大会速報

−2日目の模様−

第2地区代表
専修大学松戸高等学校

浅田太郎とおちゃめな専松演劇部・作
(顧問・生徒創作)

人生ゲーム
message from上演校
私たちはなんにだって成れる!
生きることはよろこびだ!
第4地区代表
県立柏南高等学校

有川浩・作
旅猫リポート
message from上演校
ペットを飼っている部員も多く、主人公のナナを自分のペットと重ねて、その絆を考え直す機会となりました。この作品は、人との繋がり・絆を登場人物の最期の旅路を通して顕著に表しています。この作品を通し、観てくれた方々に、自分と周りの人間との絆の在り方を再確認してもらえればと思います。
第7地区代表
県立成田国際高等学校

伊三野友章+成国演劇部・作
(顧問・生徒創作)
Same Same but Different
message from上演校
民族を超えて。国政を超えて。言語を超えて。文化を越えて。人と人はわかりあえるだろうか。いっぽんの線をひくのではなく。画然とでも截然とでもなく。もっといい加減、テキトーに。もっとアイマイに。そう、たとえば。セイム・セイム・バット・ディファレント。そんな感じで。
第10地区代表
県立長生高等学校

加瀬千尋・作(生徒創作)
葵女御
message from上演校
自分たちが伝えたいことを、伝えたいように、伝えよう。ただし、伝わるように。
本校演劇部史上(たぶん)・全女子生徒による発表です。
第8地区代表
県立幕張総合高等学校

北村想・作
想稿・銀河鉄道の夜
message from上演校
私たちは一人ひとり、一役ひと役が持つ大切にしているもの、愛を大切にしてこの物語をつくってきました。美しい透明な世界観、不思議な悲しみ、受け手に考えさせるような心に残す何か、原作に忠実なこの戯曲で私たちなりの宮沢賢治の世界を皆様にお届けできたらと思います。ほんとうの幸いを探すだれもが主役の物語です。
第5地区代表
県立船橋芝山高等学校

北見北斗高校演劇部・新井繁・作
ちょっと小噺(ちょこばな)。
message from上演校
えー、落研(おちけん)というものをご存じでしょうか、落語研究会の略なんですがね。そんな、高校では少し珍しい落研におります男ども、友達少ない彼女もいないと可哀想なやつらですよ。そんな野郎共のちょっと塩辛い青春のお噺でございます。
苦しい時こそ義理と人情と笑いだぞ、未来人

大会日程に戻る

トップページに戻る