memo◇memo

TOPへ戻る

ψ ψ ψ  アニメ・人形劇 ψ ψ ψ

ゲームシリーズで、まとめてます。
アンジェリーク 声の出演《塩沢兼人》というのにつられて買った。しかしはまったのは炎の守護聖オスカーだった。私にしては珍しく1時間でちゃんとやめられるゲームだった。友人に貸したところ、「やった女王になったよ♪」と電話が…。まさかまともにクリアー目指す奴が居ようとは…。

 初めてのとき、ランディに告白してしっかり振られて、元々嫌いだったけど益々嫌いになって、今だにああいう爽やか系のキャラは嫌いだ!!。人生で初めてコントローラーを投げ飛ばしそうになったゲームでもあった。


ウィザードリィ 誰に聞いても上位《忍者》は、まっぱ(裸)らしい…。とりあえず方向音痴には厳しいゲーム。「灰になった」り「失われたり」またまた、復活の際手持ちのお金が足りなかったら、「出てけ!!この不信人者がぁ!」と怒鳴られて、教会に不信感を持つしか無い上に、《ボッタクル商会》のオヤジも何とかして欲しい。

幻想水滸伝 興味はあるが毎回手が出せない作品。
 登場人物が多いので、お気に入りの人間が必ずいそうな気がする、だから今度こそやりたいなあ。

 ゾラックという人物がいたので、他の良くある名前の人物少々と共に追加。

 ってゾラックって、あんまり日本人が《素》で思いつく名前じゃないと思うんだけど…。
 てことは…やっぱり。
 ああ気になる、誰ですか、誰なんですかこの名前付けた人。原因…じゃない、出典は…「ガニメデ…」なんですか!。ああ気になる。


サガフロンティア RPGなのにSLG的な要素が楽しめるゲーム。ゲームは画面は3Dで無くて2Dでも、全体の雰囲気がよければOKだと思ういい例。円盤になってから始めた。

ファイナルファンタジー シリーズ中、とびとびでやってる超有名RPG。バトルが楽しいの〜♪。

ファイヤーエンブレム ファミコン時代遊びまくったゲームの一つ。初回プレイの時、盗賊のジュリアンが思いのほか活躍して笑った。

 まず力は無いものの、速さが勝り2回攻撃、すると結果は力のあるナイトと同じくらいの攻撃力になるし、運が良すぎて敵の攻撃なんてさっとかわす。ドーピングにより技を上げ「銀の剣」なんかを持たせてからは、ほぼ無敵状態。ま、敵の攻撃を避けきれないと一撃で死ぬんだけど…。とにかく頼りにしてました。ジュリアンの働きっぷりに、確実に幸せになるであろうレナが羨ましかった 。
が、そんな無敵の彼は2回目以降二度と現れなかった…。セーブデータおいときゃ良かったわと大後悔。

 裏技試し中、ガトーさまが張り付いて、床の模様になってしまったのも2Dらしくていい思い出なり。

 ゲームの難易度としてはかなりぬるいが、思い通りの展開が出来てとてもはまる。初回のジュリアンならマルスと2人クリアーも夢ではなかったかも、と思うとかなり悔しい(笑)。FC時代の少人数クリアーは、仲間を皆殺しにすることから始めなきゃならず、鬼プレーヤーの異名を貰った。

 外伝はマリクとセリカ、2チームに分かれて交互に進めるタイプだった。しかし片一方でわざと殺してたキャラを、もう片方で復活させると幾らでもキャラの入れ替わりが出来てしまった辺りがお茶目なのか、FCらしくいい加減なのか…。
 セーバーを始めとした村人を、転職を繰りかえし村人にしてまた育てたりとかしてMAXにしていた。またうっかり味方を殺して、その恋人に「人でなし」といわれたり、相変らず二者択一キャラを攻略本と反対のキャラを選んで使ったら、そっちの方が良かったり、遊び尽くしたなあ。

 FE見てるとゲームは、そこそこぬるい方がいいのかもしれない。


ラングリッサー ストーリーは毎回似たようなもののSLG。でもゲームはストーリーよりもシステムだ!!という私は大抵はまっている。


人形劇

プリンプリン物語 たしかプリンプリン(主人公)が、友人のボンボン、カセイジンと共に故郷を探すという話だったような気が…。ルチ将軍て何のために出てきたんだっけ?。

人形劇三国史 漫才師の「伸介・竜介」さんが狂言回しとして架空の人物役で出てきた。とにかく、人形が涎を垂らす程綺麗だった。登録は二人だけ(笑)

ウォレスとグルミット イギリスの有名人形劇。はまった友人に強引に見せられ…はまった。ぐるみっと可愛い^^、ショーンも可愛い^^。

・「チーズ・ホリデー(A Grand Day Out)」(1989年)…月はチーズで出来ている。見るとチーズが食べたいと思う。
・「ペンギンに気をつけろ!(The Wrong Trousers)」(1993年)…請求書に埋もれたウォレスが収入源として下宿人を募集。やってきたのはペンギンの…。レールのシーン、蛍光灯の傘をかぶったり、超特急でレールを施設したり(笑)、とにかくグルミット!!。
・「ウォレスとグルミット、危機一髪!(A Close Shave)」(1995年)…窓吹き屋のウォレスたち、出動シーンがかっこよくって、流石「サンダーバード」のお国柄。ウェンドレンと出会い、ショーンと出会い…。

以上、3本出てます。


国際救助隊サンダーバード イギリスの有名人形劇

ハッチポッチステーション NHKの10分番組。
中でも、グッチサンの《What’s Entertainment》はおすすめ^^。



BACK NEXT -TOP-
単語 作品・作家(製作会社、他)・コメント

BACK NEXT -TOP-

追加情報へ
名詞の新入りへ
TOPへ戻る