【山行名】  :乙妻山日帰りスキー
【日程】   :2009年3月21日 快晴
【山域】   :北信
【メンバー】 :のーきょーさん、ごましお 

【行程】   :林道取り付き 6:0 〜左渡山鞍部 7:40、7:50 〜出合 8:30、8:40 〜 1850m地点 〜 9:40、9:50 〜 2190m地点 10:50 、11:0 〜乙妻山山頂 11:30、11:50 〜 高妻山鞍部 11:56 〜2020m地点 12:8、12:28 〜 出合12:45、13:0 〜 左渡山鞍部 14:0、14:15 〜 林道取り付き 14:50


この連休はのーきょーさんの企画に乗り、乙妻山に行ってきた。
聞き慣れない山だったので場所が分からず調べると、長丁場になった報告があり、1泊してるパーティもあった。なかなか手強そうな山である、登頂出来るか分からないが挑戦してみることになった。
天気予報では連休初日より2日目の天気が良いらしい。当然照準を合わせて出掛けた。

前夜集合し北陸道を一路信濃町ICを目指して車を走らせる。星空が見えており今夜は放射冷却が予想される、外気温も1月に来た時より下がっていた。上越道に入ると雪が現れ始める、暖冬とはいえ流石に妙高である。

SAで仮眠を取り5時に出て林道取り付きの大橋に向う。やはり寒い、外気温は氷点下になっており、木々に霧氷が付着している、スタッドレスタイヤを交換しなくて良かった。
大橋には既に5〜6台の車があるが、ガラスに霜が付いてるので昨日入ったようだ。我々の直ぐ後に大阪ナンバーの車がやって来て4人組が先に出発していった。



6時、予定通り出発する。既に沢山のワカンやスキーやツボ足の足跡があり大勢が入っているようだ。のーきょーさんは今回細板で挑むが、どうやら今年買い換えた靴とビンディングの調整が上手く出来てなかったようで、調整しながら歩くことになった。
行きなり林道の分岐を右に取って引き戻り5分のロス、なんと左には橋が有るではないか!前途多難だぁ。。。



       徒渉地点を振り返って       

鞍部 7:40
鞍部手前の尾根にトレースが続いており忠実に辿る。朝日が差し始めサングラス無しでは眩しくなったので早めに装着する。尾根上部でトラバースすると鞍部に到着。固い雪面で思いの外歩けた。
テントが2張り、いたって静かだ。風の通り道のようで冷気に当たっていると汗で体が冷たくなってきた。
今回の核心は、出合までの徒渉にありそうだ。報告では右岸を出合まで下降し対岸に渡ったものや、上流から左岸に渡りそのまま出合まで下ったものがあり選択に迷った。
取り敢えず谷まで下り徒渉地点を探しながら下降することにする。
上流に渡ったトレースを発見するが、余りにも早いので川沿いに下る。数カ所大きな枝谷が入るので迂回しながら下り、対岸から帰って来たようなトレースを見つけた。立派なスノーブリッジで問題ない。
下流は川幅が広くなってる気配がしたので安全を期し渡ることにした。結果的にこの選択で大正解だった。
左岸のトレースを追うと1カ所切れたった斜面が現れたが、知らぬ間に林道を降りていることに気づきそのまま出合まで一気に進めた。
右岸の方は、更に傾斜が強くなり高巻きしないと降りられないだろう。それに時間的にまだアイスバーンなので滑落もあり得る。上で渡って良かったと2人で安堵した。

出合 8:30
シールを再び付けていると、対岸を4名(?)のスキーヤーがズリズリ音を立てながら降りてきた。どうやら先行したパーティのようで徒渉地点を探している模様だ。しばらくすると女性の悲鳴のような響きが聞こえたと思ったが空耳だったかも知れない。
結局そのパーティは休んでいる間姿を見せなかった。



標高1850m地点 9:40
絶好のスキー日和で、正面に目指す斜面が見え始めると自然にペースが速くなる。まだ雪が固くて進み易いので助かった。緩斜面を過ぎると前方に4人パーティが見え始める。どうやら出合にあったテントの主達だった。



