全武装で剱御前を目指した。





肩の荷が軽くなったので、快調に雷鳥沢をシール登高する。高度が上がるにつれ息苦しくなるが、頑張って1時間で剱御前小屋まで登ることが出来た。稜線は風があったので少し下から後続のメンバーを待つ。それにしても景色が素晴らしい。



大休止のあと、剱御前側を少し登ったところから滑降開始する。正面の剱岳が大きく聳えており初めて目にする光景だ。快適斜面を振り返ると、刻んだシュプールに満足する。



剱沢小屋下から剱山荘が見える、まだまだ雪の中だ。剱沢下部までは時間的に無理なのでここで引き返した。



登り返して、雷鳥沢を滑る。午後になり快適ザラメで滑りやすい。眼下にテン場を見ながら各自ターンを決め下り立った。
今日のテン場はテントで溢れている、流石連休初日、いろんなグループで周辺も賑やかだ。

さあ、次は宴会の開始。先ずはカンパーイ!。担ぎ上げたビールは35本、日本酒2L、焼酎、ウイスキー。まぁ良くこんなに入れたもんです。道理で皆のザックがパンパンに膨れていました。
のーきょーさん持参の伊賀牛をメインに、PINEさんくりさんが手際よく調理して完成。ビール片手に山で牛のしゃぶしゃぶが食べられるなんて贅沢そのもの、ほろ酔い気分になり御馳走の写真を撮り忘れてしまった。
陽が傾くと一気に寒くなる、夕方になっても雷鳥沢を登るグループがいたが、小屋泊まりなのだろと一同話した。


2008年5月4日 快晴

夜中に起きて薫さんとトイレに行く。久しぶりに見る満天の星空で、今にも落ちてきそうでバランス感覚を失うところだった。真っ暗でテン場の帰り道を間違えてしまった。
PINEさんくりさんは、4時には龍王岳へクライミングに向かった。早朝から大勢のグループが雷鳥沢を登っている、剱に向かっているのだろう。昨夜は思った程寒くなかった。伊能さんによると今までで一番暖かいらしい。
我々も龍王岳に向かって登ることにした。



今日の雪面は堅くて登りやすい、途中から右に折れ浄土山との暗部から詰めると、早朝からの陽射しで緩んできた。快調に登って富山大の研究室に着くと正面に龍王岳が現れトレースが見える。PINEさ〜ん、くりさ〜んと叫ぶが返事がない。どうやら反対側に回り込んでいた頃だったようだ。



文句無しの大展望、北アルプスの主峰が望める。稜線は風があり、山座同定していると冷えてくる。



研究所から御山谷に向け滑降開始だ。出だしの急斜面を我慢すれば、程良い傾斜と今回一番の雪質で思い通りに滑れたと好評だった。2400m地点で滑るのを止める、下部に滑り降りても楽しくないからだ。一ノ越までシール登高する間にも沢山のスキーヤーが御山谷を下って行った。
一の越で御山から滑降するか迷った。天気は申し分ないし、雪も緩んできたので難度が下がっている筈だ、体調の悪いBAKUさん以外は、取り敢えずスキーを担いで登ることにした。



アイゼンを付け登り始めたが、稜線の道は雪が取れ反って歩きにくいので外して登る。大汗かいて登った御山山頂は3回目だ、、初めての雪の中の鳥居を目にする。今回も途中雷鳥が迎えてくれた。
先ずは、滑降開始地点を探す。鳥居横からボーダーが降りていったので観察すると、雪が緩んでおりエッジが効きそうだと判断した。どうやら我々の技術でも降りられそうだ、伊能さん、のーきょーさん、薫さんも横滑りならなんとかなりそうだとの意見だ、よし滑降決定!!!



