Home へ


SJC-D の資格を取ろう!
SJC-D(Sun Certified Developer for the Java Platform) 資格の受験対策

SJC-D ってどんな資格?



●SJC-D 受験の前提条件は?

SJC-P (Sun Certified Programmer for the Java 2 Platform) の資格を取得している必要があります。 SJC-P 試験を持っていない方は、そちらを先に取得しましょう。

SJC-P 資格取得の流れについては、こちらをご覧ください。

また、課題の受け取りや提出などのやり取りは全てメールを介して行うため、インターネット環境も必須です。 まあこのサイトを見れている時点でこの条件はクリアしているかと思いますが・・・。

●SJC-D の試験内容は?

試験内容は、以下の2つです。他の SJC系の試験と異なり、マークシートではありません。
  • プログラミング課題
  • 小論文
まずはプログラミング課題を提出し、その後に試験会場にて小論文試験を受けることとなります。
SJC-D 試験の詳細は、こちらをご覧ください。

SJC-D 試験概要

●SJC-D の難易度は?

かなり難易度は高めです。Java をある程度実務で使用した経験がないと厳しいでしょう。
ある程度の Java 経験者が、およそ 90〜120 時間をかけることが必要だと言われています。
SJC-P と比べると難易度に大きな開きがあります。

●SJC-D 受験の流れは?

この資格は、SJC-P 等の他の資格と異なり、Sunのホームページにおいて直接申し込む必要があります。
詳しくは こちら(Sun認定Javaディベロッパお申込方法) に書いてありますが、以下ざっと流れを説明していきます。

1.SJC-D 受験チケットの購入

SJC-D の受験には、受験チケット(バウチャーチケット)の購入もしくは、受験料の銀行振り込みいずれかが必要です。 銀行振り込みをされる方は次の手順 「2.SJC-D 受験申込」に進んでください。 Sun のホームページで買う事ができますが、NEC 研修サービスで買うと定価よりも安く買えます。

SJC-D バウチャーチケット購入

2.SJC-D 受験申込

まずは、以下のサイトに行きましょう。

SJC-D 申し込み方法

ここから申し込みを行います。個人情報を入力しましょう。登録者IDの欄には、アールプロメトリックの受験者IDを入力します。 また、バウチャーチケットで受験する方はそのチケット番号の入力を忘れないようにしてください。

上記入力後、今度は SJC-P 取得の証拠として、スコアシートもしくは SJC-P 認定証を FAX します。 あて先はこちらになります。

→03-5717-4810

また、バウチャーチケットでの申込をされていない方は、この後に請求書が登録した住所に送付されてきます。 受け取ったら、銀行振り込みを行いましょう。

3.SJC-D 課題の受け取り

申込完了後、1週間以内に(大体2〜3日で)課題がメールに添付されて送られてきます。 まずはバックアップを取りましょう。うっかりファイルを消したりしまっては大変です。 課題を受け取ったら、付属の説明書をよく読んでから課題に取り掛かりましょう。

4.SJC-D 成果物の提出

課題が完了したら、その成果物を提出する必要があります。提出形式は課題に付属の説明書に従ってください。 提出先はこちらになります。

提出先

5.SJC-D 認定証の受け取り

SJC-D 受験後、合格の場合は、数ヵ月後にアールプロメトリックにて登録した住所に認定証が送られてきます。 これであなたも Java の開発者として一人前だと認められました。お疲れ様でした。

SJC-D の資格を取ろう! homeご意見等