【山日記】 池郷川中部ゴルジュ
【山域】  :大峰 池原
【日程】  :2006年8月6日(前夜発)
【山行形態】:日帰り沢登り
【食料】  :行動食
【メンバー】:あいかわさん、ごましお

前夜に私の家近くであいかわ家と待ち合わせる。半年ぶりに見るYO−君は首が座りしっかりしてきたね。荷物を積み替え一路下北山に向かった。

起床 5:20
寝不足のあいかわさんは、往路も到着後も暴睡していた。外は快晴、梅雨明けから天気が良い。
軽くお腹に入れて林道に向かった。

林道発 6:45
林道をしばらく上がり、モノレールの横に駐車場所を見付けた。主の居ない名古屋ナンバーの車が一台止まっている。装備を確認して我々も出発する、降り口にはテープがあり分かりやすい。後続の車もやって来た、人気のある川ですね。

吊り橋 7:10
モノレールに沿って下ると、古びた吊り橋が見えてくる。左岸に渡りニコニコ滝上の川床に下ると、行く手には大きな岩で塞がった横を川水が流れている。ここから遡行開始だ

石ヤ塔下 7:40
大岩を縫うようにして歩くと、前方に石ヤ塔が青空に聳えている、写真で見るより迫力だ、なかなか絶景でした。一カ所巨岩で被われ行く手を阻まれる所は、左岸に巻道がある。

ゴルジュ前 8:0
大岩の歩きも疲れたので一休みしようと、平になった岩に乗り上げたら、そこはゴルジュの入り口だった。切り立った壁が左右から張り出し、前面の淵から泳ぎの開始だ。ライフジャケットを着込んで覚悟を決めて突入する、思った程水は冷たくなくて少し安心した。

チョックストーン 8:14
泳いで後3m滝を越すと、巨岩が谷を塞いでいる。報告に必ず登場するチョックストーンに着いた。う〜む、デカイ!!。CS滝とも呼ぶらしく、ルートは岩を くぐり、右岸を登るはずだが、前年の報告にあったボルトの残置が抜かれていた。相方はショルダーとナッツで上がるが、私は左足のホルドが無いので四苦八苦 して越える。そうこうしている中に、後続パーティがやって来た。

5m滝上 10:13
大岩を泳いで回り込む。次の5mも残置は取り除かれ、ボルトが抜かれた大きな窪みが印象に残った。ここから人工登攀の始まりだ、相方は左のクラックをカ ム、ハーケン、ナッツを効かせアブミで徐々に上がっていく、乗り越して支点作りをしていると、後続が追いついてきた。コールまで暫く待たせてしまった。私 は、今回アブミの使用とハーケンの回収が初めてなので若干心配だが登るしかない。取り付いて最初のハーケンは無事回収でき、良く効いた2本目の回収に手間 取ってしまい随分後続パーティを待たせてしまった、申し訳ない。ナッツも回収したが、体勢が崩れた状態では非常に疲れる。なんとか右足を乗り上げて通過出 来た。下を見ると後続がハーケンを打ち込んでいる、5人が待機してたが通過には時間が大分かかるだろう、このあと後続を見ることは無かった。

開けた所 10:30大岸壁
淵を泳いで谷が明るくなったとこに小滝がある。この先には長い淵の泳ぎがあるので、ロープを出して相方に行ってもらう。

ネジ滝 10:43
途中からロープを回収して今度は私が先行する。切り立った岸壁の間を泳ぐなんて初めての経験だ。この1週間、晴天が続きかなり少ない水量でも流れがそこそこある。もし水量が増えれば、と想像するだけで恐ろしい。長い淵を泳ぎ切り小滝を越すと、大釜を備えたネジ滝が現れる。

