大会速報

−2日目の模様−

第8地区代表
県立千葉女子高等学校

酒井徹・作 高崎史帆・脚色
鞍馬天狗異聞
message from上演校
幕末の京。幕府転覆をねらう勤皇志士を討伐すべく、幕府により新撰組が組織されてから数年後の1867年。大政奉還によって世の中はひっくり返り、時代は急速に変化していく。そんな激しい時代の波に翻弄され、悩み苦しみながらも人々は走り続ける。それまで信じていた価値観や世界が姿を変える時、果たして人は本当に誰かの為に生きることが出来るのだろうか。
第12地区代表
県立松尾高等学校

如月小春・作 演劇部・潤色
トロイメライ
〜子供の情景〜
message from上演校
目まぐるしく変化していく現代社会。この中で、自分は何をしているのか、なぜここにいるのか、…わからないことだらけで疲れてしまう。でも、未来では何かが変わるかもしれない。簡単に諦めないで、希望をもっていこう。そんな思いを、私たちは込めました。
第9地区代表
県立千葉高等学校

亀尾佳宏・作 演劇部・脚色
笛 男
message from上演校
幸福の崩壊と再生、繰り返される願い、大人になった僕は少しでも前に進めているのだろうか・・・
第2地区代表
県立松戸馬橋高等学校

岡安伸治・作 土田峰人・構成
神隠し「八十八ものがたり」
message from上演校
今回、私達馬高劇部が挑戦するのは、岡安さんの「神隠し八十八ものがたり」。一見すると、人を騙して金儲けするといういい話ではありませんが、嘘を吐かなければ生き延びられない。殺さなければ、自分が死ぬ。そんな極地にたたされたら人間はどうするだろう…私達の生きるこの時代にも通じることがあるのではないか、金儲けが一番大事な事のようにおもわせてしまうこの時代…他人事ではないかもしれない。
第1地区代表
県立柏の葉高等学校

阿部順・作
インディアンサマー
message from上演校
インディアンサマー(Indian Summer)とは、中秋から晩秋にかけて、突然よく晴れ上がった暖かな日が続くことがありますが、それをそう呼びます。ネイティブ・アメリカンたちが冬支度を始める絶好の時期というのが語源のようです。冬を前にして、真っ青な空を見上げ、人は何を思うのでしょうか。

大会日程に戻る

トップページに戻る