大会速報

−2日目の模様−

第4地区代表
麗澤高等学校


古城十忍:作

赤のソリスト
message from上演校
人間の頭脳や意識のコンピューター化を可能にするシステムプログラム「フェニックス」。個人個人の考え方や性格、つまり心までをそっくりそのままコンピューター化し、ロボットに移せたとして、生まれ変わったものは「人間」ですか?永久に生き続ける、それは果たして「血の通った人間」、なのでしょうか。
第8地区代表
市立稲毛高等学校

シェレン・イシザカとNEO-INADRA2015:作
(顧問・生徒創作)
相思樹

message from上演校
『分かった』っていうゴールが無いから、どうすればいいのかよくわからなかった・・・・・・
でも、・・・・・・何か一歩踏み出す勇気を、皆さんに届けることができますように−−−。
第7地区代表
県立成田国際高等学校

伊三野友章+演劇部:作
(顧問・生徒創作)
ジャスミンティの頃
message from上演校
テーマは、記憶の継承。
−戦争体験のない《わたし》が戦争を「思い出す」ことは可能だろうか?−
第3地区代表
県立市川東高等学校

38・39期演劇部・作
(生徒創作)
ふみだす
message from上演校
私たちはいつも言葉が足りない。自分の気持ちを、大切な人に、大切な時に伝えることがどれほど大変か実感し、この作品を作りました。この作品を作っていく中で、私たちは言葉の紡ぐ難しさに直面しました。心からの「ありがとう」と「ごめんなさい」を込めて・・・
第1地区代表
県立柏中央高等学校

加藤純、清水洋史:作 星野千尋:潤色
祭りよ、今宵だけは哀しげに
〜銀河鉄道と夜〜
message from上演校
ケンタウルス祭の夜、星を見に来たジョバンニとカムパネルラ。どんな願いでも叶えてくれるという銀河鉄道。出会いもあれば別れもある。永遠が終わることはないけれど、その美しい世界の中で一番の幸いを追い求めるジョバンニ。全てを受け入れ、どんなに辛くとも生きる彼の、少年が大人になる瞬間を見守ってください。
第5地区代表
県立船橋芝山高等学校

大垣ヤスシ:作
ジャンバラヤ
message from上演校
「家族を演じてみませんか?」
そこは2000年代の古めかしい一軒家。集まったのは生まれも育ちも違う老若男女。
しかし、その場所では、確かに一つの家族の形が存在していた。

大会日程に戻る

トップページに戻る