今回の最初の核心だ、いろんな報告のとおり、泳いでクラック下にアブミを掛けテラスに登る。次に人工を使い直上する、強度不足の残置ハーケンと新しいボル トとハーケンがあった。相方はハーケンを足して直登して、傾斜がスラブになるあたりで止まっていた。カム(ナッツ?)を追加してスラブを登り切ったよう だ。私はここで大失敗してしまった。回収する時、支点のロープを解かずハーケンを抜いたので、カラビナが団子になって引かれてしまい上の支点と絡まり難儀 した。無理な体勢で解いたので落ちそうになったが、何とか作業ズボンが引っかかり持ちこたえた。スラブも高度感があり怖い思いをした。
滝上も微妙なスラブが続き滑り易そうなので、そのままロープを出す。トラバースして安全な所まで少し上がる時一瞬足を滑らせ落ちたが、そこは安全地帯で難を逃れた。

大又谷出合前 12:17
谷は明るくなり小さな淵が数カ所あったが、どれも乗り上げが難しく渋い遡行が続いた。一度はお助けヒモで引き上げられ、二度目は足場に使ったアブミをルート上に落としたが直ぐに回収できた。谷は右に折れた淵になり泳ぐ。

斜暴5m上 12:48-13:10
淵の終わりに来ると、その先にも淵があったので続けて歩いてしまったが、相方はここが出合だと言う、取り敢えず淵の先に見える左岸から直角に落ちる斜暴ま で行くことにした。階段状の岩に乗り上げると、谷が今度は直角に左に折れている。その先には暗い長い淵があるので日が当たるここで休憩することにした。

トイ状10m滝 13:21
流れの速い淵は水も冷たく泳ぎも疲れ始めた。しばらく行くと左岸から立派な釜を持った2本の滝が現れる。釜の流れは速く右岸に波も出来ている。報告通り右 岸をヘツリ、滝の左に乗り上げるが、足場が無くて苦労した。左から滝横に出て直登して落ち口上にでた。ここで私は経験不足を露呈してしまう、回収作業は順 調に進み、新しいボルトが滝横にあって、その上に工作したナッツがなかなか回収出来ない、グラグラするが抜けない、体勢が悪いので諦め相方に取りに降りて もらうことにした。これで約30分タイムロスしてしまった。
滝上には到底登れそうにない厳しい滝が控えている。躊躇することなく右岸を高捲くことにした。

右岸高巻き 15:0
ビレイ支点を取りながら直登して安全地帯に入ることができた。念のためロープを出したままで懸垂下降の降り口を探した。滝上に出るようなところを求めたがなかなか見つからずドンドン上がってしまった。

川床 15:40
ロープの絡まりを取ったり、懸垂のセットをしたりして結構時間がかかった。ロープが川床に届いたので降りることにする。ほぼ垂直の岩盤を慎重に降りて再び川床に降り立った。トイ状滝から2時間半もかかり予想外の高巻きになった。

ゴルジュ終了 16:0-16:25
最後の小滝を右岸から越すと、前方に広々とした河原が現れやっと長いゴルジュが終わった。相方と硬い握手で祝う。暑くなったので、ウエットスーツを脱いだりして大きく休んだ。私は着てない。

大又谷 17:20
5分ほど河原を歩き、最初の右岸の不明瞭な谷を登るが、なかなか道らしきものが出てこない、不安になる頃、標高715m辺りまで登ると左手に道の石垣が現 れた後は、その小道を辿る。所々流れており、ルートを見失いそうになった。薄暗闇では難しいかも知れない。大又谷に降りると対岸の道が分からない、上流に は砂防の様な人工物があるので道は残っている筈だが分からない。割れたビンがあるところから尾根を直登すると、道らしきものがあったが見失いそのまま林道 まで尾根を直登した。

駐車地点 18:0
林道を下ると直ぐにゲートがあり、遥か下の大又谷出合を覗いたり、石ヤ塔の岸壁を見ながら下って無事に戻って来た。それぞれ蛭を一匹携えていたのであった。

あとがき
最初この話がでた時、人工登攀の経験がない私が付いて行けるか悩んだ。今の私の実力では不相応な谷であることは間違いない、だが行ってみたい気持ちが勝っ てしまった。無理だと思ったら潔く引き返すつもりで出発した。遡行できたのは、あいかわさんの登攀技術と天気に恵まれ水量が少なかったことが大きい。