【山行名】  :4回目の猿ガ馬場
【日程】   :2007年3月17日
【山域】   :奥美濃白川郷 猿ガ馬場山
【メンバー】 :伊能さん、パルプさん、ごましお

今週は気温が低く、天気予報でも冬型が続いていたので、新雪を期待して白川村に入ったが、期待外れの積雪量に一目見て転進決定。困った時の猿ヶ馬場山にした。




取り付きには既に先行者の車が5台もあり、我々の車で満車になる。
7時20分遅い出発になった。今年の積雪量では無理かと思われたが、意外にも車から板を履いて登れる。トレースは何本もあり、すっかりメジャーな山になった。私は堰堤に向かい手前で林道に上がった。
最初の分岐から直上すると、例年なら林間を進めるが、今回は林道に沿って登ることになる。




下の林道から上の林道に上がる谷も木が多く出ており登り難い。先行者のトレースを使うと滑るので少し外ながら登ると疲れる。去年と比べて、途中のアンテナの出具合から2m少ないようだ。




上の林道に上がって少し休む。そこから急登を登って尾根に上がり、トラバース気味に進む辺りは、ブナの大木が多く何度来ても気持ち良い。先行者のトレース、は私のイメージと違うので参考になった。大きく巻いて帰雲山の手前に出ると、新しくアンテナが立っている。ここまで3時間経過した。




小休止すると風で寒い。帰雲山の下からトラバースが始まり、大きく巻いて稜線に出る辺りから、ガスが切れ始めて山頂が現れた。適度な新雪を踏みしめ、樹氷を見ながらの登高は気持ち良い。




11時45分、山頂手前のトラバースも何時もより大周りして到着する、4時間20分と今年は少し時間がかかってしまった。
例年は雪で隠れている山名板も見え雪の少なさが実感できる。今回もすっきりした展望に出会えず残念だ。
富山から来た先行者も休憩しており、先々週は四ツ岳に登ったらしく、今年は世間が狭いと談笑して別れる。




さあ今度は下りだ。新雪で板が滑らないが雪質は上等だ。少し下って、山スキーヤーと遭遇した。
メーリングリストで見る人達で、共通の知人がいることも判明して、またまた世間の狭さを知る。
今日は滑りやすいので、軽く後頃をとりあっという間に帰雲山まで下って、登り返すと一汗かいてしまった。
例年なら雪で屋根が覆われている中継小屋の屋根の上も少ない雪だ。お楽しみの斜面は木が多いが、しっかり楽しむことができ満足する。





次のお楽しみのブナ林の滑降も、例年にない新雪で軽くターンが決まって楽しむことが出来た。
先週に続きやっと山スキーらしくなった。一同何回来てもハズレが無いと納得する。
上の林道まで下ると流石に少し雪が重くなり抵抗が増え始めた。




下の林道までは、例年なら重い雪で、初心者は悪戦苦闘を強いられるが、今年は大丈夫だ。
やや重くはなったがまだまだ滑りやすい。
後は林道を忠実に下るだけで良い。トレースは硬く踏みしめられてスピードを調整するのに若干苦労する。
適当にトレースから外れて新雪を滑って調整すれば難無く終わった。15時30分だった。

山スキーを始めてもう4回目になってしまった猿ヶ馬場、何度来てもそれなりに楽しませてくれる山です。
帰り道のトロロステーキにも当然ながら寄って、新規開拓すべく立ち寄った豆腐屋が、店じまいしており課題が残った今回の遠征。スキーも温泉もトロロも満足した一日だった。

生涯何度登ることになるのだるうか?