トップページへ戻る

千葉県高等学校演劇連盟規約
千葉県高等学校教育研究会演劇部会規約
細則(一)発表会参加規定・運営規定
細則(二)千葉県高等学校演劇発表会 審査実施要領
千葉県高等学校文化連盟演劇専門部会規約
 




千葉県高等学校演劇連盟規約

名 称)
第一条 本連盟は千葉県高等学校演劇連盟と称する。
(事務局)
第二条 本連盟の事務局は事務局長の所属する高等学校に置き、各ブロック毎に当番校
    を置く。
(目 的)
第三条 本連盟は健全なる高等学校演劇の育成振興をはかる。
(事 業)
第四条 本連盟は前条の目的を達成するため下の事業を行う。
 1 発表会
 2 研究会
 3 機関紙発行
 4 全国高等学校演劇協議会との情報交換
 5 その他演劇振興に関する行事
(組 繊)
第五条 本連盟は上の趣旨に賛同する県高等学校演劇部を以って組織する。
(役 員)
第六条 本連盟に次の役員をおく。
    役員の任期は一年とし、再任は妨げない。
 1 会 長  会長は加盟校校長の中から総会で決定する。会長は本会を代表し会務
        を総括する。
 2 委 員  加盟校の演劇部顧問教師一名これに当り、本会の運営及び重要な事項
        を審査する。
 3 常任委員 若干名、総会の互選において決定する。会務の立案及び執行にあたる。
 4 顧 問  若干名、高校演劇に関係の深い有識者より常任委員が推薦し会長が決
        定する。
(会 議)
第七条 本会は会を運営するために次の諸会議をもつ。
 1 委員総会 
    委員総会は本連盟の最高決議機関である。年一回会長が招集し、役員の決定、
    事業計画、事業報告、予算決算の決定承認、その他重要事項を決議する。委員
    総会の議決は、委員の過半数の質成を得て成立する。なお、会長は、事情に応
    じ臨時総会を開く事が出来る。
 2 委員会
  イ 常任委員会
  ロ 合同委員会(常任委員とブロック委員などによる)委員会は必要に応じ会長が
    招集する。
(会 計)
第八条 本会の経費は連盟費その他の収入を以ってこれに当てる。
    本連盟の会計年度は毎年四月一日に始まり翌年三月三十一日に終わる。
第九条 本連盟を脱退する場合は各年度総会までに、当番校に届けなければならない。
(細 則)
第十条 本規約の細則は別に定める。
(規 約)
第十一条
 1 本規約の改正は総会の決議による。
 2 本連盟は委員の四分の三以上の同意がなければ解散することができない。



千葉県高等学校演劇研究会演劇部会規約

(名 称)
第一条 本会は千葉県高校演劇教育研究会と称する。
(事務局)
第二条 本会の事務局は事務局長の所属する高等学校に置く。
(目 的)
第三条 本会は高等学校教育における、芸術・科学・道徳及び諸教科学習の集中的、総合的
    表現としての高校演劇の研究と教師の指導能力の向上をはかり、以て、高校演劇
    の健全なる発展に資することを目的とする。
(事 業)
第四条 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 1 演劇発表会
 2 演劇連盟の指導援助
 3 機関紙発行
 4 その他本会の目的達成に必要な事業
(会 員)
第五条 本会は前各条の趣旨に賛同する県内高等学校教師を以って組織する。
(役 員)
第六条 本会に次の役員をおく。
 1 会長 会長は本会を代表し、会務を総括する。
 2 副会長 副会長は会長を補佐する。
 3 常任要員 若干名、会務の立案と執行にあたる。
 4 会計監査
 会長、副会長、常任委員及び会計監査は総会において決定する。
(会 議)
第七条 本会に次の会議をおく。
 1 総会 総会は年一回会長が招集し、一切の重要事項を議決する。
 2 常任委員会 必要に応じ、会長が招集する。
(経 費)
第八条 本会の経費は学校負担金その他の収入をもってこれにあてる。
    但し、学校負担金は、一校あたり二、〇〇〇円とする。
(会計年度)
第九条 本会の会計年度は四月一日にはじまり、三月三十一日に終る。
(細則) 本規約の細別は別に定める。




細則(一) 発表会参加規定・運営規定

1(申 込) 参加申込は、各ブロックの委員を経由し、事務局に対して行う。
  申込に際して、上演脚本名、作者名、上演意図、スタッフ、キャスト、指導教師名を
  稿用紙四百字詰二枚以内に書いて提出する。
  作者の上演許可を必ず事前にとっておかなくてはならない。
2(経 費) ブロック発表会の経費は、参加一校あたり二、五〇〇円とする。
3(整理券) 整理券の発行は、ブロックで自主的にやってよい。その収益はブロックに
  属する。



