★徳島ラーメン概要★

★徳島ラーメンの歴史
・戦後間もないころ(昭和24年ころ)小松島の屋台から現在の小松島系(白系)が始まったと言われている
・昭和20年代後半から小松島から徳島市に広がり、小松島系(白系)が発展。同時に現在の支那そば系(黄系)も独自に発展する。
・昭和30年代末に現在の徳島ラーメン系(茶系)が「ばら肉」と「玉子」で人気を博し、発展していく。
・平成11年に新横浜ラーメン博物館が「いのたに」を誘致し、「徳島ラーメン」が全国区になる。
★徳島の中華そばとは
上記のように3種類に大別される。基本的にはどれも醤油豚骨系のスープである。
★徳島ラーメン系(茶系)・・・「濃口醤油」または「たまり醤油」などを使った濃い茶色のスープ。豚ばら肉や生卵も入る。
徳島ラーメンの元祖は「いのたに」「広東」。徳島ラーメンと言えば、濃厚な甘辛味が特徴であるが、両店とも現在は昔に比べあっさりマイルドなスープになっている。典型的な味と言えば「春陽軒」「やまきょう」「たかはし」「麺族」あたりでしょうか。さらに、魚介を加えた「王王軒」王者ー23」「田村」や無化調の「阿波屋」、あっさりスッキリの「巽屋」「青空」「一力」などもある。またここ最近、とろみと香ばしさを出した「東大」「ひろっちゃん」「よねだ」「どん」「立春軒」などの店が増えている(→新徳島系)。逆に昔ながらの徳島ラーメンとしては「名東軒」「多家良家」「末広」あたり。昔から羽ノ浦辺りに何軒かある醤油を際立たせた「羽ノ浦中華」などもある。立地的には徳島駅近くだと典型的な味である「萬里」が便利。逆にディープな場所にあるのは「美渓」。川がせせらぎ、鶯も鳴くロケーションがいい。徳島市内か板野郡に集中しており、それ以外の地域にめぼしい店がほとんどない状況。
★支那そば系(黄系) ・・・鶏がらや野菜なども使った薄茶色のスープ。
昔からの店としては「銀座一福」「よあけ」が有名。ただしシニア向けの味である。典型的な味としては「いもお」「かわい」「にけんや伍長」あたり。またマイルドクリーミーな「可成家」「まるふく」「うえたい」「お々原家」、マイルドでとろみのある「猪虎」やその派生系の「うりぼう」「大河」「虎子」なども出てきている。徳島県内全体的にあるが、人気店は徳島市内に集中している。
★小松島系(白系)・・・豚骨に「薄口醤油」または「白醤油」などで味付けした白色のスープ。
昔からの店として小松島の「岡本中華」「カサイ」「松本」が有名。また鳴門の「はんだ」「さとみ食堂」も昔からの店。小松島系はとかくシニア向けの味であるが、若者向けとしては「三八」や「」の支那そばなどがある。ほかに取材拒否の名店・吉野川市の「光軒」やほとんど野菜だけで出汁をとっている阿南の「吉田屋」などがある。なぜか徳島市内に小松島系はほとんどなく、その周辺の地域に点在する形である。また「もりしょう」「赤跳馬」など徳島ラーメン系と小松島系の両方ある店もある。
★その他
醤油豚骨系
 上記のラーメンには含まれない醤油豚骨系のラーメン屋も徳島に多く存在する。「ふく利」「来来」「金剛」「もり」「西食」「くにおか」「王将」「福福」などが人気。
京都ラーメン系(≠京風)
 「将軍」のような京都ラーメン系(醤油豚骨)の店もある。また同系のラーメンの「峰太郎」「公太郎」「タケちゃん」はボリュームも売り。また2009年に滋賀に本店がある京都系ラーメン「来来亭」が、2010年に超こってりスープの「天下一品」が開店した。
九州豚骨系
 久留米ラーメンの「うちだ」、宮崎ラーメンの「頑徹」などがある。
つけ麺
 東京で人気のあるような魚介系つけ麺がある「SOUPNUTS」が開店以降、徳島でもつけ麺の店が出てきている。魚粉を使った「つけ麺ぼうず」「牟岐55ラーメン」、大勝軒系の「麺屋六根」、徳島ラーメン風つけ麺がある「まるたか」などがある。ただし、徳島で極太麺を扱っている製麺所がないせいか、極太麺の店は少ない。
塩・味噌ラーメン
 それまではなかったが、味噌ラーメンメインの「麺屋國丸」や、塩ラーメンメインの「りょう花」「久保田」が開店した。
独特のラーメン
 痛烈に胡椒を利かせたタンメンの人気店「味宗」、背脂とにんにくをきかせた「土佐」、白・赤のスープがある「鈴江ラーメン研究所」、白・赤・黒のスープがある「麺屋ばり天」、東京ラーメンをうりにした「麺屋藤」、和風ラーメンをうりにした「上手かもん」、和風豚骨をうりにした「はるき


戻る