大会速報

−3日目の模様−

第2地区代表
県立松戸馬橋高等学校

深沢七郎:作 土田峰人:脚色
楢山節考
message from上演校
「おかあさんのことを考えたい」 こんな部員の一言から私たちは楢山節考に向かいました。部員一人一人が楢山節考を通してそれぞれの伝えたいことを一生懸命演じます。
第11地区代表
県立木更津高等学校

亀尾佳宏:作
笛男〜フエオトコ〜
message from上演校
昔々、ハーメルンという町でネズミが大発生します。困った町の人々が笛吹き男に鼠退治をお願いすると、笛吹き男は笛の音で鼠を操り、水の中に誘い入れて溺れ死にさせます。鼠退治に成功した笛吹き男はお礼をもらうはずでしたが、町の人は知らん顔。怒った笛吹き男は笛を吹き、町の子供たちをどかかに連れて行ってしまったとさ。
第6地区代表
県立津田沼高等学校

谷津ノ衆2014:作/古谷修:脚色
(生徒・顧問創作)
Fly me to the moon
〜僕たちのアポロ計画〜
message from上演校
「私も行く!」 「えっ?」 「月!!」
この夏、顧問の先生から「俺たちが高校生の合宿の時、アポロ11号の月面着陸を見たんだ!」と伺い、僕達は8月いっぱいを費やして、各部員がイメージした物語を創っては壊し、こうして部員総力で創り上げた本日の舞台!最後までゆっくりご鑑賞下さい。
第4地区代表
柏日体高等学校

林寛祐:作
記憶の匂い
message from上演校
今の自分は過去に積み重ねてきた経験の上に成っている。だとするならば、過去の記憶が曖昧な場合、自分を見失うことになるのではないか。自分のアイデンティティが揺らぐのではないか。そんなことを考えていたら、自分か誰なのか自信がなくなってしまった。だって、過去の記憶なんて案外曖昧なものだから。
第1地区代表
県立東葛飾高等学校

成井豊:作
ミス・ダンデライオン
message from上演校
一昨日はウサギを見たわ。昨日はシカ。そして、今日はあなた。
十九年前の夏、鈴田に樹里は十一歳だった。ひとりぼっちだった彼女のそばにいてくれたヒー兄ちゃん。想いは時を超える・・・。
今回この台本をやることができて、とても嬉しく思っています。この劇を見て、感動していただけたら幸いです。

大会日程に戻る

トップページに戻る