標高2190m地点 10:50
斜度が徐々に強くなり風も出てきて、茶色がかったアイスバーンと雪が載った雪面に変わってくる。先行パーティを追い越すと板が滑るようになった。正面にあるアイスバーンを避け右側の谷筋にある新雪を登るが、小さなデブリがあり気持ち良いものではない。左にトラバース気味に進路を変え途中の疎林帯で待ってると、のーきょーさんがツボ足で登ってきた、どうやらシール不良で切り換えたらしい。
そのまま直登気味に稜線を目指しておりノンストップで行ってしまった。



稜線直下
私はクトーを一番下まで下ろし氷を蹴散らしながらほぼ水平にトラバースして稜線を目指す。笈ヶ岳以来の本格的トラバースだが、今日の方が雪面が固いので神経を使う。稜線直下はカチカチで一瞬滑りそうになったものの何とか持ち堪えられた。このバランス感覚はクライミングでスラブを登っている感触そのもの、思わぬ所で役に立ってくれた。



山頂11:30、11:50
稜線に出ると風も強まった。高妻山からの稜線が現れその奥に北アルプスの稜線が見渡せる。
のーきょーさんもアイゼンが無いので固い雪面に手こずったようだが、直ぐに上がって来た。
山頂と思われるピークがヤケに遠い、それに息苦しさも増してきた。年々高度に弱くなってると実感してしまう。偽ピークの奥になだらかな山頂があった。
ふぅー。。。、やっと到着だ。予定より1時間早く着けて満足満足、360度の大展望が待ち受けていた。
快晴の下、雨飾山から妙高の稜線を望めるだけでも値打ちがある。頑張った甲斐があった。
追い越したパーティも着いて写真を取り合う。出合の徒渉は例年なら大丈夫らしいが、今年は雪の量が少ないので渡れないと教えてくれた。朝のパーティは大丈夫だろうか?
日差しがあるものの風で体が冷えてきたので風の無い所まで下ることにした。



2020m地点12:8
鞍部までは直ぐだ、稜線直下のアイスバーンはやっと表面が溶け出してターンも出来そうだ、のーきょーさんが先に突っ込む、ターンの度に割れた雪片が流れ落ちている。傾斜が結構急なので気合いを入れって滑り出す。ジャンプターンでアイスバーンを抜けると、新雪が載った雪面を選んで滑る。しっかりターンが決まりだし快適な斜面になってきた。
風もやっと治まったので大休止だ。止まると日差しで暖かくなってくる。妙高の斜面を見ながら休むと気分爽快になる。



出合12:45、13:0
緩斜面から振り返ると我々のシュプールだけ、これぞ山スキー!至福の時です。
ほとんどノンストップで降りてきた、2人だと速い。休憩しても1時間掛からなかった。
次は心配してた本日3回目のシール貼り、塗り足した糊の効果か問題なく貼れる。雪が腐ってなかったのが大きいだろう。
しかし、気温も上がり雪が重くなって鞍部までの登り返しが気分的に遠い。

鞍部14:0
徒渉地点から最後の登り返しでバテました。用意した水もほぼ飲み尽くしてしまった。やはり暖かくなって消費量も増えてきた。
予定の時間より随分早いので時間調整する、無風で暖かい。

林道取り付き14:50
適度に緩んだ粗目雪で滑りやすい。本日滑った跡が何本かあるので避けるようにして滑る。
林道まで降りると登山者かツアー客か分からないが数人追い抜いて帰り着いた。
駐車場付近にはマイクロバスが数台止まっていたのでツアーで周辺を回っていたようだ。

最後に疲れが出たが、久しぶりに会心の山スキーだった。
翌日は三田原山のつもりが、朝から雨と強風が予想されたので素直に帰阪しました。

P.S.
当日泊まった山荘の食事は、質量共に驚きました。特に山菜料理がとても美味く味わえて大満足。手配してくれたのーきょーさんに感謝します。