高鳴る鼓動を感じつつ、今年一番の大勝負を前に喉を潤す。皆決戦に備えて緊張した面向きだ。もし転倒した場合のことも想定しながらビンディングを締め込む。皆揃ったところで鳥居横に移動して、周りの人達の視線を感じながら私が先陣を切る。
いざ落ちん!!!
出だしの狭いバーンをジャンプターンで降りると、勢いが付いてきたのでエッジを効かせてスピードを落とす。緩んだ雪だから可能だが、硬い雪だと谷底まで一直線だろう。次は左の広い斜面に向かって少しの間急斜面が続く。それを過ぎて後続を待つ。
無我夢中だったが気持ちの良い瞬間だった。
伊能さんが横滑りするのが見える、慌ててデジカメを取り出したのに、手が震えて震えて良いショットが撮れない、膝もガクガクして全身身震いしている。その間に大きくターンを決めながら落ちてきた。次はのーきょーさん、横滑りの後慎重にターンを決めている、山スキー再開2年目にして立派なもの、転けずに降りてきた。最後は薫さん、横滑り後「○○××」言葉にならない声を発しながら転げずに降り立つ。各自最大の難所を越して一息できたようだ。
更にローソク岩まで滑り降りると滑った斜面が一望でき嬉しかった。



ローソク岩を越すと、斜度は更に緩む。ここまで来れば大丈夫だ、後はテン場まで快適な大斜面を降りるだけ、各自思い思いに滑り降りた。テン場から振り返ると、御山山頂下にシュプールが刻まれている、それぞれ自分の足跡を山崎カールに刻めてメンバーの顔も笑顔で一杯だ。
時間はまだ十分早いが、この1本に集中したこともあり再び登り返す気力もなく、真っ青な空の下、一面の銀世界の中に、動く登山者やスキーヤーを鑑賞しつつビールを飲んでリゾート気分に浸った。直ぐにBAKUさんも帰って来て、山頂のギャラリーがずっと我々を見ていたと教えてもらった。PINEさんくりさんの帰りを心配していると、室堂経由で斜面を颯爽と滑って帰ってくる。最後は脚が上がらず手で持ち上げたと体力の無さを嘆いていた。
やがてビールも底を着き、薫さんが雷鳥ヒュッテに買い出しに走る。持ち込んだ食材は、PINEさんの手にかかり豪勢な肉うどんの出来上がりとなった。大自然に囲まれて酒と料理、滑降話で盛り上がり弥が上にも宴は続いた。


2008年5月5日 曇り雨

昨夜もそんなに寒くなかった。天気は下り坂なので近場を滑って下山することにする。
昨日正面劇場と名付けた真砂岳からテン場に延びる斜面を滑ることに決定。PINEさんくりさんは早めに撤収した。



のーきょーさんと私は、左のルンゼから稜線に向かったが、最後急斜面になり緊張する。3人は斜面を登る、こちらが正解だった。
稜線に近づくとガスが出始め視界が無くなった。2人で稜線のケルンまで登り3人に待ってもらった。稜線沿いに付けられたトレースを見ると、大汝山から剱御前まで歩いてないのでそのうち辿ってみたい気持ちになる。後方に霞がかった富山湾を初めて見ることが出来た。



正面劇場は予想以上に急だった。幸い今朝は雪面が緩んでいるのでしっかり板を回せる、3日目になると脚が張って動きが悪い、転けそうになった。下部は縦溝に注意しながら滑ると直ぐにテン場に降り立った。

今にも泣き出しそうな空になり、テン場の撤収を終え室堂に向かうが、再び重くなったザックで登り返すだけで一苦労する。
例によって大混雑の室堂で先発のPINEさんくりさんと落ち合い、満員のバスに乗り込んで下山した。
簡保センターで入浴後、富山市内のきときと寿司で、回転寿司とはいえ活きの良いネタに舌鼓を打ち、楽しかった立山スキーが終わった。

シーズン最後を飾った今回のスキー、こんなリゾート気分満載のスキーも大勢行くと楽しいですね。更に、前から滑りたかった山崎カールを滑走でき大満足です。同行した皆さん、有り難うございました。

P.S. 伝説の前回の合宿より、酒の量は上回のだろうか?

                         ごましお