細則(二) 千葉県高等学校演劇発表会 審査実施要領

T【基本方針】
 審査・講評は、千葉県高校演劇連盟全体の演劇に対する理解を深めるために行う。
 上演された劇に対する意見交換が潤滑に行われ、その内容が全体に反映されるよう
 努力する。
U【地区発表会の審査について】
 @審査員
  当該ブロックの顧問教師
  派遣審査員
 A審査・方法
  話し合いを基本とする。具体的方法については各地区で協議する。
V【中央発表会の審査について】
 @審査員
  専門審査員 若干名
  他都県の現役顧問
  各ブロックからの代表顧問
  ※専門家の選定は男女、年齢、ジャンルに偏りがないように留意する。
 A賞
  次の賞を設定する。
   最優秀賞 一校
   優秀賞  四校
   優良賞 一〇校
 B「審査員合評会」
  事前に審査員による合評会を開く。合評会と審査会の運営は部会が司会と記録者を
  だして運営し、その記録は出来る範囲で公開する。
  合評会の開催時刻などの詳細はその都度決定する。
 C審査方法
  話し合いを基本とする。ただし、審査の簡略化と安定化のために次の手順を実行
  する。
  A 「審査条件の確認」
  (1) 上演許可を得ていない学校は審査対象外とする。
  (2) 計時係より上演時間の報告を受け、上演時間が六五分を越えた学校を
      優良賞とする。
  B 「各審査員が五校を選ぶ」
   1 審査員は、審査対象校の中から優秀と思われる上演校を五校を選び、点数を
     つける。得点は最上位校は五点、以下、四点、三点、二点、一点とする。
   2 専門審査員及び他都県の現役顧問の点数は、その他の審査員の点数の二倍の
     得点として計算する。
   3 投票の結果を集計して一覧表を作成し、得点の高い順に上位五位まで仮順位
     をつける。
   4 同点の学校については、協議して、順位をつける。
   5 上演時間が六〇分を越え六五分以内の時、順位を一つくり下げる。
   6 最上位の学校を最優秀校とし、二位から五位の学校を優秀賞とし、その他を
     優良賞とする。
   7 関東大会には上位校から順に出場する。
  C 「創作脚本賞・舞台美術賞」
   1 創作脚本の中から協議して創作脚本賞を決定する。
   2 創作は、脚色・翻案を含む。創作性の判断は、審査員に一任する。
   3 創作作品は出場校に在学する生徒、または顧問の作品であること。
   4 全作品の中から協議の上、舞台美術賞を決定する。
  D 「講 評」
   研究大会である趣旨に留意し、次の舞台創造の励みになるように配慮する。
  E「その他」
   1 不測の事態や様々な条件に関しては審査員・事務局の協議で決定する。
   2 順位に関する投票の結果は公表する。
   3 仕込みを含む全体時間が七〇分を大幅にオーバーしたときも上演時間オーバー
     と同様に考える。但し、会場、袖の広さ、駐車場、前の学校のセットなどで仕込
     み時間には不測の事態が予測されるので、大会ごとに協議の上対処する。
   ※全体時間の目安
    ・舞台設置と上演時間で八五分を越える。=上演五分未満オーバー
    ・同一〇〇分を越える。=上演五分オーバー


千葉県高等学校文化連盟演劇専門部会規約

(名 称)
第一条 本会は千葉県高等学校文化連盟演劇専門部会と称する。
(事務局)
第二条 本会の事務局は、事務局長の所属する高等学校に置き、各地区毎に当番校を置
    く。
(目 的)
第三条 本会は、健全なる高等学校演劇の育成振興をはかる。
(事 業)
第四条 本会は前条の目的を達成するために、左の事業を行う。
  1 千葉県高等学校総合芸術祭・春季地区発表会及び秋季地区発表会、中央発表会
  2 千葉県高等学校演劇研修会及び各地区別研修会
  3 全国高等学校演劇協議会及び関東高等学校演劇協議会との情報交換
  4 その他演劇振興に関する行事
(組 織)
第五条 本会は右の趣旨に賛同する県高等学校演劇部をもって組織する。
(役 員)
第六条 本会に次の役員をおく。
    役員の任期は一年とし、再任は妨げない。
 1 会 長  会長は加盟校校長のなかから総会で決定する。会長は本会を代表し会
        務を統括する。
 2 副会長  副会長は会長を補佐する。
 3 委員長 会の事務局を統括する。
 4 会 計
 5 会計監査 (二名)
 6 委 員  若干名 総会の互選において決定する。会務の立案、及び執行にあ
        たる。
 7 編集委員 (一名) 編集委員会を代表する。
(会 議)
第七条 本会は、会を運営するために、次の諸会議をもつ。
 1 総会 年一回会長が招集し、一切の重要竜丁項を議決する。
 2 常任委員会 必要に応じて会長が招集する。
(経 費)
第八条 本会は、学校負担金、その他の収入をもってこれにあてる。
    ただし学校負担金は、100円×生徒数 部負担金2000円とする。
(会計年度)
第九条 本会の会計年度は四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる。
(脱 会)
第十条 本会を脱会する場合は各年度総会までに、本会事務局に連絡しなければなら
    ない。
(規約改正)
第十条 本規約の改正は総会の決議による。
(解 散)
第十一条 本会は、加盟校の四分の三以上の同意がなければ、解散することができな
     い。
(細 則)
第十二条 細則は別に定める。

  付記 (本規約は平成十二年九月五日より施行する)